「雪の轍』

画像


物も言いたくないほど冷え込んだ夫婦なら、互いに無口になってしまうものだろうが、老境に入る男と女の何という饒舌。

互いに自分の論理を主張して一歩も引かない。

「自己満足の駄文書き」と罵られた洞窟ホテルの主人と、暇を持て余し「やることもないのか、趣味の一つも持てよ」とばかにされる妻が丁々発止の大激論。書きたくても書けないパソコン前の夫と、すぐ近くのソファーに寝そべって悪態を吐く妻。

ものを投げたり、こわしたり、挙げ句の果てに殴ったりはしないところが凄いのだ。

国民性というより無口の裏返しを描くとこうなる、と受け止めたい。「本当はこう言いたいんだ」と。

そして葛藤は夫婦間にとどまらないのだ。なにか身につまされる話で切なくなる話ではある。

67回カンヌ国際パルム・ドール大賞・国際映画批評家連盟賞

『雪の轍』(2014年トルコ フランス ドイツ)

監督: ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

出演者:メリッサ・スーゼンハルク・ビルギナー

☆☆☆☆ 80点




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック