ROMA ローマ

画像


床をこするような音と共に泡立つ水が石畳の上を流れゴボゴボと吸い込まれるタイトルバック。

底通しているのは水、そして羊水、波。

公衆トイレかと思われたのはエントランス兼車庫で、ウンチを撒き散らす飼犬の持ち場でもあり、そこへ肩怒らせた高級車が無理矢理入庫してくる。

怒鳴られながらも虐待を受けるわけでもなく、メキシコ上流家庭の子供達に親しまれるメイドの日常がうねる様に流れ、モノクロの抑制した画面が、観る者を息の詰まる様なクライマックスに押し流して行く。

80点

”野党が反発”いうのはメディアの誘導

殺せといわれて殺したのに

アベノミクスの夢

デトロイト

画像


黒人を殺した警官が無罪になって暴動が起きる事件が再三発生していたアメリカのヘイトクライムを描く『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督がアカデミー賞 作品賞・監督賞を受賞した作品。

まるでうっぷん返しのように差別されるものにとってはたまったものではない。
市警と州警は何故こうも違うのか、人種差別の当事者である市警は白人優位だけで暴力を振るい人権から目を逸らそうとする。

日本でも嫌韓ジャーナリストが準強姦容疑で逮捕状が出ていながら官邸の横やりで逮捕を免れた事件が未だに尾を引いているが、権力と検察が組んだらどうなるが痛いほど思い知らされる事件でもある。

デトロイト市警が何をしたか。人権と冷静さをわきまえているだろう州警でも彼らの暴走を止める勇気がないのが現実で、市警の横暴を見て見ないフリをして面倒を避けたがる。権力が暴力を使う不条理を丁寧に描いた力作だ。

75点

判決、ふたつの希望

画像

非難し合った結果が戦争になってもいいのか。

「シャロンに叩きのめされていたらよかったんだ!」レバノンの男性がパレスチナ難民労働者を罵倒するところから始まる、レバノン出身のジアド・ドゥエイリが民族宗教対立の裏にある歴史や差別に踏み込みながら密度の高い人間ドラマを創った。

これは日本が取り組む移民政策(‪入管法改正‬)にも密接に関係するタイムリーな映画だ。

近年世の中は偏見による罵倒と憎悪にあふれており、移民難民問題が絡むと理性が吹っ飛んでしまうのが現状だ。

レバノンは地中海の東に面し、隣国イスラエルとシリアに再三侵攻されており、イスラム・キリストの宗教対立が激しい国であり、流入したパレスチナ難民が国を支えている面もある複雑な事情を抱えている。

ここで言うシャロンはイスラエル史上、最もパレスチナに強硬姿勢を貫いたシオニストの首相であったことを頭において見れば理解しやすい。

80点

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

画像

パリでは一生売れない画家「怠惰にはなりたくない、偉大な芸術家なのだから耐え抜く」糖尿病を患いながらひとり分け入ったポリネシアの森の中。考える前に描いている。描くこと彫ることが好きなのがひしひしと伝わってくる。

のっそりと寡黙なアンソニー・クイン型ではなく、気力みなぎり行動力溢れるゴーギャンを、エドゥアルド・デルック監督は純文学風に描いた。

テレビやパソコンにスマホ、旨い物の誘惑が多い現代ではゴーギャンは出ないだろう。

75点

バハールの涙

画像


「戦地の情報は1回クリックしてそれきりよ。殆ど無関心なのだから」紛争地を取材する女性は呟く。

シリア戦ではアメリカの尖兵となって活躍したクルドは、トルコから虐待を受ける国のない民族。ISから、男は虐殺され女性は性的暴行に晒され、子供は拉致されて戦闘員にされるのは、相手に大きなダメージを与える内戦の常識。

イランの女優ゴルシフテ・ファラハニが、悲しみを秘めた勇敢なクルド人女性武装部隊のリーダーとしてなかなかの味を出している。

80点

天才作家の妻 40年目の真実

画像

ノーベル文学賞は作品の文学性か弾みか。

夫のノーベル賞授賞式についていった女房の若い時は何者だったのか。そして、タクシーの中で何が起こったのか、終盤の胸をえぐられるシーンになだれ込む感動作だ。

人には表と裏があり作家が例外であるはずはなく、観る者によって解釈も違うのだろうと、余韻の長びく映画となった。

ストーリーに関係ないことだが、一旦売れた作家に転用やコピーが指摘されることがある。忙しさにかまけた悪意でなかったら参考文献の明記をすべきだがどんな理由で端折ったのかと何時も思うのだが、そんな事まで考えてしまった。

もう一つ蛇足だが、夭折の画家・佐伯祐三の油絵にあるテーブルや椅子の流れる様な線は、日本画を習得した者でなければ描けない謎だと聞いたことがある。

いずれにしても作品が作家の手を離れたら、独り歩きを始めるのは仕方のないことだ。

 80点

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

画像


極貧だが上を望まず不平も吐かない自然な生き様に、胸が震える思いだ。

電気も引いてないカナダの片田舎。モード・ルイスは不自由な体だが兄に住む家を売られ、叔母に預けられているが死産した経験を持つ。魚の行商を営むエベレット・ルイスの求人掲示板に応じ、家を飛び出したルイスは彼の家政婦として働くことになったが、孤児のルイスは人の使い方が分からずおろおろするばかり。

「ベッドは1つしかないから雑魚寝をしろ」と共同生活が始まる。しかし彼女は人の噂なんか全然気にしないむしろ面白がる性格で、暇を見ては壁や板切れに絵の具を塗りつけて花や人の絵を描いて行く。

絵の好きな人はプラス1星付けるだろう。

80点

ブラックブック

画像

ネットを覗くと、イスラエル・パレスチナ問題では圧倒的にパレスチナに同情的な人が多い。無理もない。自分たちの土地に勝手に入植して支配地を広げ、壁を作り、パレスチナ人を排斥している報道を知るにつけ「それはないよ」と思わせる面のあることを。

しかし、紀元前にパレスチナ・ペリシテ民族が滅亡し、その後のイスラエル王国も滅亡、彼の地は列強の侵攻で支配者の変遷の激しい地域であったことは認識しておかなければならないだろう。

そして、先の大戦に乗じてナチスドイツによるホロコーストで600万人以上のユダヤ人虐殺があった。同じ人間とは言えない悲惨な仕打ちを受けたユダヤ人が安住の地を求めたことは否定できない。

戦争という人間の殺し合いを知ったのが、ノモンハン戦争でありホロコーストであったため、幾多の書物や映画を見てきたが、必ずしもイスラエルが悪とは言えず、むしろかわいそうな民族という認識は変わらない。

この映画はユダヤ狩りの進むオランダでの、裏切りと罠の中で、命を燃やす抵抗運動を描いた力作だ。

75点

”起訴まで行って委員会” JOC竹田恆和会長贈賄疑惑 予審手続き

JOCの竹田恆和会長のオリンピック招致にからむ贈賄容疑で、フランス裁判所が予審手続きに入った。

当初からこの噂はあり、竹田氏はフランス検察に再三呼ばれて説明してきたようだが、関係者の口座に2億3千万円振り込んだことは認めている。

竹田個人がこんな巨額な金を持っているはずはなく、金の出所や目的がさらに厳しく追及されることになる。

一部では、東京を返上しロンドン五輪の可能性さえささやかれているが、起訴されることになれば東京五輪どころではなくなる。





青学だけじゃ面白くない!東海大が初優勝 2019年箱根駅伝

2019年箱根駅伝は、往路2位の東海大が6区7区を区間1位の記録で東洋大を猛追、8区でトップに立つと2位に上がって来た青山学院の追随を許さず、3分41秒の差をつけて初優勝した。

嬉しいだろうね。

東海大初優勝おめでとう!

1.東海大 10:52:09

2.青山学院 10:55:50

3.東洋大 10:58:03

https://twitter.com/ezukodeoyogu/status/1080321789220216833






1区を制したのは中村信一郎(九電工)ニューイヤー駅伝

2019ニューイヤー駅伝の1区(12.3キロ)を制したのは中村信一郎(九電工)でした。
ダントツな記録を持つ村山紘太(旭化成)でもレースは走ってみなければ分からず、36分02秒の6位。

1. 中村信一郎(九電工) 35分57秒

2.高久龍(ヤクルト) 35分58秒

3.山口浩勢(愛三工業) 36分00秒

速報

総合
(群馬県庁発着 7区 100キロ 37チーム)

1.旭化成 (3連覇)
2.MHPS
3.トヨタ自動車
4.富士通
5.コニカミノルタ
6.トヨタ自動車九州
7.マツダ
8.カネボウ

『ベイビーブラザー』

年の離れた3兄弟が亡くなった母親をそれぞれに思いながら、父親を探さざるを得ない旅が、骨まで凍り付くように寒い。

アメリカ社会は、差別が激しいと聞くが、黒人も白人も共に生活し、付き合いそして恋愛もしている。これが実情なのだ。

排他主義が目立つ今の世界で、こんなにも普通に生きている人達をもっと知るべきだと思う。

ボクはといえば、安月給の中から弟たちが小使いをせびりに来れば渡していたものだが、長ずるに従って冷たく突き放した人生だったので、ぶつかり合い、反発し合いながらも当てのない旅を続ける兄弟の姿が切ない。

画像

1区を制したのは白鳥哲汰(埼玉栄) 高校男子駅伝

第69回全国高校男子駅伝(京都 西京極陸上競技場発着 42.195キロ)の1区を制したのは白鳥哲汰(埼玉栄) でした。

1区 (10キロ)

1.白鳥哲汰(埼玉栄) 29分16秒

2. 佐藤一世(八千代松陰) 29分20秒

3.松崎咲人(佐久長聖) 29分23秒

(速報)

(12時 晴れ 14.6℃ 53%)

総合

1、倉敷 2時間02分09秒 V2
2、世羅
3、学法石川
4、九州学院
5、佐久長聖
6、埼玉栄
7、八千代松陰
8、豊川

1区を制したのは廣中璃梨佳 (高校女子駅伝)

第30回全国高校女子駅伝(京都 西京極陸上競技場発着 21.0975キロ)の1区を制したのは長崎商の廣中璃梨佳でした。
牽制しあったスタートから2キロ付近で飛び出し独走の1位でしたが、区間新記録には届きませんでした。

1区 (6キロ)

1.廣中璃梨佳(長崎商) 19分01秒

2.藤中佑美 (光ヶ丘女子) 19分32秒

3.風間歩佳(成田) 19分33秒

速報

総合

1、神村学園 1時間07分25秒 (初優勝)
2、長野東
3、仙台育英
4、大分東明
5、須磨学園
6、豊川
7、立命館宇治
8、興譲館

ボヘミアン・ラプソディ

一介の小生意気な男が、自分の曲と声を売り込んで短い「生」を一気に駆け上がる2時間余り。

特異な風貌のラミ・マレツクがボーカル・フレディ・マーキュリーの血を吐くようなシャウトに乗り移って歌う姿に胸が震える。

グループの宿命“仲間割れ”に深く関わらず、クイーンの楽曲に特化した映画作りが成功した。小さな足踏みから大観衆のライブステージに膨れ上がるシーンに小さく感動ぜずにはおれない。

何処のシアターも満席の人気、あえて新装TOHOシネマズ日比谷の朝9時開演を狙ったのが正解だった。7分入りの観客、ゆったりとしたシートと大スクリーンで大音響のクイーンを満喫した。キーポイントはテレビでは味わえない"いい音"。

80点

大迫傑が日本新 2時間05分50秒 シカゴマラソン

大迫傑(27 ナイキ・オレゴンプロジェクト)か10月7日のシカゴ・マラソンで、2時間05分50秒の日本新記録で3位。

ここしばらく男子マラソンは世界から離されるばかりの中、2月の東京マラソンで設楽悠太(ホンダ)が永らく破られなかった高岡の記録をぶち抜いて2時間06分11秒を樹立したばかり。

当然大迫はどうしているのだろうと気になっていた中の日本新記録でした。

大迫の走法はつま先着地。ボクらが真似すると足裏とふくらはぎが悲鳴をあげそうなアフリカ走法。

ギリッギリに鍛え絞った身体で疾走する大迫の姿を2時間通しでじっくり見たいものだ。

山縣亮太が10秒01 実業団対抗陸上

山縣亮太選手(セイコー)が10秒01の好記録で優勝した全日本実業団対抗選手権大会(9月21~23日ヤンマースタジアム長居)

【全日本実業団陸上レポート&コメント】男子100mは、山縣が10秒01で3連覇

第66回全日本実業団対抗選手権大会が9月21~23日、ヤンマースタジアム長居(大阪市)において開催されました。チーム対抗成績では、男女の合計得点で競われる団体総合では55点を獲得した住友電工が3年ぶり2回目の優勝を達成。男子総合は48点を獲得した富士通が、女子総合は54点を獲得した東邦銀行が、それぞれ優勝を果たしました。

新記録は3日間を通じて、大会新記録が男子800mで、U20日本新記録が女子10000mWで誕生したのみにとどまりましたが、男子100mを2連勝中の山縣亮太選手(セイコー)が10秒01の好記録で制したのを筆頭に、ジャカルタ・アジア大会日本代表選手やメダリストが、各所属チームのユニフォームを身にまとって活躍。このほか、秋シーズンに飛躍を見せそうな期待を抱かせる結果も、いくつか出ています。

奥山琴未が中学新記録 全中陸上砲丸投げ

全国中学校陸上競技大会(岡山 シティライトスタジアム)

女子砲丸投げで岡山・上道中2年の奥山琴未が3投目に16M88の中学新記録を投げて優勝した。

下半身の安定とスピードは飛び抜けている。
伝説の名選手・森千夏(18M22)を目指して欲しい。

(従来の中学記録は16M67)

渡辺千奈津完勝 全中100M

全国中学校陸上競技大会(岡山 シティライトスタジアム)

女子100M決勝は強い向かい風の中、千葉・幕張本郷3年の渡辺千奈津がスタートから飛び出し、ハッサン・ナワール(千葉・松戸五2年)や角良子(鳥取・美保3年)を制し、12秒13の記録で完勝しました。

苦しむ時もあるだろうが是非日本を代表する選手に育って欲しい。

(中学記録 11秒61 -3.7M)

ザ・スクエア 思いやりの聖域

画像


最初は取るに足らないパフォーマンスと思っていたら、以外に本気だったので、関わりたくないからじっと下を向いて事が過ぎ去ることを待っていたら、相手は調子に乗って牙をむき襲いかかって来て無茶苦茶に破壊をはじめる。

ということはないだろうか。

非現実が現実になって気がついたら手がつけられない惨事になる事がこの世ではあるのだ。

ただのバッグも四角い枠の中に入ればアートになるごとく、トピックの一つ一つが現代美術のインスタレーションと化す中、芸人のパフォーマンスが真剣になる恐怖など、現実と非現実がしばしば曖昧になり目がくらむようだ。

物乞いが横行する街中で、彼らに優しいスウェーデンの人々さえも現代アート化する摩訶不思議。

米の女優エリザベス・モスがねちっこくめんどくさい取材記者を好演。
他にクレス・バング

監督:リューベン・オストルンド
2017年
第70回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

湯上剛輝 62M16の日本新記録 男子円盤投げ

湯上剛輝(トヨタ自動車 )が山口・維新みらいふスタジアムで行われた陸上日本選手権3日目・男子円盤投げで3、4、5投に日本新記録を連発し、62M16で優勝した。

まさに圧巻!

海外の一流選手を見ても円盤投げでいい記録が出たときは、力みのないフォームだが、圧倒的な太ももの筋肉から繰り出す湯上選手のフォームも「スルーッ」とした滑らかなもので無駄がない。

第2の室伏広治になれるか。今後の活躍が期待されます。


"新星現る"から応援してきた女子走り幅跳びの中野瞳(和食山口)が13M00の自己新(3位)を出したのも嬉しかった。(2日目)

金井大旺 日本新 13秒36 男子110M障害

金井大旺(福井県スポーツ協会)が2018日本選手権男子110M障害で13秒36の日本新で優勝した。

何時頃からか定かではないが、ボサボサの長髪に似合わない柔和な表情のスプリンターが気になってはいた。

たしか、4月に観に行った広島エディオンスタジアムの織田記念でも勝っていた選手だ。

高い鼻で風を切って進む疾風感に溢れた走りをする。

従来の日本記録は谷川聡(13秒39)が世界の予選で出した印象があるが、14年も前のものだ。

窮屈なスタンドで8時間もスタンドベンチに掛けているのは、気は若くても流石に疲れが取れない苦行だが、110M障害のようなハードルとスパイクが起こす騒音のかたまりが目の前を通過して行く迫力ある競技は、クローズアップと丁寧な解説が付くテレビにはないライブならではの醍醐味がある。

山縣10秒17 2018織田記念陸上

第52回織田記念陸上 (広島広域公園エディオンスタジアム 4/29)

■女子100M障害の木村文子は棄権し、日本勢トップ(2位)は清山ちさと(いちご)が13秒14。紫村仁美は13秒16(3位)。(+3、6M)

■男子やり投げの新井涼平は1投目の79m81が優勝記録。(追い風の試技)

■男子100M決勝の山縣亮太は10秒17で優勝。「今年は喜びの多いシーズンにしたい」と語った。

ケンブリッジ飛鳥は10秒26の2位。「レベルの高い日本選手権でしっかり勝ちたい」とコメント。
(+1、3M)

福島千里(セイコーホールディングス)A決勝 11秒42 優勝



2018 織田記念陸上 女子100M決勝 (4/29)

福島千里(セイコーホールディングス)11秒42(+1.3)優勝

福島選手が広島の織田記念陸上 女子100Mで久しぶりに予選、決勝を走り抜いてくれました。

このところ、予選でアクシデントが続いていたの「でよかった よかった」というところです。

民主党政権の方が今より良かった

そりゃ民主党政権時代の方が今より数段良かった。

法案にチンプンカンプンな担当大臣のもと、秘密法、安保法制、共謀罪を強行採決し、隠蔽・ねつ造・恫喝をはばからない自公政権なんてもうごめんだね。

今の政権では、東日本大震災、原発事故などの対応が出来るはずはなく、隠蔽、ねつ造してしまうに決まってる。

前田彩里 15位 名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソン2018(ナゴヤドーム発着)は、

故障を乗り越え久し振り登場の前田彩里
(ダイハツ )は、笑顔の完走ながら15位(2時間30分54秒)に終わり、グランドチャンピオンシップ出場権にも遠く及ばなかった。次に期待しましょう。

前田は、左太もも裏の故障で16年のリオ五輪出場を断念し同年手術。その後も疲労骨折に苦しんでいたが、11月の日本実業団駅伝で区間賞・復活していた。

日本勢トップは初マラソンの関根花観(JP日本郵政G)が2時間23分07秒で3位(MGC出場権)

優勝はM・アセファ(エチオピア)2時間21分45秒。

(9:00 晴れ 6.8℃ 45% 北西の風1.0M)

中村匠吾 2時間10分51秒 7位 びわ湖毎日マラソン

第73回びわ湖毎日マラソン(皇子山陸上競技場発着 42.195キロ)は、

初マラソンの中村匠吾(富士通)が日本勢トップの7位、2時間10分51秒でMGC出場資格を獲得した。

優勝は、初マラソンのM・ディラング(愛知製鋼)が2時間07分53秒で初優勝した。

多少暑かったようだが、五輪は朝夕であってもこんなものではなく、ほとんだ無風の中の平坦なコースでこの結果は物足らない。


(12:00 晴れ 15.0℃ 68%東南東の風0.9M)

設楽悠太 日本新の2時間06分11秒 東京マラソン

2つの折り返しを含んだ東京マラソンは、30キロまでラビット付きのしかも平坦な市街マラソンとなり、無風の追い風に恵まれて走りやすそうだが、銀座の時計台を回った四丁目の30キロあたりを過ぎると、解説の増田明美さんの声が聞きづらくなってくる。

レースは大迫傑(PB2:07:19)が気にしていた設楽悠太の快走が現実のものになり、悠太が日本新の2時間06分11秒でテープを切った。

従来の日本記録は高岡寿成の2時間06分16秒(2002年)

1.D・チュンバ(ケニア) 2:05:30
2.設楽悠太(ホンダ) 2:06:11 日本新
3.A・キプルト(ケニア) 2:06:33
4.G・キプケテル(ケニア) 2:06:47
5.井上大仁(MHPS) 2:06:54
6.F・リレサ(エチオピア) 2:07:30
7.木滑良(MHPS) 2:08:08
8.宮脇千博(トヨタ自動車) 2:08:45
9.山本憲二(マツダ) 2:08:48
10.佐藤悠基(日清食品G) 2:08:58

(速報)

スタート時 くもり 6.5℃ 36%

松田瑞生が初優勝 大阪国際女子マラソン

第37回大阪国際女子マラソン2018(ヤンマースタジアム長居発着42・195キロ)

25キロでトップGからラビットを抜いてスパートした前田穂南を、松田瑞生が30キロで捉え独走でゴールを切った。

1. 松田瑞生(ダイハツ)
2:22:44 初マラソン 初V
2. 前田穂南(天満屋)
2:23:48 自己ベスト
3.安藤友香(スズキ浜松AC)
2:27:37
5.吉田香織 6.小崎まり 8.水口瞳

(速報)

(12:00 曇り 5.0℃ 49% 北西の風1.2M)

1区を制したのは井川龍人 都道府県対抗男子駅伝

第23回都道府県対抗男子駅伝(広島・平和記念公園発着 7区間48キロ)

1区(7キロ 高校生)を制したのは井川龍人(熊本)だった。

1.井川龍人(熊本) 19:56

2.松崎咲人(長野) 20:00

3.半澤黎斗(福島) 20:01

〈総合順位〉

1.埼玉(3年ぶり2回目)
2.長野
3.千葉
4.福岡
5.群馬
6.山口
7.神奈川
8.茨城

12.広島

(速報)

1区を制したのは鍋島莉奈 都道府県対抗女子駅伝

第36回全国都道府県対抗女子駅伝(西京極陸上競技場発着9区間 42・195キロ)

1区(6キロ)を制したのはラストスパートの切れ味鋭い鍋島莉奈(高知) だった。高校駅伝の雪辱を目指す田中希実(兵庫)は5位(19:34)、ラストランの竹中理沙(滋賀)は20位(19:45)だった。

1.鍋島莉奈(高知) 19:29

2.森田香織(神奈川) 19:31

3.筒井咲帆(京都) 19:34

(速報)

〈総合順位〉

1.兵庫 2.京都 3.長崎
4.岡山 5.大阪 6.神奈川
7.福岡 8.愛知 9.長野
10.静岡

注目された選手は、4区(4.0キロ)で7人を抜き、トップに立った区間新記録(12分32秒)の廣中璃梨佳(長崎商業高2年)だつた。

花の4区は設楽悠太が1位 ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝(群馬県庁発着7区100キロ)
花の4区(22.4キロ)は独走する大六野(旭化成)を追う設楽悠太(Honda)が10人抜きの区間賞で同着1位に躍進。13人抜きのMHPS・井上大仁が区間2位に食い込む大健闘だつた。

4区順位

1.設楽悠太(Honda) 1:04:19
2.井上大仁(MHPS) 1:04:53
3.押川裕貴(トヨタ自動車九州) 1:05:36

総合順位

1.旭化成 4:52:18
2.Honda 4:54:30
3.トヨタ自動車 4:54:39
4.トヨタ自動車九州 4:56:25
5.富士通 4:56:53
6.DeNA 4:59:08
7.コニカミノルタ 4:59:09
8.MHPS 4:59:10
9.安川電機 4:59:15
10.愛三工業 4:59:17

(速報)


佐久長聖V2 高校男子駅伝

第68回全国高校男子駅伝(西京極陸上競技場発着7区間42、195km)は、佐久長聖が6区で先行する倉敷を交わし、9年ぶり2度目の優勝を勝ち取った。

1区(10キロ)を制したのは29分15秒の中谷雄飛(佐久長聖)だった。

1、佐久長聖 2:02:44
2、倉敷 2:04:11
3、仙台育英 2:04:59
4、大分東明 2:05:00
5、一関学院 2:05:20
6、浜松日体 2:05:22
7、札幌山の手 2:05:25
8、須磨学園 2:05:32

(速報)

仙台育英 V3 高校女子駅伝

第29回全国高校女子駅伝(西京極陸上競技場発着5区間21.0975km)は、
仙台育英は1区三浦瑠衣が14秒差の好位置で入ると、2区ヘレン・エカラレの3年連続区間新でトップに立ち、そのまま独走でタスキをつないで、23年ぶり3回目の優勝を果たした。

1区6キロを制したのは和田有菜(長野東
19:09)だった。

1、仙台育英 1:06:35
2、長野東 1:07:41
3、大阪薫英女学院 1:07:46
4、立命館宇治 1:08:30
5、筑紫女学園 1:08:37
6、西脇工 1:08:46
7、興譲館 1:08:55
8、神村学園 1:09:04

(速報)
(10:00 晴れ 9、0℃ 73% 西北西の風0、1M)

大迫傑 2時間07分19秒 福岡国際マラソン

第71回福岡国際マラソン(平和台陸上競技場発着42.195キロ)五輪代表一発決定(MGC) 選考レース。

注目されたのはマラソン転向2戦目、ボストン・マラソン3位の大迫傑(26)と初マラソン、箱根山登りの神野大地(24)の成績だつた。

大迫は終始トップ集団を維持し、30キロ過ぎに離されたが日本勢トップの3位に食い込んだ。記録も7分台と自己記録更新は、未来に大きな期待を抱かせる快走だった。

神野は70キロ走もこなし期待されたが、中間点付近からトップ集団について行けず、硬くなったのかスピード不足を露呈してしまい13位。五輪代表一発決定レース(MGC) の資格は取れなかった。

1.モーエン (ノルウエー)2:05:48 初優勝

2.キプロティク(ウガンダ)2:07:10

3. 大迫傑(Nike) 2:07:19 MGC PB

4.カロキ(DeNA)2:08:44

5.メセル(エリトリア)2:09:22

6.上門大祐(大塚製薬)2:09:27 MGC

7.竹ノ内佳樹(NTT西日本)2:10:01 MGC

8.マイケル(スズキ浜松AC)2:10:46

9.川内優輝(埼玉県庁)2:10:53

10.深津卓也(旭化成)2:12:04

13.神野大地(コニカミノルタ)2:12:50

(速報)

(12:00 晴れ 13.4℃ 57% 北の風 3.2M)

山縣亮太10秒00 桐生祥秀9秒98

山縣亮太 10秒00
(セイコーホールディングス)
(+0.2M)
9/24 陸上全日本実業団対抗選手権
(ヤンマースタジアム長居)

桐生祥秀 9秒98
(東洋大4年)
(+1.8M)
9/9 日本学生対校選手権
(福井県営陸上競技場)

日本男子短距離陣がついに100M9秒台に突入した。
レベルアップしたライバルが多数出てきた結果だが、

いずれも、

「好条件に恵まれたら・・」というのは
「いかに追い風に乗れるか」
ということにつきる。

これから望まれるのは、ファイナリストになることだ。


サラの鍵

画像


ドイツ軍がパリに無血入城して2年。
1942年頃のフランス官憲を利用した過酷なユダヤ狩りの恐怖を、強い意志を持ったカメラが、怯える群衆の俯瞰図を通して虐待の悲惨を浮き彫りにして行く。

一家が自宅から連行される時に弟を置き去りにした自責の念にかられる少女サラが、収容所から逃げるシーンのなんと美しいことか。

ホロコーストを背負った少女の悲しい歴史が、世界の何処かで静かに泣き叫びながら過ぎて行くのを感じる。

ストーリー展開に、女性ジャーナリストの私生活を絡ませたのが映画の巾を広げ、登場人物に深く思いを馳せる結果となった。

監督:
ジル・パケ=ブランネール

原作:
タチアナ・ド・ロネ

出演者:
クリスティン・スコット・トーマス他

★第23回東京国際映画祭・監督賞(ジル・パケ=ブランネール)観客賞受賞。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

画像


何となく満たされない心のすきまに忍び込んだ投げやりな気持ちから取り返しのつかない事態を招いてしまった雇われ便利屋の男。ふさぎ込み虚ろな日常は、ビールのラッパ飲みでは発散できず、少しづつやり場のないエネルギーを蓄積して行き突然となりのカウンターで飲む男を殴りつけたりする。

そこに降って湧いた勝手気ままな甥の後見人の役。

爆発する相手がガラス戸に拳を叩き込む自傷行為止まりだからまだいい。人をホームから落としたり、車を暴走させたりして他人に危害を及ぼしたら身の破滅につながる。

そんな危険を思いとどまらせたのは厄介な甥の存在を通して見える「自制心」ではないか。

別れた奥さんと乳母車を挟んで、身をよじるような、思いのたけを吐露するかの様なシーンが最高の山場だ。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017年アメリカ)

監督:
ケネス・ロナーガン

出演者:
ケイシー・アフレック
ミシェル・ウィリアムズ
カイル・チャンドラー

■アカデミー主演男優賞・ケイシー・アフレック

☆☆☆☆ 80点

『ハクソー・リッジ』

画像


あの時代、日本兵は毎日訳もなく上官に殴り蹴られていたが、アメリカでは怒鳴りあうだけだから、消耗の差や上司に対する信頼も格段の差があったと考える。

戦争は前線のむごたらしさと国民の悲惨がごっちゃに進行するものであるが、反戦主義者のメル・ギブソンは、兵隊達が戦場で、引きちぎられ切断される様を「プライべート・ライアン」よりリアルな映像を音響とともに表現して圧巻だ。

メインテーマは「人が人を殺してはいけない」

メル・ギブソンが絡んだ戦争映画『ワンス・アンド・フォーエバー』より自らメガホンを取ったこの作品の方がはるかに素晴らしく、アカデミー賞作品賞ノミネートもうなづける。

ただ、沖縄の激戦地、断崖絶壁(ハクソー・リッジ)であの様な方法で多数の負傷兵を助けた衛生兵の行為が可能なのか、俄かに信じ難い思いも残る。

『ハクソー・リッジ』 (2017年アメリカ)

監督:
メル・ギブソン

出演者:
アンドリュー・ガーフィールド
ヴィンス・ヴォーン
サム・ワーシントン
ルーク・ブレイシー

☆☆☆★ 70点

ブログ開設12年

ウェブリブログに登録してから、あと2日で12周年になります。
ウェブリブログ事務局のまーさです。

この12年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・

335671 件 になります。


過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから
新たな気づきが生まれたりするものです。

最初に書いた記事は "小島・坂上さん女子100M優勝おめでとう " でしたね
  http://266266-93.at.webry.info/200508/article_1.html
2年目は "スーチン・国立西洋美術館" でした
  http://266266-93.at.webry.info/200608/article_1.html
3年目は "土佐礼子は世界陸上を走れるのだろうか" でした
  http://266266-93.at.webry.info/200708/article_4.html
4年目は "イシンバエワまたまた世界新(5メートル04)" でした
  http://266266-93.at.webry.info/200808/article_1.html
5年目は "もう、やーめた!フェルプス" でした
  http://266266-93.at.webry.info/200908/article_1.html
6年目は "高橋満里 女子800M優勝 インターハイ陸上" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201008/article_2.html
7年目は "最近のジムワーク" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201108/article_2.html
8年目は "200Mは橋元 高校総体陸上" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201208/article_2.html
9年目は "大木彩夏 連覇 高校総体女子400M" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201308/article_2.html
10年目は "倉岡奈々が優勝 高校総体陸上女子1500M決勝" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201408/article_1.html
11年目は "足達一馬が優勝 男子走り幅跳び 高校総体" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201508/article_3.html
12年目は "リオ五輪陸上 世界新記録誕生" でした
  http://266266-93.at.webry.info/201608/article_1.html

ブログを始めてから、あなたのライフスタイルは変わりましたか?
ぜひ、今の思いをブログに記録しておいてください。

『野火』

画像



補給無き戦争。太平洋戦争はもとより中国大陸でも日本軍の作戦は現地調達が原則だったから銃や大砲で殺られるより餓死していく兵が圧倒的に多かった。敗戦濃厚となって敗走する兵士の悲惨は大岡昇平の「野火」よりむしろ古山高麗雄『フーコン戦記』の一場面一場面を目の当たりにする思いだ。

道無き道に転がる日本兵。「いい天気ですね」といって自爆する兵。生きながらウジが湧く兵。口に入る物はなんでも食ったという。この映画のテーマの一つである「人肉捕食」も、極限の飢餓に見舞われた兵士は人肉を食うしかないのか、その狂気の必然を問う。

トピックは、高い崖をよじ登れば、脱出できる集合地に行けるかも知れないと、夜陰に紛れて集まって来た疲労困憊の日本兵を待ち伏せして襲いかかる重火器の地獄絵図だ。一部は崖に達しよじ登るものも居たらしいが、大半は力尽きて落ちて行ったらしい。

この映画を見て、今を生きる自分達は、戦争がいかに愚かで悲惨なものであるかを実感しなければと思う。

近代戦は歩兵なんか居ないなどと言う人もいるが、戦争は漫画のような甘いものではない。殺し殺され、親兄弟恋人が引き離され悲嘆にくれるのだ。憲法を破ってまでする価値のあるものではない。

『野火』(2014 日本)

監督・脚本、製作、主演:塚本晋也

キャスト:塚本晋也 リリー・フランキー 中村達也

☆☆☆☆ 80点