おかえり朝青龍

いよいよ朝青龍関が日本に帰ってくる。
謹慎中の2場所は面白くも何ともなかった大相撲が
又、活気のあるスポーツとして蘇えるのを期待したい。

帰国を前にいろいろいわれているようですが、
面白半分の冷やかしに過ぎない気がします。

どんなぶくぶくの体で謝罪会見をするのでしょうか。
きつい質問に、しどろもどろにもなるでしょう。
しかし、誠意を持って事実を説明し謝るのであれば、
寄ってたかって吊し上げるようなことはしないで、
温かく迎えいれてやろうじゃありませんか。

横審からは今でも”辞めてほしい”コールしか聞こえてきませんが、
協会は強い横綱がのどから手が出るように欲しいに決まっています。
正直、九州場所は3敗の横綱が優勝し、
あとは皆コケてしまったからつまらなかった。
TVに写るガラガラな観客席は悲惨じゃないですか。

悪役だろうと外人だろうと、朝青龍が居なくちゃ面白くない。
勝負に執念を燃やすヤンチャな横綱が、
強さを見せつけなくては大相撲の未来は見えてきません。

この後どんな展開になり、
朝青龍がどんな人生を歩むか分かりませんが、
まずは『お帰りなさい』といってやりたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック