テーマ:東京五輪

大迫傑が日本新 2時間05分50秒 シカゴマラソン

大迫傑(27 ナイキ・オレゴンプロジェクト)か10月7日のシカゴ・マラソンで、2時間05分50秒の日本新記録で3位。 ここしばらく男子マラソンは世界から離されるばかりの中、2月の東京マラソンで設楽悠太(ホンダ)が永らく破られなかった高岡の記録をぶち抜いて2時間06分11秒を樹立したばかり。 当然大迫はどうしているのだろうと気になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥山琴未が中学新記録 全中陸上砲丸投げ

全国中学校陸上競技大会(岡山 シティライトスタジアム) 女子砲丸投げで岡山・上道中2年の奥山琴未が3投目に16M88の中学新記録を投げて優勝した。 下半身の安定とスピードは飛び抜けている。 伝説の名選手・森千夏(18M22)を目指して欲しい。 (従来の中学記録は16M67)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺千奈津完勝 全中100M

全国中学校陸上競技大会(岡山 シティライトスタジアム) 女子100M決勝は強い向かい風の中、千葉・幕張本郷3年の渡辺千奈津がスタートから飛び出し、ハッサン・ナワール(千葉・松戸五2年)や角良子(鳥取・美保3年)を制し、12秒13の記録で完勝しました。 苦しむ時もあるだろうが是非日本を代表する選手に育って欲しい。 (中学記録 11秒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯上剛輝 62M16の日本新記録 男子円盤投げ

湯上剛輝(トヨタ自動車 )が山口・維新みらいふスタジアムで行われた陸上日本選手権3日目・男子円盤投げで3、4、5投に日本新記録を連発し、62M16で優勝した。 まさに圧巻! 海外の一流選手を見ても円盤投げでいい記録が出たときは、力みのないフォームだが、圧倒的な太ももの筋肉から繰り出す湯上選手のフォームも「スルーッ」とした滑らかなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金井大旺 日本新 13秒36 男子110M障害

金井大旺(福井県スポーツ協会)が2018日本選手権男子110M障害で13秒36の日本新で優勝した。 何時頃からか定かではないが、ボサボサの長髪に似合わない柔和な表情のスプリンターが気になってはいた。 たしか、4月に観に行った広島エディオンスタジアムの織田記念でも勝っていた選手だ。 高い鼻で風を切って進む疾風感に溢れた走りをする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more