シネマノカンソウ  「ガス燈」

在宅。珍しくBSプレミアムシネマ 「ガス燈」を最後まで見た。

「ブローチがない」「絵がない」「時計がなくなった」と女房に迫る怪しい夫。

若きイングリッド・バーグマンがアカデミー主演女優賞をもらったジョージ・キューカ―のモノクロ名作はいかにもフィルム映画らしくてコクがあり、見甲斐があった。他にシャルル・ボワイエ、ジョセフ・コットン。

フィルムが巻かれる音も聞こえる狭い映画館で見ると、もっと味があったかもしれない。しばらくイギリス特集らしい。録画してしまうと観ないから、テレビといえどもリアルタイムが重要だ。

★★★








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック