アメリカを打崩し韓国と決勝へ

負ければ終りだし、ケガでリタイアしてペナントレースの前半を
棒に振らなくてはならなくなった主砲・村田の落胆も大きいだろうから、
どうしても勝って、また韓国と相まみえたいWBC準決勝のアメリカ戦。

打棒のアメリカには打ち負けるかもしれないという不安はありました。

先頭バッターにホームランを打たれたり、
お見合いの拙守も絡んで、いま一つ乗れない松坂でしたが、

5回に稲葉・小笠原の左バッターが鋭い当たりでチャンスを作り、
連打に次ぐ連打で一挙に5点を上げ押せ押せムード。
なんとか松坂もまとめて杉内以下のリリーフ陣にバトンタッチ。

投手力は良いですからね。

2点差に追い詰められた8回には、
イチローもとどめのタイムリーを打って快勝。
気持ちよく明日の決勝が戦えます。

<WBC準決勝> 日本9:4アメリカ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック