それでも大舞台では固くなる

画像


マリア・アバクモア


世界陸上・女子やり投げのマリア・アバクモア(ロシア)が予選では1投目に69M09を投げて早々に決勝進出を決めたのに、肝心な決勝では、クリスティーナ・オーバークフォル(ドイツ)に69M05を出されて固くなり、71M99を持つ実力者にもかかわらず、地元の期待に力が空回り。

いつもニコニコしていて、ヒョイと軽く投げたミックル(オーストラリア)にも自己ベストを連発されて3位銅メダルがやっとだった。

1.C・オーバークフォル(ドイツ) 69M05 初優勝

2.K・ミックル(オーストラリア) 66M60 PB

3.M・アバクモア(ロシア) 65M09


大舞台では誰でも固くなる。期待と力みで自滅するか、平常心で投げられるかは、紙一重であり裏表。同じやり投げの旦那さまの活躍が「2人でウィニングラン」の夢を見させたとは思えませんが。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック