工藤のエネルギー

4月5日、責任回の6回裏、
クリーンナップの先鋒をファールフライに打ち取ると、

続く打者をフォークとストレートで連続三振にしとめ、
汗に光るギョロ目をギラつかせた。


昨季チームトップの11勝を稼いだ200勝投手に
今年一年、今日の一日、今の一投がどれほど大切か、

明日は保障されない弱肉強食のプロの中で、
老練の先発投手が結果を出すのはいかに難しいことか。

5月で43歳というがこの年で元気な人は大勢いる、
工藤は襲い掛かってくる敵を相手に
勝負しなければならないプロの野球投手。

一投でも弱気になっては生きていけない世界で、
あの気力と体力の源は何なのだ!

食い物だろう。

ローヤルゼリー、
すっぽん、
焼肉、
ちゃんこ鍋、
フォアグラ、
ステーキ・・・・・・・

ではないらしい。


活力の源はいったい何なのかと詮索したくなるが、
何と工藤は粗食だという。

粗食といえば、ごはんに味噌汁、漬物、小魚に納豆
くらいしか思い浮かばないが、これが正解らしい。

例え肉を食っても“大根おろしの豚しゃぶ”だというから、
いったいどうなっているのだろう。

だれより早く始める体作りはいうにおよばず、
たぐいまれな闘争心は食にあった。


親にもらった体だけでは30歳で燃え尽きてしまう。
あの快投とエネルギーは食生活にある。


戦国の武将はメシとタクアンが活力の源。
工藤の基本も粗食だというのなら考え直さなけらばならない。





・・・ありがとう ♪






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック