テーマ:野球

イケイケ!オリックス 8月 

竹原外野手 □8/30オリックス 6:2 西武 延長10回 平野佳2勝4敗22S 10回2死満塁で竹原が走者一掃の2塁打! □8/27オリックス 4:0 楽天 松葉7回2安打0封(4勝4敗) □8/22オリックス 5:1 ソフトバンク 比嘉4勝2敗 デホ20号 □8/17オリックス 8:1 ロッテ バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イケイケ!オリックス 7月 

□7/30オリックス 4:3 ソフトバンク マエストリ4勝2敗 6回バルの13号で勝ち越し 8回山本のタイムリーが効いた 岸田・佐藤達・平野佳と野手の好守備が光る □7/27オリックス 7:2 西武 森本2勝 3回坂口デホのタイムリーとバルの2ラン12号で5点 □7/25オリックス 6:4 日ハム 岸田3勝2敗 デホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イケイケ!オリックス 6月 

■6/30オリックス 1:2 楽天 平野佳1勝3敗16S (西7回4安1責)駿太1号 8.0差6位 ■6/29オリックス 0:2 楽天 井川2勝2敗(6回7安2責) 7.0差6位 ■6/28オリックス 3:2 楽天 比嘉2勝2敗 高橋信が代打逆転サヨナラ打 T-岡田左腿裏炎症から復帰 ■6/27オリックス 4:8ロッテ 八木1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イケイケ!オリックス 5月 

■5/31 オリックス 4:3 阪神 井川1勝(5回1/36安3責)平野佳1勝1敗12S デホ8号 6.5差5位 交流戦3位 ■5/29 オリックス 2:12 ヤクルト 松葉3勝1敗 ■5/28 オリックス 5:2 ヤクルト 比嘉1勝1敗平野佳1勝1敗11S バルディリス8号デホ7号 ■5/26 オリックス 5:5 巨人 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イケイケ!オリックス 開幕~4月 

          6差5位                    4/29 オリックス12:3 日ハム ディクソン3勝1敗(7回6安1責) デホ4、5号  4/28 オリックス 3:4 日ハム 西2勝1敗(7回9安4責) 4/27 オリックス 1:2 日ハム 金子2勝2敗(8回4安2責) 4/25 オリックス 3:9 楽天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試合相手と雑談禁止 プロ野球

プロ野球では、グラウンドで、 「相手選手と私語を交わすことの禁止」を徹底するそうです。 塁に出た選手と守備の選手は雑談出来ないことになりますね。 一塁ベース上などで何やら雑談している風景は、 何をいってるのか色々想像して、楽しみの一つでしたが、 大相撲の八百長問題もあり、 怪しいことはするな!と プロらしい姿勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お帰り 江藤智さん

江藤智選手が巨人に帰って来る。 最初にプロ野球に入団したのは広島カープだし、 一番長く在籍したのも広島カープだから、 帰って来るというのならカープなのだろうが、 私にとって近年、巨人に夢中だったのが清原・江藤のいた時代だし、 彼の打席に思い入れが大きかったから、 大きな声でお帰りと言ってやりたい。 今季限りで西武を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内川のプレーに鳥肌

内川聖一のプレーにゾッと鳥肌が立ちました。 5回、チュ・シンスのホームランで同点に追い付かれたあと、 痛烈なレフト左の打球をスライディングしバックハンドで捕球すると、 2塁へ矢のような送球を送り、バッターランナーを寸前に刺したからです。 この気迫あふれるプレーが、韓国の勢いを押し返す力を、 チームに蘇らせてくれました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後はイチローのタイムリー・日本がWBC2連覇

WBCの決勝戦は拮抗した好試合でした。 日本は苦手だった先発のポン・ジュングンを5回でKOする等、 圧倒的に打ち込みながらダメ押し点が入れられず、 9回にとうとう韓国に追い付かれてしまった。 韓国も強いなあ、と唸らされた緊迫した試合を、 最後の最後に決めたのは10回イチローの2点タイムリーでした。 当初はヒットが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを打崩し韓国と決勝へ

負ければ終りだし、ケガでリタイアしてペナントレースの前半を 棒に振らなくてはならなくなった主砲・村田の落胆も大きいだろうから、 どうしても勝って、また韓国と相まみえたいWBC準決勝のアメリカ戦。 打棒のアメリカには打ち負けるかもしれないという不安はありました。 先頭バッターにホームランを打たれたり、 お見合いの拙守も絡…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

代打ガッツ・キム・グァンヒョンから決勝打!

1点リードの7回、元気いっぱいのはずの田中が イ・ボムホにホームランを食い2:2の同点に追いつかれ、 嫌なムードになった8回の日本の攻撃。 青木バントヒットのあと、代打稲葉がライト前ヒットと続き 1・3塁のチャンスに出てきたのが代打・ガッツ小笠原。 これまでの試合で完封されてきたリリーフの キム・グァンヒョンにライト前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチローがライナーの3塁打

9回に、それまでのモヤモヤを吹き飛ばすようなイチローの快打が出ました。 1死後、低めのボールを叩いた打球は、 ライナーでセンターの頭上を抜けフェンスまで達し、 快足を飛ばしたイチローは一気に3塁に。3塁打です。 7回にも叩きつけた打球が1塁手の頭上を越え、 ライト前へ達するヒットを放っていましたから、5打数2安打。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イチローが打った

イチローが打った。 中国戦で無安打。安打製造機の彼が打てないと、応援する方も気がもめるし、 チームリーダーの一打が選手の士気に影響するのは当然でしょう。 五輪でコテンパンにやられた韓国の若き怪物キム・グァンヒョンの立ち上がりを 先頭打者のイチローが右前にクリーンヒットを放つと日本打線に火が付いた。 中島、青木の連打で先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待はやはりイチロー

待望のWBC第一戦、対中国は実力がかなり離れているので 一方的な日本の勝利に終わると思っていましたが そうは問屋がおろさなかった。 やる気になっている中国は着実に強くなっていました。 4:0で勝ったとはいってもヒット数は同じ5本。 投手力は日本とそん色ないとみました。 ところで、あの歓声はどうでしょう。 「イチロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう福留を使う意味がない

大リーグ・プレーオフ、ナリーグ・カブスの福留が 対ドジャース戦で4打数無安打3三振と振るわず 第1戦から8打席無安打です。チームも3:10で2連敗しました。 もう後がなくなったカブスのピネラ監督は 『もう福留を使う意味がない』とプンプンだそうで 今後先発起用はしないと息巻いているそうです。 「叱る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田沢投手・大リーグへ

150キロ台の速球派・田沢純一投手(22 新日石)の メジャー挑戦については、 何でもやってやろうの精神と、職業選択の自由の観点から大賛成です。 問題は、 1、社会人選手は一定の時期までプロとの交渉が禁じられているが     大リーグは想定外。 2、大リーグから見れば日本選手はフリーエージェント選手。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うそだろう、違うよこれは」 星野監督

メダルなしに終わった五輪野球の星野監督は 『うそだろう、違うよこれは』という感慨を持たれたようですが、 気持ちは同じです。 日本の野球は世界でもトップの実力があると思っています。 『10日間にトップに持って行ってやれなかった』 というのもけが人を抱えた中の苦労でしょう。 しかし、アジア予選を勝ち抜いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪ボケの状態ですが 

24日の閉会式以来、五輪ボケの状態ですが  屈辱のプロ野球選手たちは もう元気に活躍しているようです しばらくはプロ野球なんて見たくもない気持ちだったのに  昨夜は気になってテレビ中継を観てしまいました   彼等にとって五輪は臨時集合の俄かチームの試合であって 「あんなもんじゃない」という思いが強いのじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダルビッシュの決意

ダルビッシュ投手がオランダ戦の15日、丸刈りで球場入りした。 長髪が似合うおしゃれなやつ。 一見そんなことをする男には見えないが、 初戦のキューバ戦で4失点し5回KOされたのがよほど悔しかったのだろう。 彼も日本人だ。再起を期す表現はそうするしかなかったのだろう。 田中将大投手も付き合ったようだ。 日本のエース・ダルビッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上原投手も五輪代表

北京五輪代表メンバー24選手が発表され、 巨人の上原投手が選ばれた。 前日の中日戦で、1点リードの8回2死1、2塁に内海を救援したが、 復帰後の制球不足が解消しておらず、 四球と連続2塁打を喫し内海に敗戦を付けてしまった。 これを観て、上原の北京はない、 もし声がかかっても辞退しかないと思っていたが、 星野監督は1週間の合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どおー?ピング

オリンピックを目前にした中国では ドーピングで資格停止や永久追放が バッサバッサと行われている。 開催国の威信にかけても不正の印象は 一掃したいという意志が感じられる。 一方オリンピックと直接関係ないが、 高野連が疲労回復に効果があるとされる、 高圧酸素カプセルと携帯酸素カプセルの 使用を控えるべきだと通達した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーンサイド・エースはお前だ!(4)

注目のバーンサイド投手が東京ドームの対オリックス戦。 先発で勝ち投手となり3勝目(3勝1敗)をあげた。 しかも待望の6回までを投げ切り、 4安打6三振シャットアウトの快投を演じ 原監督に『どうだ!』と指6本! オリックスはコリンズ前監督が退団し大石代行になってから 足を絡めて快進撃を続けている。 その相手にバーンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーンサイド投手(3)先発初勝利!

当サイトのイチオシ選手・巨人のバーンサイド投手が初勝利です。 頼みの綱・グライシンガーまで崩れ、投壊の不安がある中。 かって、 星野ジャパンの中軸をキリキリ舞させた左腕がついに一軍登板。 交流戦、目下パリーグ2位の対日ハム戦で、 いきなり勝ち投手とは嬉しいじゃないですか。 先発5回0/3 20打数5安打 3三振 1四…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ビッグ・ボーイズと共に死す!コリンズ監督が辞任

オリックスのコリンズ監督が突然の辞任。 後任は大石大二郎ヘッドコーチが代行するらしい。 今季は大いに応援していた球団だったのに、 セパ交流戦に入ったばかりの早いこの時期の辞任に驚いている。 オリックスは21日現在首位と9、5ゲーム差の第5位。 今季はカブレラを獲得し、 ローズ、ラロッカとの「ビッグ・ボーイズ」打線が期待さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打者感謝デー 巨人12:11ロッテ

セパ交流戦が始まっても地上波の中継はなく、 衛星で楽天:中日があるだけ。 夕べはデ・ニーロの『タクシードライバー』を見て寝たので、 巨人戦の結果を知ったのは今朝になってからだ。 パリーグ最下位争いをするロッテ相手とはいえ、 鮮烈なデビューを飾った高卒ルーキー 唐川君に手もなくしてやられる予感がしてならなかった。 初物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8ゲーム差で交流戦入りするのか?

密かに応援しているOBの仁志に グーの音も出ないパンチを食らって二連敗した巨人。 15日はやっと当たりが出てきた 阿部の適時打で三連敗は免れたが、 空喜びで終わらないことを願う。 先発はグライシンガーだけ。 クローザー・クルーンもバタバタしていて ノーコンじゃ見ておれない。 打線も若手ががんばっているとはいえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本・プロ初アーチが満塁打

なかなか両眼が開かない試合でも結構いい守備を見せていた坂本が 5日の阪神戦で3打数2安打しやっと2割に乗せて来たと思ったら、 6日の阪神線ではプロ初アーチが満塁で飛び出し 4打数2安打4打点と打撃が爆発した。(.255) 巨人9:1阪神 勝・木佐貫(1勝) 敗・福原(1勝1敗) あっけないほど早撃ちだったけど積…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

西村健好リリーフ・巨人3発で初勝利

野球は攻守のリズムが大切だとよくいわれますが、 先発・金刀をリリーフした西村健が 6・7回をキッチリ3人ずつで処理したリズムの良さが、 開幕から獅子奮迅の活躍している高橋由の3ランを呼び、 亀井・小笠原の連続本塁打で逆転した誘因だ、 といっても過言ではない気がします。 最多登板投手の西村健が中継ぎ陣の柱であり続ける限り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5連敗早出特打ち原だのみ

先発山本昌が緊急降板したので『もらった!』と思たのもつかの間、 ピンチヒッターのチェンに軽くひねられて、球団ワースト記録の開幕5連敗。 しかも、2安打無得点! それでも6回4安打8振自責点2の内海は1勝に値する投球でした。 中日3:0巨人 勝 チェン(1勝) S 岩瀬(3S) 敗 内海(1敗) 監督が 『このメンバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開幕3連敗!目立つね、巨人

とうとう開幕3連敗!目立つね、巨人もヤクルトも。 巨人はリーグ優勝なんて当分小さな声でしか言えないし。 ヤクルトはラミレス・グライシンガーを取られた敵討ちとなればドラマだし・・ メディアは中継ぎ陣の責任のように言ってるが、 打てな過ぎるよ、タイムリーが! ケガで欠場した阿部の穴も大きい。 ここは一つ、小笠原・李・谷の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more