松村 銀 川内 銅 仁川アジア大会男子マラソンー

3人のトラック勝負となった仁川アジア大会男子マラソン(セントラルパークスタート、アジア大会メインスタジアムゴール 42.195キロ)は、M・マハブーブ(バーレーン) が1秒差で松村康平をかわして優勝。

川内も4秒遅れの銅メダル。松村は紙一重で北京世界選手権の内定を逃した。アジア大会もアフリカ出身の移籍選手が加わりオリンピックと変わらないような感じだ。

松村も川内もいいレースを作ってくれました。
銀銅メダルおめでとう!

トップ通過タイム

10キロ 31:19 20キロ 1:03:11 30キロ 1:34:46 40キロ 2:06:13

1、M・マハブーブ(バーレーン) 2:12:38

2、松村康平(日本) 2:12:39

3、川内優輝(日本) 2:12:42

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック