テーマ:W杯

おかちゃん、のりさん、

「おかちゃん」といわれて主力選手を帰国させた監督がおれば、 「のりさん」といわせて選手を掌握し、ワールドカップを獲った監督もいる。 男子チームでは「おかちゃん」だけではすまないのもがあったはずだが、 飼い犬に主人つ゛らされてはチームが成り立たない。 「ムカッ」ときて首を切った決断は今でも正しいと思っているが、 W杯でベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷選手が好きだ 日本女子W杯初V

早く起きてよかった。 女子サッカーW杯の対米決勝戦は好試合でした。 日本2:2アメリカ PK3:1 しかも、まさかの日本初優勝でした。 レベルがどうの、スピードがどうのと 小バカにしてすみませんでした。 もう泣いちゃいました。 きれいなモーガンにドカンと入れられ、 こりゃあかんと思った11分後。 丸山が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グロッソ

もっと見ていたかったW杯も、 ジダンの”頭突きMVP”で終わったが、その決勝戦。 ピットを駆け巡る長身のヤサオトコ、一見トラボルタ風。 「ウマ!・・・なんだこりゃ!」 とチルドカップコーヒー『グロッソ』に手を伸ばしながら 見入ってしまったサッカーファンもいたことだろう。 イタリアのサイドバック 『グロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア2:0ドイツ

W杯準決勝はしたたかな そしてテクニカルなイタリアが力のドイツを一蹴した。 双方ディフェンスがしっかりして、拮抗した割には退屈な90分だったが、 延長後半の6分FWポドルスキ(ドイツ)のシュートをGKがはじき出した後、 そろそろPK戦が頭の中に浮かぶ14分、  MFピルロの右へのドリブルから DFグロッソが左足で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア3:0ウクライナ

乗りにのっている地元ドイツと優勝候補のアルゼンチンの試合が見たかったのだが、アクアビクスと夕方のカミさんとのウォーキングが効いたのか ビールがうますぎて起きられず、蒸し暑さに目を覚ましたのは イタリア対ウクライナが始まる直前だった。 密かに、なんとなくブラジルとアルゼンチンが 最後まで行くのじゃなかろうかと思いはじめてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いやーん!J

「いやー、すごい」「いやー、おしい」ではなく、 「いやーん、よして」「いやーん、もうやめて」 開始直前に先発メンバーが決まった日本代表は、試合開始のホイッスルを聞いて カナリヤの黄色い壁を目にしたとたん萎縮してしまった。 それは必死に動き回ろうとして自らコケまくった姿に如実に表れている。 前半、雨あられと襲い掛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中田(英)の弾丸ライナー

一夜明けて、スポーツジムでの反応は 「入らんなあ柳沢は・・・そして玉田も」とがっかりムード。 「チョット触ればよかったのに」とマタゾロ決定力の話になってしまうのは、 遅くまで起きていたのに勝てなかった悔しさもありそう。 李国秀(元ヴェルディ総監督)は 「日本とクロアチアには大人と子供ほどの力の差」があると手きびしいが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アグスティン・デルガド(エクアドル)

始まる前は全試合見るんだと張り切っていたW杯サッカーだが、 ライブの3試合が午後10時からだとそうもいかず、 おまけに日本代表の初戦敗退には少なからぬショックというか、 気力の減退を来たし、これまでに他国の試合は数試合しか見ていない。 そんな中昨夜のエクアドル対コスタリカの試合に あのデルガドのシュートが見られて幸いだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気持の空白を作るな

無口なサイドアタッカー駒野は 持ち前のスピードとボールコントロールで縦横無尽に走りまわり、 日本のデ・ニーロを世界に印象づけた。 加地が復帰しても出場機会は限りなく高いので、 残り二試合、ぜひ勝利に貢献してほしい。 その駒野からもらったボールを中村(俊)が ふわっとセンタリングすると、 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

開幕はエクアドルのイエロー・ブルー

サッカーW杯開幕第一戦は絶対に観ようとビールを飲みながら NHK総合の「W杯開幕直前!大特集「いざ・夢の舞台へ」を見ていたら、 あまりにも緊張感のない内容でそのままダウンしてしまった。 内容よりビールに負けた格好。 開幕セレモニーなど夢のまた夢。 目が覚めたらドイツ・コスタリカ戦が始まったばかり。 クローゼのシュート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more