妄想読み 若林正恭の「ナナメの夕暮れ」

いつの頃からか分からないが、本を読んでいる途中で、内容に関することからあらぬ妄想に走って、読んではいるがまるで頭の中に入ってこないことがある。


読書量が減ってきたのも、年齢的なものもあるかもしれないが、2週間先には返さないといけない図書館の本がほとんどなくなったことも原因かもしれないが、案外こんなことも関係しているのだろう。



書評番組のMCをやってた本好きの若林も


「小説を読んでいる時も似たようなことがあって、頭の中で違うことを考えているんだけど文字は目で追っているからページ数がかなり進んでしまっていて、戻ってまた読み直すことがしょっちゅうある」

と書いているから、膝を叩いた。

妄想読みはオレだけじゃないんだと意を強めた。


"妄想読み 若林正恭の「ナナメの夕暮れ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント