テーマ:マラソン

清田真央2位 香川丸亀国際ハーフ

香川丸亀国際ハーフマラソン 〈女子〉 1.イロイス・ウェリングス(豪) 1:10:41 初ハーフ初優勝 2.清田真央(スズキ浜松AC) 1:10:59 3.水口侑子(デンソー) 1:11:03 4.牧川惠莉(スズキ浜松AC) 1:11:04 5.堀江美里(ノーリツ) 1:11:06 6.田中花歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門田浩樹が2位 別府大分毎日マラソン

別府大分毎日マラソンは、30キロからスパートしたエスティファノス(エリトリア)が独走して優勝。2位に門田浩樹(カネボウ)。3位は山本浩之(コニカミノルタ)でした。強風もなくコンディションはいいはずだったがタイムは平凡でした。 海岸通りの平坦コースは道路が整備され、迫る山々、広い遊歩道、手入れされた植え込み、海の眺望が素晴らしく、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重友梨佐 日本勢トップの3位 大阪国際女子マラソン

第34回大阪国際女子マラソン大会は 5キロで前に出たガメラを10キロで捉えた重友だが、 折り返しからガメラに先行を許しスピードダウン、 30キロで3位に落ちた。しかし3年前の2012年優勝(自己ベスト)の重友は、 そこから粘って日本勢トップの3位。 2時間26分39秒で締めくくった。 笑顔のゴールは自信がついた証拠でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーラ・ラドクリフ引退

女子ザトペックといわれるに相応しい 女子マラソンの世界記録保持者 ポーラ・ラドクリフ(41歳 英) http://266266-93.at.webry.info/200508/article_5.html が4月26日のロンドン・マラソンを最後にマラソンから引退するという。 03年のロンドン・マラソンで2時間15分25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内優輝V2 防府読売マラソン

45回防府読売マラソン(12/21 山口県防府市陸上競技場発着 42.195㎞)は、33キロ過ぎの植松跨線橋でウィリー・キボルの前に出た川内優輝が独走して2度目の優勝。大きな故障もなくトップを走り続ける川内選手の存在感が増すばかりです。何度か給水に失敗しましたが、感動のフィニッシュでした。 川内優輝選手優勝おめでとう! 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パトリック・マカウが優勝 福岡国際マラソン

第68回福岡国際マラソン(平和台陸上競技場発着42.195㎞)は、 2時間03分38秒の記録を持つパトリック・マカウ(ケニア)が、膝のケガから1年8ヶ月ぶりのレースを、落ち着いたレース運びで制したが、タイムは2時間08分22秒でイマイチだった。 藤原正和(ホンダ)が日本勢トップの4位。2時間09分06秒。 足立知弥(旭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡国際マラソン 出場選手

明日は68回目の福岡国際マラソンです。ワクワクします。 2時間3分台の選手も出場する中、 それ程のタイムにはならないという予想もあるようだが、 スタートして見なければ分かりません。 1 パトリック・マカウ ケニア 2 ラジ・アセファ エチオピア 3 ドミトロ・バラノフスキー ウクライナ 4 アイザク・マチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉国際女子マラソン?

田中智美の爆走で締めくくった横浜国際女子マラソンに代わる大会は、東京→横浜から一転して、内陸の埼玉県になりそうです。さて、どんなコースになるのでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中智美 初優勝 2時間26分57秒 横浜国際女子マラソン

第6回(最終回)横浜国際女子マラソン (山下公園発着 42.195km) 軽快に両拳を引き上げて走る田中智美(第1生命)が40.5キロからのフィレスとのマッチレースを制し初優勝しました。おめでとうございます! 日本の選手が、アフリカ勢をラスト100Mで振り切るシーンなんて、滅多に見られない大興奮です。 2時間22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜国際女子マラソンが終わる

横浜国際女子マラソンが11月16日の6回大会で終わるそうだ。 かつての東京国際女子マラソンの会場を移しての大会だったが、 東京での、ロサ・モタ、謝麗華、浅利純子、高橋尚子に胸踊らせ、 横浜の尾崎好美、木崎良子等懐かしいレースがいっぱいあった。 次の会場はどこになるのだろうか、それとも。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キプチョゲ 2時間4分11秒 シカゴマラソン

12日のシカゴ・マラソン 男子はエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間4分11 で優勝。 1、エリウド・キプチョゲ(ケニア)2時間04分11 2、サミー・キトワラ(ケニア)2時間04分28秒 3、ディクソン・チュンバ(ケニア)2時間04分32秒 10、小林光二(SUBARU) 2時間11分43秒 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キメット 世界新 2時間02分57秒 ベルリンマラソン

28日のベルリンマラソンに於いて、2013東京マラソン覇者のデニス・キメット(ケニア 30才)がついに3分台を破る2時間02分57秒の世界新記録で初優勝した。 手足がスラーット長いキメットは終盤からが早い。30~35キロを14分09秒で駆け抜ける。いつかは破られる世界記録とはいえ驚異的な記録だ。 従来の記録はウィルソン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野尻あずさ 初優勝 北海道マラソン

2014 北海道マラソン(8月31日 札幌・大通公園発着点42・195km)の勝者は 女子は 野尻あずさ(ヒラツカ・リース) 男子は 辻茂樹(大塚製薬) でした 記録はイマイチでしたね 女子 1、野尻あずさ(ヒラツカ・リース)2時間30分26秒 初優勝 2、森祥子(大塚製薬)2時間35分10秒 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中智美 初マラソン2時間26分05秒 5位

名古屋ウィメンズマラソン(ナゴヤドーム発着)は 長身180cm筋肉が美しい39才のM・コノワロワ(ロシア)が圧巻の優勝でした。 日本勢トップは木崎良子。 彼女にスプリントで敗れた早川英里(TOTO)共々見せたね。 期待の田中智美(第一生命)も初マラソン26分台はみごとでした。 〈トップの通過タイム〉 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐々木悟(旭化成) 自己ベストの2:09:47で2位

暑さを感じた第69回びわ湖毎日マラソン(大津市・皇子山陸上競技場発着) 佐々木悟(旭化成 2:11:28)が38過ぎ一旦遅れたが、終盤追い上げて 自己ベストの2時間9分47秒で日本勢トップの2位。 旭化成にとっては明るい話題ができた。 優勝はB・ウォルク(エチピア) 2時間09分10秒。 2時間7分台を狙っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松村康平 2:08:09 自己ベストで8位 東京マラソン

東京マラソン2014はアフリカ勢の激しいトップ争いの末、D・チュンバ(ケニア) が2時間05分42秒の大会新記録で優勝。 日本勢では松村康平(三菱重工長崎) が2時間08粉09秒の好記録で8位。会心のレースだったでしょう。小林光二(SUBARU) も8分台で9位。 期待の初マラソンマラソン宮脇千博は11分台と健闘。藤原 新(ミキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今井正人が自己ベストで2位 別大マラソン

霧の別府大分毎日マラソンは34キロ前にロングスパートしたアブラハム・キプリモ(ウガンダ)が初マラソンの初優勝。 今井正人(トヨタ自動車九州)は自己ベストで2位。優勝候補の一角、前田和浩(九電工)は24キロ過ぎに遅れて11位(2:14:28) 第63回別府大分毎日マラソン(大分市高崎山・うみたまご前発、別府市亀川バイパス折り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田彩里 2:26:46 初マラソン4位 大阪国際女子マラソン

33回大阪国際女子マラソン(長居陸上競技場発着 42.195㎞) ラストランと言っていた赤羽有紀子(ホクレン)が日本勢トップの2位と健闘 。再三トップを切るファイトは見事でした。 初マラソンの前田 彩里(佛教大)が2時間26分46秒で4位。新星の誕生です。次のレースでこの自己記録を破って欲しい。 1.タチアナ・ガメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽 1時間9分24秒 山陽女子ロードハーフ

1月26日の大阪国際女子マラソンが引退レースとなる赤羽由紀子選手(ホクレン)が23日の 山陽女子ロードレース(岡山カンコースタジアム発着ハーフマラソン)で1時間9分24秒の2位。15日の全日本実業団女子駅伝で快走したばかりだが9秒台の好記録でした。(優勝はセリー・チェピエゴ 九電工)ラストランも期待していいようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内優輝 2位 防府読売マラソン

44回防府読売マラソン(12/15 山口・防府市陸上競技場発着42.195キロ) 川内優輝は2時間9分15秒の2位だったが、同じ月に2度のサブテン達成。 1.セルオド・バトオチル(モンゴル) 2:09:00 3度目の優勝 2.川内優輝(埼玉県庁) 2:09:15 (前回優勝) 3.荻野浩平(富士通) 3:13:1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内優輝 2時間09分05秒の3位 福岡国際マラソン

67回福岡国際マラソン(平和台陸上競技場発着42.195キロ) 川内優輝がペースメーカーが外れた中間地点からスパートしたが、ケニア勢に抜かれ3位。日本勢トップは評価されるが、タイムがイマイチだったな。日本の一流選手は条件が良ければ7分台は出せるというところを示して欲しかった。 1.マーティン・マサシ(ケニア・スズキ浜松AC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野尻2位 横浜国際女子マラソン

第5回横浜国際女子マラソン (山下公園前~横浜市内~山下公園内 42.195キロ) 20キロでペースメーカーが外れてから、後ろから上がってきた野尻と那須川とのマッチレースかと思われたが、はるか後方から追い上げてきたマヨロワが26キロ過ぎから二人を次々と抜き去り、逞しい走りで初優勝。日本勢トップの野尻選手に来年のインチョンアジア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また3分台 デニス・キメット優勝 シカゴマラソン

13日のシカゴ・マラソンは、男子は今春の東京マラソンを制したデニス・キメット(ケニア)が歴代3位の2時間3分45秒の大会新記録で優勝。2位のエマニュエル・ムタイ(ケニア)も2時間3分52秒。男子マラソンはもう3分台でなければ話にならない時代になってしまったようです。  日本勢は佐野広明(ホンダ)が2時間10分29秒で7位、尾田賢典…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内・野口ら世界選手権代表に

世界選手権(8月・モスクワ)のマラソンと競歩の代表選手が決まりました。 女子マラソンは5枠あったのですが3選手に絞られました。入賞レベルでないと選ばれないそうです。 <女子マラソン> 木崎良子(ダイハツ) 野口みずき(シスメックス) 福士加代子(ワコール) <男子マラソン> 川内優輝(埼玉県庁) 中本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽有紀子 代表に届かず3位 ロンドン・マラソン 

ロンドン・マラソン(4/21)は世界選手権代表選考の最後のレースで、 大勢の日本女子選手が挑みましたが、 赤羽有紀子(ホクレン)が日本勢トップの3位。 2時間24分43秒でまたも24分を切ることが出来ず すぐそこにある代表入りを逃してしまいました。 悲運のランナーですね。 女子の優勝はプリスカ・ジュプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野マラソン 川内優輝が初優勝

雪の長野で行われた長野マラソンは0.4℃まで下がった悪天候でしたが、 連戦の川内優輝(埼玉県庁)が2時間14分27秒で初優勝。 日本人としても初めての優勝だったようです。 「最高のコンディション」とコメント。 暑いのよりガチガチに寒いほうが好きなようですね。ほんとかな。 女子はナタリア・プチコワ(ロシア)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストン・マラソン 女子はリタ・ジェプトゥーが優勝

ボストン・マラソン(4/15 ボストン片道コース)結果 <女子> ■ リタ・ジェプトゥー(ケニア) 2時間26分25秒 7年ぶり2回目の優勝 矢野由佳(キャノンAC九州)16位 <男子> ■ レリサ・デシサ(エチオピア) 2時間10分22秒 初優勝 谷川智浩(コニカミノルタ)13位  <車いす男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more