テーマ:北京オリンピック

「うそだろう、違うよこれは」 星野監督

メダルなしに終わった五輪野球の星野監督は 『うそだろう、違うよこれは』という感慨を持たれたようですが、 気持ちは同じです。 日本の野球は世界でもトップの実力があると思っています。 『10日間にトップに持って行ってやれなかった』 というのもけが人を抱えた中の苦労でしょう。 しかし、アジア予選を勝ち抜いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後に笑ったアリソン・フェリックス

今回の北京五輪は、 永年、短距離王国をほしいままにして来たアメリカが、 真っ青になるようなジャマイカ旋風が吹き荒れましたね。 そんな中、 我等のアリソン・フェリックス。 金しかなかった200メートルでは、100メートルのゴールドメダリスト、 ジャマイカのキャンベル・ブラウンに自己ベストの21秒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンジル(ケニア)が高速マラソンを制す

北京五輪男子マラソンは アフリカ勢が5キロを14分台で引っ張る 夏のオリンピックでは珍しいハイスピードレースになりました。 30キロ過ぎの北京大学構内の狭いジグザグコースでは 先頭の報道車がのんびり行くもんだから、 先導車がトップ争いのスピードに対応出来ず、 レースを邪魔してしまうハプニングがありましたが、 あれで1~…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

陸上男子悲願の五輪銅メダル

銅メダルを決めた選手達が抱き合っている様を見ながら、 だだでさえ緩い涙腺が決壊してしまい、ズルズルになってしまいました。 陸上男子トラック初のメダル獲得の瞬間です。 北京五輪陸上、男子400メートルリレー決勝。 塚原直貴 末續慎吾 高平慎士 朝原宣治 07大阪世界陸上で日本新を連発した時と同じメンバーでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆走ボルト200Mでも世界新・19秒30

100メートルとはまた違った、 迫力のあるウサイン・ボルト(ジャンマイカ)の爆走だった。 北京五輪陸上、男子200メートル決勝。 スタート前のおどけた仕草。 スタートの構えでは尻の高さが異様に高い。 長い足を利かせながらのスタートダッシュから カーブを加速しながら疾走してくる巨漢は、 コーナー出口で2位に1身長差、すで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イシンバエワ、どこまで続く世界新・5メートル05

                  エレ-ナ・イシンバエワ(ロシア) 試技を始めたのは4M70から。 それまでの2時間は例によって昼寝。 試技数は少ない方がいいからね。 永すぎる待ち時間を耐えるのは彼女のスタイルだから かえってリラックス出来たかも知れない。 試合は4M85をクリアして優勝。 (北京五輪陸上、女…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フィニッシュのない世界新・ボルト9秒69

北京五輪陸上のメーン競技、男子100メートルは、 ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒69の世界新記録で圧勝した。 加速帯で飛び出し、中間帯でグイッと抜け出すと、 70メートル付近で勝利を確信したのか、右を見るゆとり。 そのまま両手を下に広げ、減速したままゴールラインを通り過ぎた。 それなのに自身が持つ世界記録9秒72を軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挑戦・北京五輪日本陸上の結果

[男子] 100メートル ■朝原宣治・1次予選10秒25、2次予選10秒37(落選) ■塚原直貴・1次予選10秒39、2次予選10秒23、準決勝10秒16 (落選 ) 20キロ競歩  ■山崎勇喜・1時間21分18秒(11位) ■森岡紘一朗・1時間21分57秒(16位) ■谷井孝行・失格 ハンマー投げ ■室伏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トメスクが独走で優勝・北京五輪女子マラソン

北京五輪女子マラソンはルーマニアの38歳。 C・トメスク選手が20キロ前からのロングスパートに成功し、 力強い腕振りとダイナミックなストライドで独走。 夏のマラソンを制した。 オリンピックだけでなく、スローペースになれば、 思い切って飛び出す勇気のある選手が勝つ可能性が高い。 高橋尚子が野口みずきがそうだった。 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダルビッシュの決意

ダルビッシュ投手がオランダ戦の15日、丸刈りで球場入りした。 長髪が似合うおしゃれなやつ。 一見そんなことをする男には見えないが、 初戦のキューバ戦で4失点し5回KOされたのがよほど悔しかったのだろう。 彼も日本人だ。再起を期す表現はそうするしかなかったのだろう。 田中将大投手も付き合ったようだ。 日本のエース・ダルビッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルプスのクロール

マイケル・フェルプス(米)はバタフライの選手なのだろうが、 松田丈志のようにクロールも一流で、個人メドレーの世界記録保持者でもある。 しかし彼のクロールはどうなんだろう。 トロッコが山のレールを走るように、ゴットン・ゴットンと不規則な上下動をする。 右の息継ぎを極端に短くして、右腕の入水が長い。 (ということは、左右のタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野口みずき選手が欠場

本番5日前の12日、日本のエース 野口みずき選手がついに欠場を決断をした。 左足付け根の肉離れはレースに耐えられる状態ではないらしい。 史上最強の日本マラソンチームと呼ばれていただけに非常に残念だ。 アスリートなら多かれ少なかれ故障を持っているもので うまくケアしながら競技に臨むもの。 北京五輪という滅多にないチャンスを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

爽快=北川麻美選手・200M個人メドレー決勝へ

競泳は最初の予選で敗退してもエントリーして入る種目に 再度出場する機会があるが、 北川麻美選手の場合は個人メドレーに平泳ぎにと 予選から露出度が高く、まさに出ずっぱりの感がする。 今日で7レース目。 それだけ上に進出しているからだが、 男子の松田丈志並み、いやそれ以上ではないのか。 又出るのかというのではなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北島康介のロケット推進・世界新で金メダル

北島康介が男子100メートル平泳ぎを 58秒91の世界新記録で制し、 日本2つ目の金メダルに輝いた。 予選で北島よりいい記録をマークしていたダークホース ダーレオーエン(ノルウェー)に勝つには、 相手が固くなって実力を出せなかった時以外にはないだろう と思われたが、そんなことはなかった。 相手、ダーレオーエンも堂々の5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子マラソンピンチ・それでも金メダル最低でも8個

五輪女子マラソンの野口みずきが左足付け根の肉離れという報道。 エースだけに日本チームにとっては大ピンチだ。 疲労を理由にスイスから早めに帰国し入院していたのは、 疲労もあるだろうが、実は痛みが消えないため MRIの検査を受け治療していたらしい。 今は快方に向っており本人も出たいといっているから、 大博打を打って出場するだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ママでも銅』で十分・日本はこれからだ!

出だしさえうまく行けばと期待されていた五輪日本チーム。 トップバッターの重責を担わされた女子柔道の 谷亮子選手は銅メダルに終わった。 「選ばれちゃった。私はいつまでやったらいいんですか」 といっていた言葉の裏には、5大会連続五輪出場、 五輪3連覇に挑戦できる喜びと共に、 「一日何時間あっても足りない」子育て・家事・練習に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽有紀子のラストスパート

                   右端・赤羽有紀子 ママさんランナーで北京五輪・女子1000メートルに出場する 赤羽有紀子選手に期待しています。 広島ビックアーチで走ったこのレース。 とにかく積極的なんです。 人が前にいるのが気持ち悪い、といわんばかりに、 出られたら抜きかえす、 けれんみのない闘争心が魅力…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

尾方 剛選手に密かに期待

                            右端・尾方 剛 北京五輪の男子マラソンは最終日の24日。 日本代表への期待は 外国選手のレベルの高さから 4~8位というのが大方の見方だが その中でも何時のマラソンでも高位置で ゴールして来た尾方 剛選手 に注目したい。 フォトは地元の織田記念で走った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本・初戦完敗

五輪開会式前の日本チームの士気にも影響する、 サッカー予選リーグの初戦。 対アメリカは1:0で完敗(無得点)だった。 気になっていたオーバーエイジを 簡単にあきらめたつけが回った感じだ。 一人でもチームに居れば、したたかさやずるさで、 ボールに対するあたりの強いアメリカをいなすことが出来たかもしれない。 いやこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺気!

旅から帰って、一週間ぶりのジム。 何かこっぱずかしくて、チェックインしても 隅の方を迂回しながらウォーキングマシンへ。 でも声を掛けてくれる方はいるもんで 「暑いから?やせたの?」なんて。 そういえばろくな物を食ってなかった。 回転寿司、ラーメン、コンビニにぎり、 偏ってんなあ。 ウォーキング 3キロ エア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イシンバエワまたまた世界新(5メートル04)

旅行中のメモ ■ 11日に世界新を更新したばかりの棒高跳び   エレ-ナ・イシンバエワ(ロシア)が29日にモナコで   5メートル04の世界新記録をマーク。   本人は「自己ベストを伸ばしたかっただけ」   とうそぶいているが内心は「どうだ!」   北京の、金にもっとも近い人には違いない。 ■ 内藤大助10回逆転K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イシンバエワ対スタチンスキ(女子棒高跳び)

タイソン・ゲイ(米国)が負傷しているハムストリングの悪化をさけ、 欠場したロンドン・グランプリでは、 アサファ・パウエルが同僚の世界記録保持者、U・ボルトを押さえ 9秒94で優勝。向かい風0.5メートルだった。 女子棒高跳びは5メートル03の世界新を出したばかりの エレーナ・イシンバエワとアメリカチャンピオンのジェニファー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塚原好調

■男子100メートルの五輪代表・塚原直貴(富士通)が 代々木のトワイライト・ゲームスで 10秒29で圧勝、合宿中のようだが順調のようです。 タイソン・ゲイ(米国)は負傷しているハムストリングの悪化を避け、 25日のロンドン・グランプリ(GP)を欠場。 密かに狙っている短距離王国のアメリカ・ゲイと 新短距離王国ジャマイカ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早狩・日本新記録

早狩実紀(京都光華AC)が北京五輪を前に 女子3000メートル障害で 9分33秒93の日本新記録をマークし好調さをアピールしました。 まさに驚異的な記録です。 (20日 ベルギー・ヒュースデンゾルダー 4位) (従来の記録は早狩自身の9分38秒68) 一方、男子ハンマー投げの室伏広治(ミズノ) も相性のいい中大で今季自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上原投手も五輪代表

北京五輪代表メンバー24選手が発表され、 巨人の上原投手が選ばれた。 前日の中日戦で、1点リードの8回2死1、2塁に内海を救援したが、 復帰後の制球不足が解消しておらず、 四球と連続2塁打を喫し内海に敗戦を付けてしまった。 これを観て、上原の北京はない、 もし声がかかっても辞退しかないと思っていたが、 星野監督は1週間の合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早狩選手初の五輪

女子3000メートル障害、広島ビッグアーチでの力走。右端が早刈選手。 高校駅伝からのファンという共通の仲間のようなおっさんと、 『早狩!早狩!』とスタンドから声援していました。 この時は優勝できなかったけど、先の日本選手権では圧勝。 初の五輪切符を手にしました。おめでとうございます。 おおきに ↓
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5メートル03・イシンバエワがまた世界新

                               ゲイのケイレン転倒やパウエルの故障などが伝えられる中、 エレーナ・イシンバエワ(ロシア)が2年11ヶ月ぶりに 5メートル03の世界新記録をマークしたのは大変嬉しいニュースです。 (11日ローマ・オリンピックスタジアム) アテネの金メダル以来話題になることもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹野・久保倉ら北京五輪1600Mリレーに出場

女子陸上1600リレーの日本代表が 北京五輪に出場することになりました。 同種目、日本の出場は初めてだそうです。 国際陸連から連絡があったもので 今月16日時点で、 上位二つの記録平均が世界ランク16位以内ということで、 男子400メートルリレー、 男子1600メートルリレーの出場も確定しました。 人気の高い女子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島初佳選手・まぶしい!

織田記念で復帰した小島初佳選手(ピップフジモト)のスナップショット。 女子100メートル予選を走り終えたところです。 快晴で日差しの強い、観戦には最良な日和でしたが、 小島選手には少々がまぶしかったかもしれません。 この後、地元神戸等の大会で 精力的に走っているニュースが伝わって来ています。 トレーニングを積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島千里・女子100メートルで初五輪

先の織田記念女子100メートルで日本タイ記録をマークした 福島千里選手(北海道ハイテクAC 2年生)が 北京五輪の追加代表に選ばれました。 五輪の同種目に日本選手が出場するのは56年ぶりだそうです。 急成長した可能性が選考理由らしい。 フォトは4月の織田記念で日本タイ(11秒36)をマークした時のランです。 (左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more