テーマ:ナチス

『ジョジョ・ラビット』 靴ひもを結んでやる温かみ

ヨーロッパ征服を目指すナチスドイツにとって ユダヤ人排斥・大ドイツ主義は国是であり 国家に洗脳された少年の憧れがヒトラー・ユーゲントなのもまた当然な時代に 10歳のジョジョが懸命にグループに馴染もうとする姿を 抵抗運動に身を潜める母親だって否定できないのは あの戦争で軍国少年を見る隣組の呪縛に縛られた日本の母親と同じ悲劇だ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマノカンソウ『イングロリアス・バスターズ』

会話のひとつひとつにサスペンスのある、娯楽映画としては今年一番の映画だ。 地下の密室バーで虚虚実実のやりとりが交わされる 凍るような場面が象徴的だ。 憎しみの報復は今も世界の各地で繰り返されている。 「ミュンヘン」でスピルバーグが執念深い報復を描いていたが、 残虐な行為には更に残虐な行為で報いたいのは人間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more