テーマ:移民

判決、ふたつの希望

非難し合った結果が戦争になってもいいのか。 「シャロンに叩きのめされていたらよかったんだ!」レバノンの男性がパレスチナ難民労働者を罵倒するところから始まる、レバノン出身のジアド・ドゥエイリが民族宗教対立の裏にある歴史や差別に踏み込みながら密度の高い人間ドラマを創った。 これは日本が取り組む移民政策(‪入管法改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more