テーマ:芸人

政治ネタはお笑いの神髄です

政治ネタはお笑いの神髄です。芸能人は政治的を発言しなくちゃ面白くない。チャップリンを見よ。コント・レオナルドなんかよかったなあ。— ezu (@ezukodeoyogu) 2018年12月20日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スリムクラブ」にあげたかった優勝 M-1グランプリ2010

M-1グランプリ2010の優勝1000万円は、 ベテランの「笑い飯」が獲ったけど、 出来からいって功労賞的匂いが強い。 というのも、 初出場「スリムクラブ」の葬式ネタ、「民主党ですか」が 超スローテンポのおかしみにあふれていたからだ。 敗者復活の「パンクブーブー」も面白かったが、 一発勝負の出来…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「いとうあさこ」にあげたかった R-1グランプリ2010

R-1グランプリ2010(ピン芸人日本一)は「あべこうじ」だったのですね。 録画していたのをやっと見ました。 こういうのは肩の力を抜いて笑って済ますものでしょうが、 正直いって低調な感じでした。 「あべこうじ」は絵をもてあそんだり、ダンスでごまかすのじゃなく、 しゃべくりだけで通す姿勢に好感がもてます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性漫才師の台頭を願う M-1グランプリ2009

今年のM-1グランプリは初めから終わりまでじっくり楽しませてもらった。 出場したのは勝ち抜いた8組と敗者復活した1組の計9組。 1、ナイツ            634点 2、南海キャンディーズ     607点 3、東京ダイナマイト      614点 4、ハリセンボン        595点 5、笑い飯     …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

掛け合い漫才『キングコング』

若手漫才師のコンテスト「M-1グランプリ」の頂点は、暑苦しい男のコンビ 『サンドウイッチマン』(伊達みきお・富沢たけし)に決まりました。 噛み合わない会話が不思議なおかし味になっていて滑稽をさそいます。 だけどオレ的には断然『キングコング』(西野・梶原)を押します。 スピーディーな展開は終始笑わせてくれるし、 掛け合い漫才…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more