テーマ:シネマノカンソウ

『ワイルド・スピード ICE BREAK』

カーアクションだけと思ったら、例のファミリーがゴチャゴチャになって悪に挑む陸海空戦。といっても戦争ではなく娯楽アクションで、さして心躍らせるシロモノではなかったが、ラストに(予告編でネタバレの)意外な?見せ場があるから何とか引っぱれたシロモノ。不景気の気晴らしまでは行かなかった。 巨大な金庫を引っ張り回す『ワイルド・スピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『おとなのけんか』

子供のケンカの和解のはずが、いつしか、言いたい放題の罵り合いになる二組の夫婦の会話が、日頃の不満のはけ口に発展するシリアス・コメディー。小道具の携帯とウイスキーの使い方が実に上手い。 『おとなのけんか』( 2011年 フランス・ドイツ・ポーランド・スペイン) 監督 ロマン・ポランスキー 出演者 ジョディ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『隠し剣 鬼の爪』

藤沢周平はかなりまとめて読んだ時期があったが、内容はほとんど忘れた。 この映画は藤沢周平の中でも少ない部類の剣豪ものであり興味つきないが藤沢周平というより山田洋次の時代劇のなかの一作品。 ほぼ『男はつらいよ』シリーズの監督としての印象が強すぎるが、『たそがれ清兵衛』『武士の一分』などこの分野でも大御所なのだ。たまたま「母べえ」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『母べえ』 共謀罪が強行採決された今こそ必見 シネマノカンソウ

吉永小百合は大女優だけどなぜか役柄にしっくりしないまま話に引き込まれていく。山田洋次監督の「戦争の悲惨」は空襲や戦闘シーンではなく、市井の人の惜別と怒りを真正面から描いて心打たれる。 浅野忠信が吉永の夫の教え子の立場で、話のつなぎ役として絶妙な立ち回りを演じ、志田未来と佐藤未来の姉妹役が役にはまっている。人の優しさに涙が出て仕方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サウルの息子』 ホロコーストの叫び シネマノカンソウ

ハンデイカメラが男に密着し、 ホロコーストのおぞましい様相を追う。 ガス室に送り込まれる人々の息づかい、 絞り出される声、 閉められた鉄扉を叩く こぶしの音、 飛び交う単語、 怒鳴り合い。 人間を大量に抹殺して行く収容所で、 ガス室に誘導し、 遺品や遺体を処理するのも 同じユダヤの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セッション』 叩いて競わせ絶対におだてない  シネマノカンソウ

叩いて競わせ絶対におだてない。ドラムスは正確なリズムが生命だが、それ以上にジャム・セッションを作り上げる魂のようなものが必要だ。 この映画ではトリオでもクインテットでもなく、全米一の音楽学校の授業だからのビッグバンド形式をとっている。 ジャズ・ドラムスのセッションには主奏者と副奏者を置き、副が2人になることもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』エマ・ストーンの異常に大きな瞳はどーだ!

とにかく"風刺と皮肉がきいた台詞が満載な映画です。外国だと劇場内で大笑いするところでしょうが、日本は静かに鑑賞するのがマナーとすり込まれているので"クックッ"と咬み殺すだけ。 マイケル・キートンはかつて映画バットマンで名を馳せた売れっ子だったが、今では売れない舞台俳優。薬物更生施設から帰った娘エマ・ストーンが付き人だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マリアンヌ』 マリオン・コティヤール あってのスパイ映画 シネマノカンソウ

たとえ敵側の諜報員であっても、好きになってしまったら007のスパイのようにカラッと割り切って対処する訳にはいかない。1942年、ナチスが暴虐を極めていた時代の暗いカサブランカとイギリスを舞台に、ファッションとクラシックカーが雰囲気をかき立てる。 ブラピとアンジェリーナ・ジョリーの『Mr.&Mrs. スミス』の様なアクションが売りで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『招かれざる客』 差別を乗り越えるもの シネマノカンソウ

肌の違いに寛容な家庭の娘が、有色人種の彼を連れて実家に帰り、結婚の許諾を求める。 彼の母親が彼女の父親に独白 「年を取るとなぜ男の人は忘れてしまうの?若い2人はお互いを必要としています。生きるのに空気が必要なように。 2人を見れば分かります。 でも、あなたも主人も目が見えないのかしら。問題ばかり見てるから、2人の気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『切腹』 モノクロ画面が美しくも悲しい傑作 シネマノカンソウ

関ヶ原後、主君を失い仕事がなくなった武士は、狭い庭を耕したり手内職で食いつなぐしかなかったが、食うに困った家庭を持ち侍の貧困は悲惨を極めた。 そこで現れたのが「切腹稼業」 玄関先に現れては「切腹のためお庭拝借」と申し出で、汚されたくない上屋敷側が金子を握らせて追い払うという稼業が流行った。 話は、傘張りをする父と身重の妻を持つ侍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スラムドッグ$ミリオネア』 スラムの残酷と美しい俯瞰図 シネマノカンソウ

2000万ルピーのテレビクイズ番組「クイズ・ミリオネラ」に挑戦し、みるみるうちに満額獲得に迫るスラム育ちの少年。 しかし、幸運が重なったからといって正解が続けられるはずがなく、警察に突き出される。 「インチキのカラクリは何だ?」 ここからスラムの残酷な実態と、生きざるを得ない子供たちの実態を、美しい俯瞰カメラがあばきだす。 赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブリッジ・オブ・スパイ』スパイは物なのか人格なのか シネマノカンソウ

国を背負ったスパイというのは、単なる物なのか人なのか、最先端の戦士なのか。捕虜になったスパイは、情報を沢山持っているから奪い返さなくてはならないが、相手側も、吐いてしまわない以上放免するはずがなく、八方塞がりの中で、駆け引きの仲介役に民間人が指名される。 ただ、一介の民間弁護士(トム・ハンクス)が、スパイ交換と同時に、民間の青年も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レヴェナント: 蘇えりし者』 這いずり回るディカプリオ シネマノカンソウ

ディカプリオが アカデミー主演男優賞を 初受賞したという先入観は 持たない方がいい 何しろディカプリオは 熊に襲われ満身創痍 苦悩の呻きをあげながら ただ寝転び這いずり回る だけなのだから しかし やがて分かる野獣の様な生命力 瀕死の重傷を負いながら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『紙の月』 シネマノカンソウ

世の中、一見いいことを装ってるが、みんな嘘なんじゃないか。 「偽物だから壊したって、壊れたっていい。そう思ったら体が軽くなって、なんでも出来る」公金横領の女性銀行員が吐露した叫びは、為政者達への皮肉にも聞こえる。こころの解放を迫る映画だ。 宮沢りえと小林聡美に、繊細な目の表情でこころの動きを表現させた、日本映画では珍しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 生きがいとは シネマノカンソウ

ほのぼのと嬉しくなる映画だ。 メガ宝くじで100万ドルが当たり歩いて取りに行く老いた父親。 100万ドルでトラックとコンプレッサーを買うという。細君はそんな金があったら老人ホームに入れると突っぱねる。 ただ生きがいを求めているのだろうと理解する次男(女に逃げられたAV機器店店長)が、同じ思いで父親をサポートしながらモンタナから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エゴン・シーレ』 シネマノカンソウ

彼は女体のモデルがなければ描けなかったのか。想像や妄想では創作出来なかったのか。そうは思えないが、モテ男のシーレに寄って来る女は引きも切らず、彼女らをモデルに描きまくったようだ。 若くして亡くなったシーレには膨大な素描が残ったが(彼は素描画家なのだ)残念なのは、画家の伝記映画なのに、絵を描くシーンがほとんどないこと。この手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シン・ゴジラ』 世相を揶揄した痛快な作品 シネマノカンソウ

「ゴジラ」はアメリカ版を含めて、いろいろ見てきたが、存在感といい怖さといい存分に楽しめる映画になっています。 それと共に、世相を揶揄した痛快な映画ということもできます。 やたらと会議を開きたがり、出世欲に凝り固まった政治家のいやらしさ。有識者会議という形だけのパフォーマンス。アメリカの属国にすがりつくくせに頼りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』したたかで反骨心旺盛な生き様  シネマノカンソウ

1950年代、ハリウッド映画華やかな頃、マッカーシー旋風という名の「赤狩り」が行われ、政府職員・マスコミ等、誰彼なく当局に呼び出され尋問の末、無理やり『赤』というレッテルを貼らされて生業から追放されていった。移民排斥の現代にもつながる集団ヒステリーの時代だ。 特に学者やハリウッドで映画作りを営む有名人がやり玉に挙げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ディファイアンス』 ダニエル・クレイグが好演

リーダーが目立てば反感を持つ者も現れる。兄弟は他人の始まり。死と対峙した逃避行では、腕力でしか解答がない場合もある。ツートップが激しくぶつかり合いながら集団脱出する反ナチ抵抗もの。 ダニエル・クレイグがナチに追われ、疲労と空腹に苦しむ難民と、当てのない逃避を続ける青年を好演。『007/慰めの報酬』よりはるかに印象的な役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『扉をたたく人』 涙を誘う音楽の力と移民の不条理

そっと人に寄り添う作り手の優しい眼差しが熱い。 つれあいを亡くした老教授リチャード・ジェンキンスは音楽が唯一の趣味で、過去に4人のピアノレッスンを受けていたが今の先生に「その年で楽器をマスターするのは無理です。ピアノを手放すなら私に譲ってください」と最後通告を受け、気が滅入るばかりだった。 そんな彼がNYの学会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エマ・ストーンの『ラ・ラ・ランド』 シネマノカンソウ

「昔そんな事もあったなあ」と懐かしさが蘇るエマ・ストーンのミュージカル。 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』での目ぢからの強い彼女に出会って以来、思い続けてきた女優さんだ。 このミュージカルでは、あの目ぢからに再会することは出来なかったが、役柄が違うから当たり前のこと。それだけ何でも縦横にこなせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『恋におちたシェイクスピア』

ロンドン1593年 劇中劇とパロディーを絡ませたシェイクスピア異聞。 この手の時代物ドタバタコメディーは苦手で、どうしても話に乗れないアレルギーがありますが、せめてヒロインに魅力があったらと思はない訳にはいきません。 グウィネス・パルトローはこの映画で第71回アカデミー賞主演女優賞をもらったわけですが、何しろタイプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ギルバート・ブレイク』

オレん家には、浜に打ち上げられた鯨が居て家から出られない」崩れ落ちそうな木造屋に生息する、哀れを誘う、絶望した母親と知恵遅れの弟(レオナルド・ディカプリオ)から離れられない5人家族の長男(ジョニー・デップ)。世の下層で息を潜めて暮らす人達は、重たい人生を抱え、身動きが取れない。 希望といえば辛い別れしかないのだろうか。終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マッドマックス2』愚かな人間の風刺映画 シネマノカンソウ

第3次?世界大戦で廃墟と化した砂漠で、なおも小競り合いを繰り返す愚かな人間共の荒んだ姿をお見せする実写劇画です。 最新版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)を見て、バカバカしいおふざけは、現代社会の風刺として受け入れられても、今ひとつ納得出来なかったので、1981年版を見たわけだが、 戦争でボロボロの廃墟になりながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて映画館で観た映画は 『フレンチ・カンカン』

初めて映画館で観た映画は、 家族8人で見に行った『フレンチ・カンカン』です。 ジャン・ルノワール監督、ジャン・ギャバン フランソワーズ・ アルヌール共演の ミュージカルですね。これがきっかけで ミュージカルファンになり フランソワーズ・ アルヌールに 入れ上げてしまい恋わずらいに陥りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランス組曲』 戦時中の悲恋 シノマノカンソウ

憎っくき相手と恋仲になるはずがない。まして民族浄化の思想に凝り固まったナチスドイツの軍人とパリ陥落のフランス人女性が。 しかし、人間は二面性があるから恋に善悪がある訳じゃない。敵味方の間柄なのに好きになってしまったからといって、他人がとやかく言ってもしかたがない。戦中の悲恋だ。 占領軍の中尉は総統の命令が絶対であり、村人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『怒り』 広瀬すずが体当りの好演 シノマノカンソウ

 絶望なのか安堵なのか判然としないシーンが幾度となく出て来る。人が悲しいときに笑うような、顔や動作では計れない複雑な生き物だからかもしれない。 『怒り』は人の内面からの表れだろうが、沖縄に押し付けられた米軍基地や、犯罪を犯しても、基地に逃げ込まれたら手も足も出ない悔しさが最後まで頭を離れない。 日米地位協定がテーマではないものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バーディ』 戦場で心に傷を負った若者は鳥になりたいと願った シノマノカンソウ

内戦が続く南スーダンで大量虐殺が起こることを憂慮した国連で、アメリカが提案した武器輸出を禁止する決議案に唯一反対するようだ。虐殺に加担することになってもいいのだろうか。 帰還兵が心に傷を負い、自死、アルコール・薬物依存等に至るケースが多いことは、今や周知の事実であり、映画『アメリカン・スナイパー』でも描かれていたが、自衛隊員も例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ディーパンの闘い』シノマノカンソウ

中東、アフリカ等、本来なら守られるはずの国民が、政府や反対勢力に痛めつけられ、あげくは外国の代理戦争の犠牲になって、安住の土地を追われさまよう現代の悲劇を訴えかける映像は、暗く冷めたい目で、出口のない日常を描いていく。 スリランカの内戦で妻子を亡くした35歳の男性と、親戚のいる英国を目指す24歳の女性、それに親を亡くした9歳の少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『この世界の片隅に』シノマノカンソウ

アニメはほとんど観ないので、たまたま観た、松たか子の「レット・イット・ゴー〜』の歌声(アナと雪の女王)にはまってしまって以来なのだが、 「のんの声が何とも言えずいい」との声を聞いていたし、キネマ旬報の第1位にもなったので、これは観なければならないとシネコンに足を運んだ訳だった。 しかし、画面の白っぽさに釈然としないものを感じたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more