テーマ:監督

『あん』 河瀬直美監督のこと

河瀬さんとは新宿テアトル『2つ目の窓』でのトークイベント以来だ。国際人の雰囲気というか、スラリとした和服姿で登場し、ひたすら常田富士男じいのユニークなコメントを引き出そうと腐心する様が、お姉さん感を醸し出していて、打ち寄せる大波の映画シーンと共に印象に残っている。 今回は桜だった。東村山あたりの西武沿線だろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国語映画賞にパヴェウ・パヴリコフスキの『イーダ』 アカデミー賞

 第87回アカデミー賞(現地時間22日)の作品賞は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が受賞しました。 本名視されていた「6才の僕が、大人になるまで」はパトリシア・アークエットの助演女優賞にとどまったがまあいいでしょう。外国語映画賞の「イーダ」は胸が震えるようないい映画ですね。 〈作品賞〉 「バードマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマノカンソウ『複製された男』

去年のマイ・ベスト映画『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品なら見ないわけにはいかないしでしょう。 アナ・ピーターバーグ 監督のアルゼンチン・スペイン・ドイツ合作映画『偽りの人生』という映画も、兄になり変わったそっくり男のミステリーだったが、どうも女は、瓜二つの偽物を"あやしい"と嗅ぎつける能力があるようで、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマノカンソウ 『十三人の刺客』

残虐非情な暴君であっても、お上に仕えるのが武士の本分とし、 反逆者を壊滅しようとする300勢を、 陰湿な暴虐に、もう勘弁出来ないと立ち上がった13人が、 参勤交代の道中で迎え撃つ皆殺しの死闘が見せ場のチャンバラ劇だが、 藩主のにっくきマゾヒストぶりを見せつけた前半が、 稲垣吾郎の役どころと相まって恐ろしく秀逸だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more