テーマ:駅伝

トヨタ自動車が優勝 ニューイヤー駅伝

59回全日本実業団男子駅伝(ニューイヤー駅伝) (群馬県庁発着 7区間 100km ) 〈総合順位〉 1.トヨタ自動車 4:51:41 4年ぶり2度目の優勝 2.コニカミノルタ 4:53:20 3連覇ならず 3.日清食品グループ 4:55:00 4.ホンダ 4:55:36 5.中国電力 4:56…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区を制したのは大迫傑 ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝(59回全日本実業団男子駅伝) 1区を制したのは 残り1キロからスパートしたオレゴン州を拠点とする日清食品グループの大迫傑でした。 1.大迫 傑(日清食品G) 34:47 2.梶原有高(プレス工業) 34:52 3.阿久津圭司(SUBARU) 34:52 1区(群馬県庁12.3km高崎市役所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍋島莉奈 あっと驚く区間新 富士山女子駅伝

昨年から富士で開催されることになった全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝 12月23) 4区(9.4キロ )を走った、鹿屋体育大の鍋島莉奈が、ダイハツで爆走している前田彩里の区間記録を1分ほど(58秒)も短縮する29分59秒区の間新記録をマークしました。女子長距離界は楽しみが満載ですね。 <鍋島莉奈> 鹿屋体育大学3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世羅が3年ぶり8回目の優勝 高校男子駅伝

65回高校男子駅伝(西京極陸上競技場発着42.195キロ) 3区でトップに立った世羅が、独走で3年ぶり8回目の優勝をしました。 1.世羅 2:02:39 3年ぶり8回目の優勝 (新迫 笠井 カマイシ 中島 山口 井上 吉田) 2.佐久長聖 2:04:36 3.埼玉栄 2:04:41 4.秋田工業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区を制したのは下史典(伊賀白鳳) 高校男子駅伝

65回高校男子駅伝. 花の1区(10キロ)を制したのは下史典(伊賀白鳳)でした。 5キロまで横に広がったスローペースの為、区間新は出ませんでした。 1.下史典(伊賀白鳳) 29:39 2.橋詰大慧(和歌山北) 29:42 3.關 颯人(佐久長聖) 29:47
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪薫英女学院が初優勝 高校女子駅伝

26回高校女子駅伝(西京極陸上競技場発着21.0975キロ) 1.大阪薫英女 1:07:26 初優勝 2.立命館宇治1:07:34 3.常磐1:08:11 4.山梨学院大付 1:08:21 5.青森山田 1:0828 6.豊川 1:08:56 7.西京1;09:07 8.神村学園 1:09…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区を制したのは.岡本晴美(常磐) 高校女子駅伝

26回高校女子駅伝。 中間点付近から始まる上り坂が特徴の1区(6キロ)は、 3分12秒のペースで始まり、残り800Mから飛び出した常磐の岡本晴美が制しました。 1.岡本晴美(常磐) 19分12秒 2.嵯峨山佳菜未(大阪薫英女) 19分19秒 3.矢作佳南子(青森山田) 19分26秒
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンソー2連覇 実業団女子駅伝

34回実業団女子駅伝 (松島町文化観光交流館前 ~仙台市陸上競技場 6区間 42.195km 26チーム) 1.デンソー 2:16:12 大会新 大会初連覇 2.ダイハツ 2:16:48 3.ヤマダ電機 2:17:29 過去最高位 4.豊田自動織機 2:17:50 5.第一生命 2:17:54 6.九電工 2:18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区を制したのは森唯我 実業団女子駅伝

駅伝は1区!今年の実業団女子駅伝の1区(7㎞)を制したのは森雅我(ヤマダ電機)だった。3キロ過ぎのアクシデント(3人転倒)から抜け出し、パワーで押し切った。 〈1区7㎞〉 1.森唯我(ヤマダ電機)22分14秒 2.坂井田歩(ダイハツ) 22分25秒 3.上原美幸(第一生命) 22分29秒
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生選抜 3位 国際千葉駅伝

国際千葉駅伝 (千葉県総合スポーツセンター陸上競技場発着42.195km6区間 男子3区間 女子3 11カ国13チーム) 今回は未来のエースが力を合わせる学生選抜(去年4位2:08:03)に焦点を当てて観戦しました。 チームワークでよく粘り、昨年よりはるかにいいタイムで3位。いいレースでした。 〈学生選抜〉 1区(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒沢大 4連覇 大学駅伝

46回全日本大学駅伝結果 (名古屋市熱田神宮~伊勢神宮 8区間 106.8キロ) 1.駒沢大 5:14:36 4連覇 2.明治大 5:17:23 過去最高 3.青山学院大 5:17:24 昨年6位 4.東洋大 5:18:09 昨年2位 5.山梨学院大 5:21:02 6.東海大 5:21:27 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区を制したのは村山謙太 大学駅伝

今年の大学駅伝(熱田神宮~伊勢神宮) 1区を制したのは駒大の村山謙太でした トップグループ3人の中から 残り1キロ手前でスパートしたのは大東大の市田孝 でしたが中継点では3校の団子状態 村山謙太が城西大の弟紘太と同タイムの1位 市田は1秒差で3位 3選手共いいファイトでした 〈1区14,6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九電工初優勝 実業団女子駅伝西日本

実業団女子駅伝西日本大会 (10/26 福岡県宗像市役所発着6区間42・195キロ 12チーム) 1区宮崎悠香1位、2区チェビエゴ区間新と飛び出した九電工が、 ダイハツのアンカー木崎に9秒差まで詰められながら初優勝した。 天満屋は4区永田美結、5区小原 怜が区間賞を取ったのは明るい話題だ。 1.九電工 2:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立命館大 4連覇 全日本大学女子駅伝

第32回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 (仙台市陸上競技場~仙台市役所前市民広場 6区間38.0km) 以前、駅伝ファンを夢中にさせた久馬 萌(筑波大)が3区を走っていた。チームとしては21位でたすきをつないだが、やや体が重そう。日本選手権の3000Mあたりで、快走が見たいですね。 記憶に残る久馬選手の快走を彷彿と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島は14位 都道府県対抗男子駅伝

第19回全国都道府県対抗男子駅伝 (平和記念公園前発着 7区間 48.0kmのコース7区間) 寒いがほとんど風のない好条件の都道府県対抗男子駅伝 優勝は長野の3区上野がトップに立つと 3位以内でつなぎ アンカー矢野圭吾が埼玉・服部等を寄せ付けずテープをもぎ取った 広島は昨年の6位に届かず14位 <広島 &…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都が優勝 都道府県対抗女子駅伝

32回全国都道府県対抗女子駅伝(京都市西京極総合運動公園陸上競技場発着 9区間 42.195キロ) 京都のアンカー黒田真央が追い上げた群馬・西原加純との31秒差を 逃げ切って3年ぶり15回目の優勝 岡山はアンカー重友が区間記録の快走で8位から3位に躍進した 熊本は8区中学生が頑張り12位 3区大阪・中学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大が優勝 箱根駅伝

90回箱根駅伝は 往路59秒差の2位駒澤大だっが タスキを渡すたびに1位東洋大との差は広がるばかり 9区窪田がやや詰めたが3分12秒差まで 逃げ切った東洋大が出雲・伊勢の雪辱と2年ぶりの総合優勝を勝ち取った 1.東洋大 10:52:51 2年ぶりの4度目の優勝 2.駒澤大 10:57:25 3.日体大 11:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区は山中秀仁 箱根駅伝

駒澤 東洋 日体大が3強と言われている90回箱根駅伝 1区は大手町から鶴見までの21.4キロ 大迫(早稲田大) に中村(駒沢大)山中(日体大) 田口(東洋大) が付く 5キロ14分09秒の高速レース 一色(青山学院)が10キロで先頭に立ったが 山中が15キロ過ぎに7人集団の先頭に 六郷橋で田口がスパートしたが山中が抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コニカミノルタが連覇 ニューイヤー駅伝

58 回全日本実業団男子駅伝(7区間100キロ37チーム) コニカミノルタが2位トヨタ自動車九州に1分24秒の差をつけて連覇した 1.コニカミノルタ 4:53:35 連勝 8回目の優勝 2. トヨタ自動車九州 4:54:59 3.日清食品グループ 4:56:48 4.旭化成 5.中国電力6.富士通 7.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1区は大西 ニューイヤー駅伝

58回全日本実業団男子駅伝(群馬 7区間100キロ37チーム) 注目の1区(12.3キロ)は旭化成・大西智也の作戦がはまった スタート直後から抜け出した大西について行ったのは 三菱重工の木滑良とトーエネック・井上裕彬だけ たった12キロの区間だ 付いて行かないのがおかしい 8キロ地点で後続集団に130Mほども離し 追い詰めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨学院大付が初優勝 高校男子駅伝

25回全国高校男子駅伝 京都市西京極総合運動公園陸上競技場発着7区間 42.195キロ 47校 注目の1区は廣末卓(小林)選手が 29:45で制した。 1.廣末卓(小林) 29:45 2.上田健太(山梨学園大付) 29:46 3.辻野恭哉(伊賀白鳳)29:47 レースは山梨学院・伊賀白鳳・世羅・大牟田4校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊川が4度目の優勝 高校女子駅伝

25回全国高校女子駅伝 京都市西京極総合運動公園陸上競技場発着5区間 21.0975キロ 58校 高校女子駅伝は最長6キロの中距離リレーです。58校の大集団は今年も競技場ゲートの前で5~6人の転倒がありましたが、雪のない爽やかな大会でした。 興譲館は出遅れたが、ジリジリと追い上げて2位と実力を示した。 1.豊川 1:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンソーが大会新で初優勝 実業団女子駅伝

全日本実業団女子駅伝『クイーンズ駅伝 in 宮城 2013』 松島町中央公民館前~仙台市陸上競技場(6区間42.195km 27チーム) 積水化学、天満屋とのデッドヒートから4区のS・ワイリムが抜け出してトップに立ったデンソーが、評判通りのレースを展開して初優勝を決めました。1区石橋2位、2区小泉の区間賞が支えてくれた。 天満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は2位 国際千葉駅伝

2013国際千葉駅伝(23日・千葉県総合SC陸上競技場発着6区間=42.195キロ 13チーム) 日本はアンカー岡小百合が2位を死守しったが、大会新記録のケニアには及ばなかった。 日本学生選抜が鈴木亜由子(2区5キロ)大森菜月(4区5キロ)で区間賞を獲得して見せ場を作った。 1.ケニア 2:03:59 大会新 3連覇 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒澤大が3連覇 全日本大学駅伝

全日本大学駅伝(名古屋・伊勢間8区間106.8キロ) 今年の出雲駅伝優勝の駒澤大が連続区間賞で飛び出し、最終学年となった設楽兄弟を擁する東洋大を突き放して3連覇。 青学大が初のシード権を獲得しました。 上位が離れてしまったので、シード権争いの方が面白かった。 1.駒澤大 5:13:09 2回目の3連覇 2.東洋大 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立命館大が3連覇 全日本大学女子駅伝

31回全日本大学女子駅伝(6区間38.0キロ) 立命館大が1区・大森菜月 2区・菅野七虹 3区・藪下明音 4区・広田麻衣 6区・青木奈波が区間賞という、安定した走りで2度目の3連覇を達成しました。おめでとうございます。 2位の大東大は2区・森智香子の快走が目にとまりました。 3位の松山大は過去4位が最高。まとまったいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6区も窪田 出雲駅伝

14日の第25出雲全日本大学選抜駅伝は駒澤大学が大会新で優勝しましたが、大迫、設楽啓、窪田がしのぎを削る最終6区の区間賞は誰か、というのも注目の的。結果は100分の1の僅差の争いで、駒大の窪田が制し、15大会ぶり3度目の優勝につながりました。 第 6 区 (10.2キロ)区間記録 1、窪田 忍(駒澤大学) 29分52秒 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島6位 都道府県対抗男子駅伝

都道府県対抗男子駅伝(1/20 平和記念公園前発着7区間 48.0km) 広島は1区でトップと1分18秒差の43位と出遅れたが、 2区志和中の新迫志希が区間新(3キロ 8分29秒)の11人抜き、 3区中国電力・岡本直己が13位と健闘、 5区世羅高・大工谷成平も8位と頑張り、 アンカー旭化成・鎧坂哲哉が6位に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立命館宇治がトップのテープ 選抜女子駅伝北九州大会

選抜女子駅伝北九州大会 (1/20 小倉城歴史の道発着 高校6区一般5区間 32.8キロ) 高校の部で 高校駅伝の勝者・立命館宇治(京都)が一般の部・天満屋より早い 1時間45分52秒の大会新記録で3年連続6度目の優勝。 高校の部 立命館宇治 1時間45分52秒 大会新3連続6度目V (岩井 青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more