テーマ:水泳

寺川綾が日本新で銅メダル

本命視されていたロンドン五輪ジャパンの男子100M平泳では惨敗。柔道軽量級も今ひとつ意気が上がらず、男子体操も目が覚めない中、アテネ五輪200M背泳8位の寺川綾が100M背泳決勝で底力を発揮し、選考レースに続いて、日本新記録で銅メダルを獲得した。 五輪で自己ベストをマーク出来る選手は文句なく称賛に値する。 「目指していた金メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のジムワーク

今日のジムワークは水泳500M、水中歩行1000Mだけです。 スポーツジムへ行くのは平均4回/週。 コンディショニングルームでは20分から60分のウォーキング(傾斜2度) 又は20分のエアロバイク(レベル5)。 走っていません。 マシンの筋トレはほどほどにし、 エアロビクスはひところの半分(2回/週)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう、やーめた!フェルプス

フェルプス側の気持ちも分かる気がします。 数々の世界記録を持っているマイケル・フェルプス(米)。 世界水泳のローマで 「この大会は出るが、水着の問題が決着するまで、 その後の国際大会のボイコットを検討している」 とコーチの話として伝えられています。(読売) 「選手が泳いでいるのだ、水着が泳いでいるのではない」 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニワトリからアメリカン・ミュージック・アウォード

ニワトリも鳴かない4時に目が覚め、 ラジオのスイッチを入れるとラジオ深夜便の“こころの時代”の途中。 掛け布団を引っ張り上げて二度寝していたらカラスに起こされました。 一応360日続けて来た乾布摩擦をして、スキムクリームも忘れず、 ついでに肩あたりにインドメタシンも塗って、すっきり目が覚めたところで ショボいキウイフルーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすらプルです

北京五輪前後から、 最新の競泳クロールがストレート・アームとI字ストロークだと聞かされて、 これを取り入れないことは無かろうと、 自分なりに、真っ直ぐ掻く泳法で泳いでいたら、 力を入れるわりには進まないようになってしまいました。 一掻きで底のタイル目がスーッと後ろに流れて行く 爽快感が無くなってしまったのです。 おそら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルプスのクロール

マイケル・フェルプス(米)はバタフライの選手なのだろうが、 松田丈志のようにクロールも一流で、個人メドレーの世界記録保持者でもある。 しかし彼のクロールはどうなんだろう。 トロッコが山のレールを走るように、ゴットン・ゴットンと不規則な上下動をする。 右の息継ぎを極端に短くして、右腕の入水が長い。 (ということは、左右のタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽快=北川麻美選手・200M個人メドレー決勝へ

競泳は最初の予選で敗退してもエントリーして入る種目に 再度出場する機会があるが、 北川麻美選手の場合は個人メドレーに平泳ぎにと 予選から露出度が高く、まさに出ずっぱりの感がする。 今日で7レース目。 それだけ上に進出しているからだが、 男子の松田丈志並み、いやそれ以上ではないのか。 又出るのかというのではなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北島康介のロケット推進・世界新で金メダル

北島康介が男子100メートル平泳ぎを 58秒91の世界新記録で制し、 日本2つ目の金メダルに輝いた。 予選で北島よりいい記録をマークしていたダークホース ダーレオーエン(ノルウェー)に勝つには、 相手が固くなって実力を出せなかった時以外にはないだろう と思われたが、そんなことはなかった。 相手、ダーレオーエンも堂々の5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタボ呼ばわりもあと1cm

1時には郊外のショッピングセンターでカミさんと会う約束だったので、 昼前の遅い時間にあるエアロビまでの約1時間を有効に使うため、 いつもとは逆の、プールから始めた。 平泳ぎと背泳をインターバルにしながらクロールを500メートル。 からすの行水で塩素を流す間もなくスタジオに駆け上がる。 45分のエアロビは楽しく、まだまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピード水着で日本新5連発

千葉すず・山本貴司ご夫妻にとっては 『なんだい、水着で日本記録を破ったのかよ』 という思いで、腑に落ちないことでしょう。 ジャパンオープンでイギリス・スピード社製の水着 「レーザーレーサー」着用の五輪代表5選手が日本新をマークし、 日本だけ遅れている感のするこの水着の優秀性が証明されました。 もうこれを着ずに五輪を泳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

よかった!柴田亜衣の五輪

よかった、安心した。 正直400M自由形決勝では得意種目じゃないとはいえ、 1位であっても4分10秒38と派遣標準(4分08秒43)にはるかに遠く、 五輪が急に遠のいた感じがして、 4日後の800M自由形決勝も怖いもの見たさに近かった。 腰痛は治っては居なかった。 個人差はあっても腰痛は一生付き合わなければならない友達だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中西・日本新記録で五輪出場決める

力の拮抗したいいレースだった。 残り10M。加藤・土肥についで3位の中西は 相当追い込んでは来たが 五輪でメダルを取ったのは200Mだから 100Mはこのまま3位かと思った。 ところが中西のラストは尋常ではなかった。 振幅の少ない上下動がとらえる推進力は あと5メートルで先行する二人に追い付き そのまま1位をもぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村礼子が短水路世界新

中村礼子(東京SC)が女子200M背泳ぎで短水路世界新をマークしました。 2分3秒24 (ナタリー・コーグリン 米 の記録を0秒38更新) (23日東京辰巳・競泳日本短水路選手権) 短水路ですが今季も好調ですね。 ライバルの伊藤華英(セントラルスポーツ)が筋トレも含めて、 さかんにスタートの練習をしていて、 「スター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背泳がマイブーム

プールに入ったら、クロールでしばらく流したあと背泳に切り替え、 あとは若干の平泳ぎ等を織り交ぜながら背泳ばっかり。 今背泳がマイブームです。 自己流です。いつかコーチに見てもらおう、 そして正しい泳ぎをマスターしなければと思ってはいますが、 レッスンに参加するのが億劫で勝手に自己流で泳いでいます。 しいていうなら、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きくー!アクアビクス

アクアビクスをやり始めた、今日で3回目。 週に1回、30分。 以前ミットアクアをやっていたがこれは三日坊主に終った。 スケジュールが合わないというのは言い訳で、 余りの辛さに音を上げたのが本音。 水中で運動する効果は認識しているつもりなので、 ミットを付けない簡単なアクアビクスに飛び付いた。 基…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トータルイ・マージョンでやってみた

しばらくエアロビにうつつをぬかしたいたら 熱くなった身体のクーリングダウンを兼ねて泳ぎたくなった。 勝手知ったるスイミングとはいっても甘い考えでは500Mも泳げない。 ジョギングもしていないのにいきなり長く泳げる訳がない。 でも今までの感覚で水を切って進むのは 一度やったことがある自転車と同じで、忘れること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中村礼子100M背泳ぎで自己ベストの連発

日本競泳界では中村礼子が抜きん出た力を発揮している。 先の世界水泳メルボルン大会から、自己ベストを4連発。 トップスイマーだから日本記録の連続更新にもつながり、 4月6日の日本選手権・女子100メートル背泳ぎで、 自己ベストを更新する、1分0秒29の日本記録で優勝した。 もともと中村は200を得意とし、100は不得手な種目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝もまたねぎ納豆が糸を引く

最近、水泳の書き込みがないので、へばって止めてしまったのだろう、 なんて思った方が居られるかもしれませんが、そんなことはありません。 週に5日程はジムに通い、 ウォーキングかラン、バイクで始動してからマシントレで二十日ねずみになり、 週に2回のエアロビクスと1回のマットサイエンスでモルモットをやっています。 ハイ、自慢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大きな中村礼子

新聞記事を見てアッと思った。 12月のドーハアジア大会で我が陸上競技は 金メダル5、銀メダル9、銅メダル13を獲得し、 それなりに収穫があったのだが、 水泳が大会の最初にあったからばかりでなく、 中村礼子の印象が未だに消えない。 100・200背泳で金メダル。 自己記録の更新。 この時期に自己ベストをものにし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

水泳してても風邪は引く

一年以上も風邪を引いてないと油断してたら もらってしまったようだ。 ロッカーの隣に来た久しぶり氏が 「上からも下からもやってしまってねえ」とバカ言ってたのは、 もしかしてノロウイルス?と疑ったまでは良かったが、 サウナから上がったらのどが痛い。 腹じゃなくてのどから来るのは何時ものパターンです。 引き出しの奥に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4時の方向へ滑って行く ミックス泳法

今ではチョウ・ジョンバンさんの 『ストリームラインからの二本のレールイメージ』と、 『TIのジッパースイッチ』 をミックスしたようなフォームになっていますが、 結構納得して泳いでいます。 浮いている楽しみを実感しながら、 プルやキックより、4時方向への入水で前方下へ滑って行く感じです。 そして隣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キモイですか

これからの永い人生に胸ふくらます女の子が 自ら生きる事を止める前に、 とつとつと悲しい遺書を書いていました。 「わたしキモイですか」 じりじりと孤独に追いやる過酷ないじめによって、 行き場のなくなった少女は、 心の叫びを書き綴っていたのです。 『トータル・イマージョン・スイミング』を始め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トータル・イマージョン・スイミング

トータル・イマージョン・スイミング『カンタン・クロール』DVDを購入しました。 一通り見ただけで、もう真似して泳いでいます。 ストリームラインとキャチアップ・クロールの『ゆっくり長く泳ぎたい!』 と基本的に同じなので、入りやすいし楽に進むのでハマッテしまいそうです。 ただ決定的に違うのは『入水法』と『小さい穴をく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

がんばらない

行けばやっぱり生き生きとしちゃって チョット疲れ気味だし筋トレなんかしないつもりだったのに ついついがんばって、ストレッチ、バイク、筋トレ、ダンベル、ステッパー なんてひと通りやってしまい、何となく満足してプールへ。 プールではゆっくり流すつもりだったのに ついついがんばって、キック、プル、イルカ、なんか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴田亜衣・400M自由形でニッコリ! 

アテネ五輪では 女子自由形(800M)で仰天の優勝をカッサラッタ亜衣ちゃん。 4月の日本選手権では、 泳ぎがギクシャクして全く生彩を欠き、見るに忍びない状態だったが、 住み着いたらなかなか出て行かない『腰痛』という居候は いなくなったのだろうかと心配していてが、 案外早く追い出しに成功したらしく、 19日のパン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中8日

巨人・上原でも中4日。 ローテーション投手としては アクシデントがあったとしか言いようがない登板間隔だが、 我が水泳は間隔が空いてもせいぜい中1日にしたいもの。 それが放浪に出たので中8日になってしまった。 放浪の始まりはひかりレールスターに乗ることから始まる。 乗ってしまえば瞬時にして“国さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫背で泳ぐ

ねこのことを個人として嫌いではないのですが、 キミに対してはひとこと言いたいことがあります。 庭の日陰で涼んだり、草を食ったり、 虫と戯れるのはいっこうかまわないのですが、 植えた球根を勝手にほじくり返して遊んだり、 芝生の上に気持ち良さそうに糞をして行かないでほしいのです。 だから遠慮気味に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミットアクア

クロールをゆっくり流した後、 先週のかんたんアクアに続きミットアクアに初挑戦。 足腰に負担をかけずに水中で行う筋トレのようなものと分かってはいても 冷かし同然。どんなものか好奇心に“なになに”を付けて参加してみた。 水中のエアロビクスといわれるアクアビクスを、 浮力のついた手袋をはめて行なうだけだが、 本当に真面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕かきのバランス

クロールを長く泳いでいると、 と言ってもせいぜい300メートルを過ぎた頃だが、 左右の腕かきが妙にギクシャクしてくることがある。 左右のバランスが崩れてくるといったほうがいい。 隣のコースでいい感じで流していたベテランに矯正法を聞いてみた。 『息継ぎが片方なので長く泳いでいると私だって同じよ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平泳ぎ

① 掻き手の広がりは肩幅まで。 ② 手は息継ぎのため。平泳ぎはほとんどキックで進むものと思え。 ③ 伸ばした手先は水面下に。(ビート板のときは先を沈める) ④ キックの足先は八の字。(かかと間は握りこぶし一つか二つ) ⑤ 戻す足は左右を付けて。 ⑥ 平泳ぎは水面下1メートルを泳ぐ。(十分潜る) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more