DIC川村記念美術館の案内監視スタッフ

画像

千葉・佐倉市の「DIC川村記念美術館」に行って来た。

『抽象と形態:何処まで顕れないもの』

東京へ行ったついでだったが、最近風景でも静物でも、

ただそこにあるものを切り取って紙に写すだけの行為に

意味を感じなくなっていたし、

抽象画をかじってみて壁に突きあたったこともある。

展示絵画や建物がずばらしかったことはさておき、

どこの美術館にも居られる案内監視スタッフの方々が、

ことのほか姿勢が正しいというか、

訓練されている印象を強く持った。

決められていることを守らない入館者には、

些細なことでも躊躇せず注意している現場を数回見たのだ。

多くは知らずにやっていることだから、

お互いにいいことだと思うし、美術館の質の高さにもつながる。



DIC川村記念美術館








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック