『ジョジョ・ラビット』 靴ひもを結んでやる温かみ

C46CB3E2-1653-4AB5-8DAC-7664160FA8FB.jpeg

ヨーロッパ征服を目指すナチスドイツにとって ユダヤ人排斥・大ドイツ主義は国是であり 国家に洗脳された少年の憧れがヒトラー・ユーゲントなのもまた当然な時代に 10歳のジョジョが懸命にグループに馴染もうとする姿を 抵抗運動に身を潜める母親だって否定できないのは あの戦争で軍国少年を見る隣組の呪縛に縛られた日本の母親と同じ悲劇だ

その母親役のスカーレット・ヨハンソンの眼差しが哀れにも温かく印象的だ 銀幕露出度が多い中で ヨハンソンのエポックメーキングと言えよう 彼女が息子の靴紐を結んでやる動作が この映画のキーポイントである 

(中略)

少年の家に匿われていたアンネの日記的少女との関係がルネ・クレマンの「禁じられた遊び」に引けを取らない エンディングの名場面に昇華される

"『ジョジョ・ラビット』 靴ひもを結んでやる温かみ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント