野口みずき 五輪へタスキをつなぐ 実業団女子駅伝 西日本大会 

実業団女子駅伝・西日本大会でアテネ五輪金メダリストの
野口みずき選手(シスメックス)が、
連覇を狙った北京五輪を足の痛みで欠場して以来、
2年ぶりの復活レースとして3区・10、5キロで出場し、
順位を堅持してタスキをつないだ。

怪我かメダルか、
本人にも確信のなかっただろう過酷な練習が裏目に出ただけでは済まない、
長いけがとの葛藤。

どん底からここまで持ち直してきたモチベーションの維持も、
常人には想像もつかないことだ。

はたしてレース後の体調はどうだったのか。
目標はロンドン五輪。

体調の維持、厳しいトレーニング、メダリストのプライド、まわりの期待。

「足が折れるまで」走るそうだが、 
走りたいだけではどうすることもできない「五輪のスタートランイに立つということ」
小さな体の大きな走りに、待ったなしの「いばらの道」が待ち受けている。

<10/23 実業団女子駅伝 西日本大会>

福岡県宗像市役所発着 6区間42、195キロ

(16チーム中7チームを選ぶ全国大会への予選会)

1、ダイハツ 2、ワコール 3、シスメックス 

4、天満屋 5、大塚薬品 6、ノーリツ 7、十八銀行







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック