前田彩里 15位 名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソン2018(ナゴヤドーム発着)は、

故障を乗り越え久し振り登場の前田彩里
(ダイハツ )は、笑顔の完走ながら15位(2時間30分54秒)に終わり、グランドチャンピオンシップ出場権にも遠く及ばなかった。次に期待しましょう。

前田は、左太もも裏の故障で16年のリオ五輪出場を断念し同年手術。その後も疲労骨折に苦しんでいたが、11月の日本実業団駅伝で区間賞・復活していた。

日本勢トップは初マラソンの関根花観(JP日本郵政G)が2時間23分07秒で3位(MGC出場権)

優勝はM・アセファ(エチオピア)2時間21分45秒。

(9:00 晴れ 6.8℃ 45% 北西の風1.0M)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック