テーマ:ロンドン五輪

モハメド・ファラー(英)男子5000M 13分6秒04

7/13のダイヤモンドリーグ2012 第8戦 ロンドン大会。 男子5000Mでは12分56秒98の自己ベストには届かなかったが、 モハメド・ファラー(英)が連覇した。 五輪開催国の志気を上げるに十分なパフォーだったようだ。 五輪を前に出場を取りやめる選手もいるようだが、タイソン・ゲイ他、 エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部記念陸上 村上幸史

8日の南部記念(札幌市円山陸上競技場)では江里口や福島は調整の為欠場したが、久保倉里美(400M 53秒56)海老原有希(やり投げ 59メートル36)高瀬慧(100M 10秒43)村上幸史(やり投げ 77メートル32)ら五輪代表勢が元気な姿を披露。                    日本選手権の村上 やはり江里口匡史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子400Mリレー 五輪出場

日本女子の400Mリレーがロンドン五輪に出場出来るようになった。 3日に国際陸連が、昨年1月から今月2日までの2レースの合計タイムで世界16位に入った国から決めた。48年ぶりの出場は快挙だ。 土井杏南(埼玉栄高)市川華菜(中京大)高橋萌木子(富士通)佐野夢加(都留文科大職)が新たに代表に決まったが中心は福島千里だ。 チーム…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ボルト 200Mでも2位 陸上ジャマイカ選手権

ボルトが100Mに続いて200Mでもブレークにしてやられた。陸上ジャマイカ選手権男子200M決勝(7/1)はヨハン・ブレークが19秒80の今季世界最高記録でウサインボルト(19秒83)を制し、100Mに続いて2冠。 ボルトはトラックに座り込んで右足をさすり苦笑い。飛んできたトレーナーがマッサージをしていたが、足の故障か、負けた悔し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子・伊藤舞 男子/マサシ 札幌国際ハーフ

1日の札幌国際ハーフマラソンは女子が伊藤 舞(大塚薬品)1時間10分52秒。これはいい記録。男子がマーティン・マサシ(スズキ浜松AC ケニア ) 1時間1分35秒で優勝。 ロンドンマラソン代表でミキハウス所属になった藤原 新は1時間2分48秒で日本人トップの6位。山本 亮(佐川急便)は1時間3分48秒で18位。 ロンドン五輪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタート恐怖症?ボルト

ボルトがジャマイカの五輪代表選考会男子100M決勝(29日・キングストン)でうまくスタート出来ず、ヨハン・ブレークに1位を譲ってしまった。ヨハン・ブレークは昨年の世界選手権優勝者で9秒75。2位がウサイン・ボルトの9秒86だった。 ブレークの記録が今季世界最高だったから、ボルトといえども固くなって追いつく余裕(気力)がなかったのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソンの補欠解除 ロンドン五輪

オリンピックマラソンの補欠ほど残酷なものはない。 出場できる望みもないのにトレーニングと調整を強いられるからだ。 赤羽有紀子選手と堀端宏行選手がそんな呪縛から解き放たれた。 両選手にはご苦労さまと言いたい。 昨日、日本陸連がロンドン五輪マラソン補欠の指定を解除した。 見方を変えると 、 “五輪出場はもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガトリン復活の9秒80

全米陸上選手権が終わりロンドン五輪の代表が見えてきた。 アリシア・モンタノ(女子800M 1分59秒08) サム・ハンフリーズ(男子やり投げ 81M86) ジェイミー・ニエト(男子走り高跳び 2M28) ニック・シモンズ(男子800M 1分43秒92) そし男子100Mのジャスティン・ガトリンとタイソン・ゲイ。 ガトリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪主将に村上幸史

雨、19、7~24、6℃。台風4号が瀬戸内をかすめ、和歌山県南部に上陸した。 選手自身の調整スケジュールが合わずに室伏広治や北島康介は断った(合わなかった)ロンドン五輪の日本選手団主将が、やり投げの村上幸史選手に決まった。 公式行事に出ることを義務化されるので難航したらしいが、村上だって調整スケジュールを曲げなくてはならなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化し続ける村上幸史 83M95の自己ベスト 日本選手権

ケガが完治したのかは分かりませんが、男子やり投げ・村上幸史選手の気迫あふれる投てきを、日本選手権が行われた大阪長居競技場で目に焼き付けてきました。 3投目に83M95の自己ベストをマークした時はまさに鳥肌が立つ思い。 直後にディーン元気選手に84M03を決められ、メディア的には陰に隠れた格好になってしまいましたが、村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宮美歩 400M決勝 2位 日本選手権

1/9 日本選手権大阪・長居、女子400M決勝で、 新宮美歩(東大阪大)は54秒12、惜しくも2位でした。  バックストレッチの向かい風にスタミナを消耗したのかな。 1、佐藤真有(東邦銀行)53秒86 2、新宮美歩(東大阪大)54秒12 3、陰山 愛(早稲田大) 54秒27 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八幡賢司 110M障害13秒72 初優勝

(6/10 男子110障害 陸上日本選手権 大阪・長居 風-0、6M) 1、八幡賢司(モンテローザ)13秒72 初優勝 2、青木悠人(MESSIAS)13秒85 3、西沢真徳(鳥取県教委)13秒87 8コースのベテラン八幡が初優勝、見事でした。 去年のチャンピオン矢沢 航(法政大)のフライング失格は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老原有紀(やり投げ)日本新記録 62M36 日本選手権

2012陸上日本選手権6/8~10 大阪・長居陸上競技場)メモ 3日目(晴れ時々曇り)            日本新記録投てき直後の海老原選手 女子 ■海老原有紀(スズキ浜松AC)やり投げ 62M36 日本新 (3投目)    2年ぶり3度目V 五輪代表(的場58M93PB 宮下58M27) ■福島千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村文子 五輪代表を決める 100M障害 陸上日本選手権

(6/9 女子100M障害決勝 陸上日本選手権 大阪・長居 風-0、7M) 1、木村文子(エディオン)13秒25 2連覇(B) 五輪代表 2、熊谷史子(北海道ハイテクAC)13秒45 3、柴村仁美(早大)13秒55 (B) 木村文子選手、ロンドン五輪代表おめでとう! スタンド席の隣では紫色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我孫子(棒高跳び)日本新記録 4M40 日本選手権

2012陸上日本選手権6/8~10 大阪・長居陸上競技場)メモ 2日目(曇り) 女子 ■我孫子智美(滋賀レイクスターズ)棒高跳び 4M40 日本新 B    3年連続4度目V五輪代表 ■福島千里(北海道ハイテクAC)100M 11秒45 3年連続4度目V 五輪代表 ■佐藤真有(東邦銀行)400M 53…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界選手権マラソン代表選考記録変更

2013モスクワ世界選手権のマラソン代表選考方法が発表されました。 選考レースは 横浜国際、大阪国際、名古屋ウィメンズ(女子) 福岡国際、東京、びわ湖毎日(男子) ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティー、ボストン、ロンドン 時間 男子は2時間08分00秒 女子は2時間24分00秒 を切り日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉川(10000M)五輪代表 日本選手権

2012陸上日本選手権(6/8~10 大阪・長居陸上競技場)メモ 1日目(雨) 女子 ■吉川美香(パナソニック)1万M 31分28秒71 A 五輪代表(2福士3絹川) ■岡山紗英子(ボスアル)走り幅跳び 6M55(桝見6M35 井村6M25) ■吉田文代(成田空港)三段跳び 12M98 ■敷本 愛(国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島千里 100M 3年連続V 日本選手権

(6/9 女子100M決勝 陸上日本選手権 大阪・長居 風0、0M) 1、福島千里(北海道ハイテクAC)11秒45 3年連続4度目V 五輪代表 2、土井杏南(埼玉栄高)11秒51 3、高橋萌木子(富士通)11秒66 レ―ス終盤まで土井が先頭を切り、最後に福島が抜き返す展開だった。 レースを通して明る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江里口匡史選手 五輪初代表おめでとう! 陸上日本選手権

(6/9 男子100M決勝 陸上日本選手権 大阪・長居 風0、0M) 1、江里口匡史(大阪ガス)10秒29 4連覇 五輪代表 2、九鬼 巧(早稲田大)10秒30 B 3、山懸亮太(慶応大)10秒34 (A) シーズン当初よりトップに躍り出た山縣に、 江里口がけりをつけた日本選手権4連覇でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久保倉里美 五輪連続出場おめでとう!

(6/10 女子400MH決勝 陸上日本選手権 大阪・長居) 1、久保倉里美(新潟アルビレックスRC)55秒98 6連覇 五輪代表 2、米田知美(中央大)56秒62 B 3、三木汐莉(東大阪大)57秒15 久保倉里美選手、五輪連続出場おめでとう!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新谷仁美のラスト1周 5000Mでロンドン五輪へ

(6/10 陸上日本選手権 大阪・長居) 1、新谷仁美(ユニバーサル)15分17秒92 初優勝 五輪代表 2、福士加代子(ワコール)15分25秒74(A) 3、尾西美咲(積水化学)15分32秒89 2000M付近でトップ争いをしていたA標準の吉川・福士・新谷の3人。 福士が吉川に盛んに「先へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋萌木子 200M決勝 3位 日本選手権

直線に入ってからの鋭いキレは、高橋萌木子選手本来のものと見ました。 (6/10 陸上日本選手権 女子200M決勝 大阪・長居 +0、1M) 1、福島千里(北海道ハイテクAC)23秒35 2年連続3度目の優勝 五輪代表 2、市川華菜(中央大)23秒62 PB 3、高橋萌木子(富士通)23秒74  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボルト 9秒76 今季世界最高

8日からは長居で日本選手権が始まり、 日本の代表が続々と決定しますね。 僕もぜひ足を運びたいとゾクゾク・ワクワクしていますが、 海外からもトップアスリートたちの好記録が伝わってきます。 ■ウサイン・ボルト(ジャマイカ)男子100M 9秒76 今季世界最高V (5/31 ダイヤモンドリーグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラシッチの居ない五輪なんて!

ブランカ・ブラシッチがピンチだという。 年初に左足アキレス腱の手術をしたあとが思わしくなく、小骨を取り除く再手術をしたあとも感染症を併発したりしてロンドン五輪があやしくなっているようだ。 2007大阪、2009年ベルリン世界陸上と連覇を達成して、女子走り高跳びでは今一番注目を浴びる長身選手だが、五輪では金メダルを取っていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劉翔 今シーズン世界最高 12秒97

先のセイコーゴールデングランプリ川崎(5/7)の男子110M障害で 13秒09の好記録で優勝したばかりの劉翔選手(中国)が、 19日のダイヤモンドリーグ第2戦・上海大会で、 今シーズン世界最高記録となる12秒97で優勝しました。 好調ぶりを更にアピールする12秒台でした。 いい選手がいい記録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫村仁美 100M障害 13秒27 2連覇 陸上メモ

 陸上メモ ■紫村仁美(早大)女子100M障害 13秒27 2連覇 大会新 (PBは13秒15)(5/13 関東学生対校・国立) ■重友梨佐(天満屋)女子10000M 33秒48 優勝 PB (5/19 中国実業団・広島みよし運動公園) ■吉川美香(パナソニック)女子5000M 15分33秒48 優勝 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福士はやっぱりトラックだね 陸上メモ

福士がゴールデンゲームズinのべおか女子5000Mで標準Aを突破。 福士はやっぱりトラックだね。磨いてほしいそのスピードだね。 ■福士加代子(ワコール)5000M 15分18秒46 2位 標準A ■大迫 傑(早大)男子10000M 27分56秒94 2位 標準B (以上 5/12 ゴールデンゲームズinのべおか)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more