ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

画像

パリでは一生売れない画家「怠惰にはなりたくない、偉大な芸術家なのだから耐え抜く」糖尿病を患いながらひとり分け入ったポリネシアの森の中。考える前に描いている。描くこと彫ることが好きなのがひしひしと伝わってくる。

のっそりと寡黙なアンソニー・クイン型ではなく、気力みなぎり行動力溢れるゴーギャンを、エドゥアルド・デルック監督は純文学風に描いた。

テレビやパソコンにスマホ、旨い物の誘惑が多い現代ではゴーギャンは出ないだろう。

75点

"ゴーギャン タヒチ、楽園への旅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント