梅雨入りに金龍ラーメン

瀬戸内も梅雨入りした。
5年日記をめくると昨年は11日。
南九州は5月26日頃だったからそれから随分日が経つ。
最低気温16度といっても薄ら寒い。

車谷長吉の小説「赤目四十八瀧心中未遂」の中で、
怪しげなやり取りがあった電話ボックスはこのあたりだったのか、
とキョロキョロしながら尼崎駅から電車に乗ったのは、
南九州が入梅したという蒸し暑い午後だった。

阪神淡路震災の時はこのあたりも被害にあったはずだがと、
休日の早朝、新聞を読んでいる時、
大きな揺れが来たことなど思い出していたら、
阪神電車は難波ではなく梅田行きなのを忘れていた。

だから御堂筋線に乗れたのは幸いだったのか。
カーブが多くて空き腹にはこたえた。

難波の目的は『金龍』
画像

ラーメンならわざわざ難波まで行かなくても
いくらでも旨い所があるのに、
味覚を頼りにふらふらと行ってしまった。
金龍は難波だけでも数店あるが、
なんばグランド花月横の暖簾をくぐる。

・ストレート中麺
・あっさりとんこつスープ
・チャーシュー2~3枚
・きざみねぎ

ゴチャゴチャといろいろ入っていない正統派。
ただただ旨いという他ない。
キムチ・ニラ等は混ぜないほうがいい。
600円(チケット)
畳にテーブルというのがゆっくり出来る。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック