村山紘太 自己ベスト 13分19秒62 5千M GG

延岡市であったゴールデンゲームズin延岡の男子5000M決勝で、今春地元旭化成入りした、

村山紘太が13分19秒62の自己ベストで2位。

村山謙太は男子10000M決勝で27分39秒95で優勝。

共に8月の北京世界陸上の参加標準記録を突破した。

参考 日本記録は

50000M 13分13秒20 松宮隆行

10000M 27分35秒09 高岡寿成

陸上男子4×100 銅メダル 世界リレー

世界リレー大会(5/2バハマ)の男子4×100Mで日本の4人<大瀬戸一馬(法政大)、藤光謙司(ゼンリン)、桐生祥秀(東洋大)、谷口耕太郎(中央大)>が銅メダル。リオ五輪出場権も獲得した。日本のアンダーハンドパスの高い技術も評価されているようです。おめでとうございます。

1.アメリカ 37秒38

2.ジャマイカ 37秒68

3.日本 38秒20

参考

日本記録は38秒03 (塚原直貴 末續慎吾 高平慎士 朝原宣治)

沼田未知 1万M優勝 兵庫リレーカーニバル

兵庫リレーカーニバル(日本グランプリシリーズ第3戦)

女子

飯野摩耶(東農大) 1500M 4分17秒67

沼田未知(豊田自動織機) 10000M 32分25秒08

高見沢安珠(松山大) 3000M障害 10分09秒74

平加有梨奈(北海道ハイテクAC) 走り幅跳び 6M19

中田恵梨子(四国大教職員ク) 円盤投げ 50M78

男子

ロナルド・ケモイ(小森コーポレーション) 1500M 3分37秒94 大会新

ウイリアム・マレル(ホンダ) 10000M 27分42秒99

篠藤淳(山陽特殊製鋼) 3000M障害 8分46秒11

嶺村鴻汰(モンテローザ) 走り幅跳び 8M08 (追い風参考)

堤雄司(群馬綜合ガードシステム) 円盤投げ 56M23







キプチョゲ世界記録保持者激突レースを制す 2時間04分42秒 ロンドンマラソン





4月26日の第35回ロンドン・マラソン男子の部は

1.エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2時間04分42秒 初優勝

2.ウィルソン・キプサング(ケニア) 2時間04分47秒 (前世界記録保持者)

3.デニス・キメット(ケニア) 2時間5分50秒 (現世界記録保持者2:02:57)

女子の部はティギスト・トウファ(エチオピア)が2時間23分22秒で初優勝した。




桐生祥秀10秒40 2位 男子100M 織田記念

昨夜確認した天気予報は曇り時々雨だったが、今朝には昼から雨に変わっていたので、年初めから楽しみにしていた広島・エディオンスタジアムの織田記念陸上観戦はあきらめた。傘をさしたり、かっぱを着ての観戦は嫌だから、テレビ観戦に切り替えた。

桐生祥秀の100M決勝は雨の中、10秒40の平凡な記録に終った。明るく振舞ってはいても、9秒台の日本新記録は相当なプレッシャーだろうし、今大会は4レースをしっかり走ることが一つの目標だとすると、調整の一環だと見れないこともない。気長に待ちましょうよ。

49回織田記念陸上 2日目(エディオンスタジアム広島)


● 女子100M決勝(-0.2M)

1.メリッサ・ブリーン(豪) 11秒47
2.渡辺真弓(東邦銀行) 11秒74
3.土井杏南(大東文化大) 11秒74

(福島千里は200Mで足の痙攣があり棄権)

● 男子100M決勝(-0.2M)

1.ケンブリッジ飛鳥(日体大) 10秒37
2.塚原直貴(富士通) 10秒40
2.桐生祥秀(東洋大) 10秒40

(高瀬慧は棄権、山縣亮太は腰痛で不参加)

● 男子やり投げ決勝

1.黄 士峰(台湾) 80M71
2.村上幸史(スズキ浜松AC) 76M97
3.鄭 兆村(台湾) 76M50

(新井涼平 は腰痛棄権)


藤光謙司 大会新 男子200M 織田記念

49回織田記念陸上 1日目(エディオンスタジアム広島)

● 男子200M決勝(+1.5M)

1.藤光謙司(ゼンリン) 20秒43 大会新
2.橋元晃志(早稲田) 20秒71
3.桐生祥秀(東洋大) 20秒80

(高瀬慧 途中棄権)

● 女子200M決勝(+1.7M)

1.福島千里(北海道ハイテクAC) 23秒54
2.市川華菜(ミズノ) 24秒01
3.土井杏南(大東文化大) 24秒02

● 女子やり投げ決勝

1.海老原有希(スズキ浜松AC) 58M78
2.山内 愛(大阪成蹊大) 56M94
3.宮下梨沙(大体大TC) 56M37

桐生祥秀 9秒87 追い風参考

桐生祥秀(東洋大)が28日、テキサスの記録会・男子100Mで、3.3Mの追い風参考ながら、9秒87の好記録で優勝した。9秒ランナー4人を制したことも大きい。

去年の夏から100Mを走っていない桐生祥秀。画像で見ると筋肉が付いて幾分ふっくらとした印象。4月19日(日)の織田記念陸上で、どんな走りを見せてくれるか、楽しみだ。

鈴木雄介 世界新記録おめでとうございます!20キロ競歩

石川県の全日本競歩能美大会20キロ競歩において、

鈴木雄介(富士通)が1時間16分36秒の世界新記録で優勝した。従来の記録はヨアン・ディニ(仏)の1時間17分02秒。

次から次へと新記録が出る競歩だが、陸上では日本人選手がもっともメダルを取れると期待されている種目。

残念ながら世界のビッグ大会では表彰台に上がっていないので、8月の北京世界選手権(8/22-8/30)、来年のリオ五輪(8/5-8/21)では、ぜひプレッシャーを跳ね除けて、メダルを取って欲しい。

鈴木雄介、世界新記録おめでとうございます!





北京世界陸上マラソン代表決まる

北京世界陸上(8/22日開幕)のマラソン代表選手が決まりました。8位以内で日本勢トップなら2016リオ五輪の代表に内定するそうです。

横浜国際優勝の田中智美(第一生命)が選ばれず、大阪3位の重友梨佐が選ばれた件について、異論があった様ですが、2時間22分30秒の設定基準を突破できなかったのでタイムが優先されたようです。選考レースでの順位は関係せず、日本勢トップでも記録が悪ければ代表になれないということですね。 選手に求められるもの「まず勝つこと」というのはどうなるのだろう、と考えました。

女子は前田彩里(ダイハツ 初) 伊藤舞(大塚製薬) 重友梨佐(天満屋 初)
男子は今井正人(トヨタ自動車九州 初) 前田和浩(九電工) 藤原正和(Honda)

前田彩里 2時間22分48秒 3位 名古屋ウィメンズマラソン

画像

啓蟄が過ぎたというのに体は目覚めてくれず、暮れからのインフルエンザが完治したと思ったら、体調を整えるはずの健康ランドでまさかのぎっくり腰に見舞われてノックダウン。市民マラソンにエントリーしてなかった幸運を複雑な思いで味わっています。

さて、市民マラソンがセットだとやはり午前中のスタート。晴れてよかった。東京マラソンと同じだがこちらは女性天国。本命の木崎良子さんも腰や足が痛く出場を取りやめた。勢い名古屋ウィメンズの注目は同郷・熊本出身で今最も乗っている前田彩里さんただ一人となったが、自己ベストの2時間22分48秒の好記録で3位。(従来のPB 2:26:46)世界陸上代表権をつかんでくれました。
15キロの給水ポイントで転倒したが意に介さない。35キロ過ぎてもピッチが落ちずあごが上がらない前田彩里にマラソンランナーの天性を感じました。今季マラソンレースで初めてワクワクさせてもらいました。

1.E・キルワ(バーレーン) 2: 22:08 大会新 初優勝
2.M・コノワロワ(ロシア) 2:22:27
3.前田彩里(ダイハツ) 2:22:48 PB
4.伊藤 舞(大塚製薬) 2:24:42 PB

〈名古屋ウィメンズマラソン〉
名古屋ドーム発着 ペースメーカー有り
(8:30 晴れ 11.0℃ 78% 北東の風0.6M)

前田和浩 2時間11分46秒で4位 びわ湖毎日マラソン

雨のびわ湖を制したのはケニアのS・ドゥング(2度目の優勝)。30キロからのスパートに付いて行ける選手はいなかった。
日本勢では前田和浩(九電工) が2位争いに負けて2時間11分46秒で4位だった。佐々木悟(旭化成)は9位。宇賀地強(コニカミノルタ)は26位だった。寒さの為、思うように動けなかった選手が多かったようだ。

第70回びわ湖毎日マラソン

(皇子山陸上競技場発着 42.195km)

1.S・ドゥング(ケニア) 2:09:08 V2

2.D・メウッチ(イタリア) 2:11:10

3.S・バットオチル(NTNモンゴル) 2:11:18

4.前田和浩(九電工) 2:11:46

5.野口拓也( コニカミノルタ) 2:12:29 初マラソン

(12:00 雨 9.0℃ 86% 北北東の風2.4M)

PTSD狙撃兵 『アメリカン・スナイパー』 シネマノカンソウ

画像

ジャン=ジャック・アノー監督の「スターリングラード」やニキータ・ミハルコフ監督の「遥かなる勝利へ」などでも狙撃手が克明に描かれているが、狙撃手同士の対決が一つのテーマような映画はおそらく初めてではないか。

荒廃した中東イラクで戦う緊迫した市街戦が、リアルな音響と視点で描かれると共に、戦争に翻弄される家族や帰還兵の苦しみを赤裸々にした秀作。

カウボーイから海軍に志願したのは「まともな生き方がしたい」ためと貧困。しごきと戦地の体験を通じて才能を開花させ、イラクに4回派遣されて160人以上殺した"凄腕スナイパー"は「国の為」「亡くなった同僚の敵討ち」「奴らが悪い」と自己弁護するが、復員後は次第に精神を蝕まれてゆく。

現時点で米帰還兵の1/4はPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみ、毎日22人が自殺していると聞く。(未遂は年間18000件)

911ツインタワー後、アフガン戦線の後方支援に派遣されたドイツ帰還兵の55人がPTSDで自殺している。
戦争物は娯楽としては面白い。しかし、この映画の底に流れているのは、カッコ良さではなく、戦争をさせられる兵士の苦しみと家族の悲劇だ。

『アメリカン・スナイパー』(2014年米)

監督: クリント・イーストウッド

出演:ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー ルーク・グライムス ジェイク・マクドーマン カイル・ガルナー

☆☆☆☆ 80点



外国語映画賞にパヴェウ・パヴリコフスキの『イーダ』 アカデミー賞

 第87回アカデミー賞(現地時間22日)の作品賞は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が受賞しました。

本名視されていた「6才の僕が、大人になるまで」はパトリシア・アークエットの助演女優賞にとどまったがまあいいでしょう。外国語映画賞の「イーダ」は胸が震えるようないい映画ですね。

〈作品賞〉

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ, ジョン・レシャー, ジェームズ・W・スコッチドープル

〈主演女優賞〉

ジュリアン・ムーア

「アリスのままで」

〈主演男優賞〉

エディ・レッドメイン

「博士と彼女のセオリー」

〈監督賞〉

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

〈外国語映画賞〉

「イーダ」

パヴェウ・パヴリコフスキ

〈助演女優賞〉

パトリア・アークエット

「6才のボクが、大人になるまで。」

〈助演男優賞〉

J・K・シモンズ

「セッション」



吉木愛海 ジュニア女子4キロ優勝 福岡クロカン

第29回福岡国際クロスカントリー大会
(2月21日 国営海の中道海浜公園) 

ジュニア女子4キロは中村女子高の吉木愛海が13分55秒で優勝。

男子は西脇工業髙の西村陽貴が12分29秒で優勝。

このベスト5の中から日本代表が生まれることを信じたいと思います。

トレーニングに励んで下さい。

〈ジュニア女子〉

1.吉木愛海(中村女子高)13:55
2.川路芽生(樟南髙) 13:57
3.佐藤みな実(順天髙) 13:59
4.秋山あみる(須磨学園高) 14:09
5.渡邊桃子(大阪薫英女学院髙) 14:14

〈ジュニア男子〉

1.西村陽貴(西脇工業髙) 12:29
2.堀内弘輝(世羅高) 12:31
3.流田直希(世羅高) 12:36
4.上土井雅大(純真髙) 12:37
5.岩原智昭(仙台育英学園髙) 12:41



鷲見梓沙 ジュニア6キロV 福岡国際クロカン

福岡国際クロスカントリー(2月21日 国営海の中道海浜公園)

ジュニア・アスリートたちの接戦ぶりを見てください。

すぐそこに見える未来が限りなく楽しみです。

ジュニア女子6キロ

1.鷲見梓沙(豊川高) 19:50
2.島田美穂(山梨学院大附高) 19:54
3.倉岡奈々(鹿児島女子高) 20:04
4.野添佑莉(神村学園校) 20:05
5.猿見田裕香(豊川高)20:08

ジュニア男子8キロ

1.坂口裕之(諫早高) 24:12
2.松尾淳之介(秋田工業高) 24:12
3.鬼塚翔太(大牟田高) 24:14
4.難波皓平(専修大松戸高) 24:14
5.湊谷春紀(秋田工業高) 24:14

今井正人 自己新の7分台 東京マラソン

東京マラソン

(東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサイト 42.195キロ)

東京は曇り時々雨のマラソンには好条件。
30キロ過ぎからのアフリカ勢のペースアップに、佐藤悠基、佐野広明は付いて行けなかったが、今井正人が躍動して追走、自己新の2時間7分39秒で日本勢のトップ(7位)は収穫でした。
7分台は今季日本最高。現時点の頂点に立ちました。

優勝は35キロからの5キロを14分36秒で走り切った26才のE・ネゲセ(エチオピア)
佐藤悠基は 2時間14分15秒の自己新だったが20位。
松村康平は 2時間16分08秒で25位でした。

女子は21才の・E・ネゲセ(エチオピア) が優勝。
日本勢では扇まどか(十八銀行) が2時間30分25秒で7位でした。

〈男子〉

1.E・ネゲセ(エチオピア) 2:06:00 初優勝

2.S・キプロティチ(ウガンダ) 2:06:33

3.D・チュンバ(ケニア) 2:06:34

7.今井正人(トヨタ自動車九州) 2:07:39 PB

9.佐野広明(Honda) 2:09:12 PB

〈トップの通過タイム〉

10キロ 29:54
20キロ 59:51
30キロ 1:29:50
40キロ 1:59:21


〈女子〉

1.B・ディババ(エチオピア) 2:23:15 初優勝

2.H・キペロプ(ケニア) 2:24:03

3.T・ゲラナ(エチオピア) 2:24:26

7.扇まどか(十八銀行) 2:30:25

(9:00 曇り5.0℃ 77% 東の風1.5M)


ミルカ・シンはなぜ振り返ったのか シネマノカンソウ『ミルカ』

画像

"さすがにスポーツものでは歌や踊りはやらないよね"と決め込むのは早い。マラソン等は映画のネタになる陸上競技だが、無酸素運動の極致と言える45秒間に全力を注ぐ400メートルでも、派手に歌って踊る国民性にはあっけにとられるばかり。しかもスインギーなデキシーランドジャズが一杯詰まっており、芯から乗せられてしまった。

長い印パ紛争による虐殺の歴史は、陸上競技にも深く影を落とし、国家は選手を国威発揚の具にしようとするが、選手には家族を虐殺され、飢えに苦しんだ悲しみの歴史があり、そんな次元の違う勘違いには怒りを感じる。

幼い頃の、気が狂いそうになるほどのショッキングな恐怖体験が彼を走らせたのではないが、栄光の向こうには親兄弟への恋慕が秘められていたのだ。

ちなみに陸上400メートルの日本記録は高野進さんの44秒78で24年間破られていない。

『ミルカ』(2013 インド)

監督:ラケーシオームプラカーシュ・メーラ

出演:ファルハーン・アクタル ソナム・カプール ディビヤ・ダッタ

☆☆☆★ 70点


菊地賢人が連続ハーフ日本勢トップ 実業団ハーフ

■全日本実業団山口ハーフマラソン

(山口県維新百年記念公園競技場発着)

女子は沼田未知(豊田自動織機) が自己ベストで優勝。

男子は菊地賢人(コニカミノルタ)が丸亀ハーフに続き日本勢トップ(3位)。

〈女子〉

1.沼田未知(豊田自動織機) 1:09:27 PB

2.伊藤 舞(大塚製薬) 1:09:57

3.岩出玲亜(ノーリツ) 1:10:13

4.加藤 岬(九電工) 1:10:43

5.山崎里菜(パナソニック) 1:10:57

6.渋井陽子(三井住友海上) 1:11:00

7.矢野由佳(キャノンアスリートクラブ九州) 1:11:11

8.土井友里永(スターツ) 1:11:28

9.高山琴海(シスメックス) 1:11:48

10.井上 藍(ノーリツ) 1:11:53

〈男子〉

1.チャールズ・ディランゴ(JFEスチール) 1:00:18

2.マチャリア・ディラング(愛知製鋼) 1:00:30

3.菊地賢人(コニカミノルタ) 1:00:32

4.ワンジュキ・ジャコブ(愛知製鋼) 1:01:05

5.設楽啓太(コニカミノルタ) 1:01:12

6.服部翔大(Honda) 1:01:25

7.ジョハナ・マイナ(富士通) 1:01:29

8.藤本拓(トヨタ自動車) 1:01:31

9.大須田優二(マツダ) 1:01:40

10.松本賢太(トヨタ自動車) 1:01:55

(10:00 晴れ 6.0℃ 70% 東北東の風0.2M)

シネマノカンソウ 『あと1センチの恋』 

画像

濃い眉、 わざとらしい唇、魅惑的な女優さんであるリリー・コリンズ(Lily Jane Collins 1989年3月18日生 25歳)

時代による変化や、欧米人との差もあるけだろうが、本当に好きな人には指一本触れられない。傷つけてはいけないという不要な気配りが、すれ違いになってしまうものだ。この場合は、幼なじみという異性としての思いになりにくい環境もあっただろう。しかし互いに家庭がある状況で、よくメールのやり取りをしたり、手紙を書きあったり出来るな、と違和感も感じる。国民性なのだろう。 とはいえ、なかなか面白い映画だった。

.『あと1センチの恋』

(2014年英)

監督:クリスティアン・ディッター

出演:リリー・コリンズ  サム・クラフリン

☆☆☆★  70点



シネマノカンソウ 『ゴーン・ガール』 

画像

一般公開から、かなり経過した映画だが、館内は9割方埋まっていた。見る機会が減ってしまったラストチャンスに遠方から来た人も多いのではないかと推測するが、何といってもフィンチャー監督作品の吸引力だろう。ブラピの「セブン」を思い出すような展開の早さと、ゾクっとするような画像の鮮やかさ。人間の怨念のような怖さが後を引く。

見終わって「結婚は怖い」と思った人も多いことだろうと。これじゃ夫婦のだまし合い。互いに引かれ合って一緒になったたからといって所詮他人同士。内に抱えた悪は表からはなかなか分からない。アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督、シモーヌ・シニョレ主演の「悪魔のような女」も怖かったが、己の危機に対処して行く女性のしたたかさに舌を巻く。

「ゴーン・ガール」

(2014年 米)

監督: デヴィッド・フィンチャー

出演:ベン・アフレック ロザムンド・パイク ニール・パトリック・ ハリス キム・ディケンズ

☆☆☆☆  80点

シネマノカンソウ 『ジミー、野を駆ける伝説 』

画像


「貴方は愛より憎悪が大きい」
アイルランド内戦で一度は国を追われた青年が、母親との静かな生活を夢見て世界恐慌真っ只中のニューヨークから国に帰って来る。心を許した女性との10年ぶりの再会、村人達の温かい歓迎。しかし、歌い踊り描く、集会所再建に参加する中で、くすぶり続ける権力側との対立があらわになって行く。自由の戦いの中で、皆に頼られる活動家ジミー・グラルトンが石頭の司祭にぶつける台詞が冒頭の言葉だ。今の日本も似ていないか。

アイルランドが舞台のジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の「静かなる男」が脳裏をよぎる。共に感動的な映画だ。


「ジミー、野を駆ける伝説 」

(2014年 英)

監督:ケン・ローチ

出演:バリー・ウォード シモーヌ・カービー

フランシス・マギー ジム・ノートン アンドリュー・スコット

☆☆☆★ 70点












清田真央2位 香川丸亀国際ハーフ

香川丸亀国際ハーフマラソン

〈女子〉

1.イロイス・ウェリングス(豪) 1:10:41 初ハーフ初優勝

2.清田真央(スズキ浜松AC) 1:10:59

3.水口侑子(デンソー) 1:11:03

4.牧川惠莉(スズキ浜松AC) 1:11:04

5.堀江美里(ノーリツ) 1:11:06

6.田中花歩(第一生命) 1:11:12

7. 田中華絵(第一生命) 1:11:24

〈男子〉

1.ポール・クイラ(コニカミノルタ) 59:47大会新初ハーフ初優勝

2.ゼーン・ロバートソン(ニュージーランド) 59:47 大会新

3.バーナード・コエチ(ケニア) 1:00.09

7.菊池賢人(コニカミノルタ) 1:00:57 PB

8.設楽啓太(コニカミノルタ) 1:01:20

9.神野大地(青山学院大) 1:01:21 PB

門田浩樹が2位 別府大分毎日マラソン

別府大分毎日マラソンは、30キロからスパートしたエスティファノス(エリトリア)が独走して優勝。2位に門田浩樹(カネボウ)。3位は山本浩之(コニカミノルタ)でした。強風もなくコンディションはいいはずだったがタイムは平凡でした。

海岸通りの平坦コースは道路が整備され、迫る山々、広い遊歩道、手入れされた植え込み、海の眺望が素晴らしく、こんなにいい天気だと歩いてみたい思いに駆られる高崎山・うみたまご付近です。

〈64回別府大分毎日マラソン〉

(大分市高崎山・うみたまご前スタート、別府市亀川バイパス折り返し、大分市営陸上競技場フィニッシュ 42.195kキロ ペースメーカー有り)世界陸上代表選考レース

1.ツールデ・エスティファノス(エリトリア) 2:10:18



2.門田浩樹(カネボウ) 2:10:46 PB



3.山本浩之(コニカミノルタ) 2:11:48



4.アブラハム・キプリモ 5.吉井賢 6. 岡本直巳 7. 伊藤太賀 8. 中尾勇生 9.川口将宏 10.田中宏樹


(12:30 晴れ 6.9℃ 46% 北東の風3.6M)

前回は今井正人(トヨタ自動車九州)が自己べストの2:09:30 で2位でした。

http://266266-93.at.webry.info/201402/article_2.html

〈TOP通過時間〉

10㎞ 30:35

20㎞ 1:00:41

30㎞ 1:31:54

40㎞ 2:03:03

中本健太郎(安川電機)は左臀部から太ももにかけての痛みとしびれのため欠場。

尾田賢典(トヨタ自動車)は13位、レース後引退を表明しました。



重友梨佐 日本勢トップの3位 大阪国際女子マラソン

第34回大阪国際女子マラソン大会は

5キロで前に出たガメラを10キロで捉えた重友だが、 折り返しからガメラに先行を許しスピードダウン、 30キロで3位に落ちた。しかし3年前の2012年優勝(自己ベスト)の重友は、 そこから粘って日本勢トップの3位。 2時間26分39秒で締めくくった。 笑顔のゴールは自信がついた証拠でしょう。

優勝は終始力強い走力を見せたウクライナのガメラが、自己ベスト記録で余裕の3連覇を果たした。


1.T・ガメラ(ウクライナ) 2:22:09 3連覇PB2:23:58

2.J・プロコプッカ(ラトビア) 2:24:07

3.重友梨佐(天満屋) 2:26:39 PB2:23:23

4. 渡邊裕子(エディオン) 2:28:36 PB2:25:56

5.城戸智恵子(キャノンAC九州) 2:29:08 初マラソン

6. 新宅里香(しまむら) 2:29:27

7. 小崎まり(ノーリツ) 2:29:56

8. 奥野有紀子(京都産業大) 2:32:41

9. 森祥子(大塚製薬) 2:34:28

10.下山かなえ(ノーリツ) 2:35:26

(12時 晴れ 10.0℃ 50% 北東の風1.2M)

〈トップ通過時間〉

10キロ 33:40
20キロ 1:07:32
30キロ 1:41:08
40キロ 2:14:51


兼第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)代表選手選考競技会

(ヤンマースタジアム長居~道頓堀橋南詰折り返し~大阪城公園~ヤンマースタジアム長居 42.195キロ ペースメーカーなし)


シネマノカンソウ 『フューリー』

画像

大戦末期のドイツ戦線。ブラピ率いる「フューリー」と名付けた米軍のM4中戦車シャーマンが、戦線のポイントを先に押さえる大務を帯びて 巨大なドイツ戦車ティーガーに挑むシーンが見もの 秀逸な音と映像のマッチングで度肝を抜く

「フューリー」の乗組員は5人だ ハッチ下の指揮官の判断指示によって操縦手が砲を向け 砲手が方角とタイミングを把握して発砲し 装填手が砲弾を素早く調達する もう一人は機銃掃射だ

アフリカ戦線から実績を上げてきたチームだから上層部も変えない そんな結束したチームに欠員が出るのもまた戦場だ そしてフューリーに人も殺れない若造が補充されて来る

戦争物としては久しぶりの一級品だった

『フューリー』2014年 米

監督:デヴィッド・エアー

出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス

☆☆☆☆ 80点

九電工2連覇 高校は大阪薫英女学院 選抜女子駅伝北九州

選抜女子駅伝北九州大会

(小倉北区北九州市役所西側小倉城歴史の道発着 一般の部5区間、高校の部6区間 32.8キロ)

〈一般の部〉

1.九電工 1:45:23 2連覇 3回目

2.デンソー 1:46:47

3.TOTO 1:48:34

〈高校生の部〉

1.大阪薫英女学院 1:46:39 初優勝(総合2位)

2.立命館宇治 1:48:14

3.北九州市立 1:49:20

(晴れ 6.2℃ 南南西の風 3.7M)

埼玉 初優勝 広島は13位 都道府県対抗男子駅伝


都道府県対抗男子駅伝

(平和記念公園前を発着点 7区間48.0キロ)

暮れの高校駅伝で優勝した世羅勢を擁する広島は 久しぶりの優勝候補に名を連ねたが 早々に優勝圏内から脱落しトップとの差は広がるばかり アンカー鎧谷が頑張ったが13位止まりだった

埼玉のアンカー服部翔大が宮城の村山謙太の猛追を許さず初優勝した

1.埼玉 2:19:14 初優勝(昨年2位)

2.宮城 2:19:38 (過去最高たい)

3.東京 2:20:19

4.群馬 5. 鹿児島 6. 福岡7. 兵庫8. 長崎

12.熊本 13.広島 23.岡山

(佐藤悠基-静岡・日清食品Gはインフルエンザで欠場)

1区を制したのは鬼塚翔太 都道府県対抗男子駅伝

都道府県対抗男子駅伝

(平和記念公園前を発着 7区間48.0キロ)

1区(高校生7.0km平和記念公園前 - 広電井口駅東)を制したのは 暮れの高校駅伝1区1位の下史典にラストスパートで競り勝った福岡の鬼塚翔太でした

1.鬼塚翔太(福岡) 20分04秒

2.下史典(三重) 20分07秒

3.坂口裕之(長崎) 20分08秒

(区間記録 19分51秒)



シネマノカンソウ 『どら平太』

堀外と城中の癒着 不正が蔓延する地方の小藩に江戸の殿が差し向けた町奉行はなかなか赴任してこなかった その間何をしていたのか この望月小平太なる男は桁外れのならず者だったのだが

このところ 時代物といえば主役に登場してくる役所広司 きれいで真面目な所が今ひとつ映画の中に入り込めない役者であったが この映画は特別 汚れ役が役所広司にぴったりなのか 市川崑監督の裁量でいい所が引き出されたのか 密度のある重厚な作品に仕上がっている 彼にとってのベスト時代劇じゃなかったのか

「どら平太」2000年 日本

監督 市川崑

出演 役所広司 浅野ゆう子 宇崎竜童 片岡鶴太郎 菅原文太

☆☆☆★ 70点

ベルリン国際映画祭(ベルリナーレ・カメラ賞)
日本アカデミー賞
役所広司:優秀主演男優賞
片岡鶴太郎:優秀助演男優賞
五十畑幸勇:優秀撮影賞
下村一夫:優秀照明賞
西岡善信:優秀美術賞
長田千鶴子:優秀編集賞


ポーラ・ラドクリフ引退

画像

女子ザトペックといわれるに相応しい 女子マラソンの世界記録保持者 ポーラ・ラドクリフ(41歳 英)

http://266266-93.at.webry.info/200508/article_5.html

が4月26日のロンドン・マラソンを最後にマラソンから引退するという。
03年のロンドン・マラソンで2時間15分25秒の世界記録を樹立し、05年の世界選手権でも優勝。その後のロンドンでも快記録を樹立したが五輪では振るわなかった 04年アテネ大会の途中棄権は「野口みずき やった!」と思ったが 正直びっくりしたものだ 08年北京大会は23位だった

女子マラソンへの貢献度は高い
長い間 ご苦労さんでした 一生忘れません

ゴールデン・グローブ賞・ドラマ部門作品賞に『6才のボクが、大人になるまで』

第72回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門作品賞、監督賞、助演女優賞等に話題の長期間撮影の『6才のボクが、大人になるまで』http://266266-93.at.webry.info/201412/article_8.html
が決まった 話題作力作というと とかく力が入ってしまって楽しめないのがボクの欠点で この作品も 細部まで見逃すまいと緊張してしまったようで 正直楽しめなかったのが悔やまれる

コメディ・ミュージカル部門作品賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』しかりだ せっかく大画面で見るのだから もっと肩の力を抜いて 映画を楽しむのが我が映画人生の課題だ 蛇足だが 隣にお客が居るのも集中できない このワガママも何とかならないものだろうか

<映画>

ドラマ部門

作品賞:『6才のボクが、大人になるまで。』
男優賞:エディ・レッドメイン(『博士と彼女のセオリー』)
女優賞:ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』)

コメディ・ミュージカル部門

作品賞:『グランド・ブダペスト・ホテル』
男優賞:マイケル・キートン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 』)
女優賞:エイミー・アダムス『ビッグ・アイズ』

助演男優賞:J・K・シモンズ(『セッション』)

助演女優賞:パトリシア・アークエット(『6才のボクが、大人になるまで。』)

監督賞
リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。』

脚本賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、 ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 』)

外国語映画賞
『リヴァイアサン』(ロシア)

アニメ作品賞
『ヒックとドラゴン2』

作曲賞
ヨハン・ヨハンソン『博士と彼女のセオリー』

主題歌賞
GLORY『SELMA』(原題)

キネマ旬報2014年ベストテン

「キネマ旬報」2014年公開作品ベストテン 個人賞

日本映画

①そこのみにて光輝く
②0・5ミリ
③紙の月
④野のなななのか
⑤ぼくたちの家族
⑥小さいおうち
⑦私の男
⑧百円の恋
⑨水の声を聞く
⑩ニシノユキヒコの恋と冒険
⑩蜩ノ記

外国映画

①ジャージー・ボーイズ
②6才のボクが、大人になるまで
③罪の手ざわり
④エレニの帰郷
⑤ブルージャスミン
⑥インターステラー
⑦リアリティのダンス
⑧インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
⑨ウルフ・オブ・ウォールストリート
⑩ラッシュ/プライドと友情

個人賞

主演女優=安藤サクラ(百円の恋ほか)
▽助演女優=小林聡美(紙の月)
▽助演男優=池松壮亮(ぼくたちの家族ほか)
▽新人女優=門脇麦(愛の渦ほか)
▽新人男優=東出昌大(寄生獣ほか)
▽外国映画監督=クリント・イーストウッド(ジャージー・ボーイズ)

見落とした作品も多い これからはミニシアターを綿密にチェックし 見て歩くことだ DVDではあまりにも寂しいから


シネマノカンソウ 『メビウス』

画像


メビウスの輪とは「帯を半回転ねじって輪にした形であり、その上で線を書いていくと、裏面が無くまた元の位置に戻ってしまう形のこと」で"終わりなきこと" だそうだが なるほどそういうストーリーではある 性の欲望と嫉妬 人類の普遍的問題を問いかける作品だ
テーマからいってモノクロが適当だと思ったが案外 アジアのキタナイ匂いのする色彩がピッタリだったようだ

『メビウス』

2013年 韓国

監督:キム・ギドク

出演:チョ・ジェヒョン ソ・ヨンジュ イ・ウヌ

☆☆☆ 60点



大阪V 都道府県対抗女子駅伝

33回全国都道府県対抗女子駅伝

(京都市西京極総合運動公園陸上競技場発着 9区間 42.195キロ)

駅伝とはいってもほとんど中距離をつなぐスピードレース 中継前の200Mからのラストスパートがいかに大事か テレビ中継を見ているとよく分かる それだけ気持ちで緩んんだチームが負けるのだし変なパフォーマンスをする選手がチームの重みになる

京都の7区尾崎まり(ノーリツ)の1位をキープする粘走が見ものでした

レースはトップ奥野有紀子(京都 京産大)に追いついた松田瑞生(大阪 ダイハツ)のアンカー勝負に 後方から追い上げた鈴木亜由子(愛知 日本郵政)らが絡んだ 見る方にすれば願ってもない面白いレースだった

1.大阪 2:17:26 3年ぶり3度目

(大森 嵯峨山 高松智 高松望 加賀山実 前田 加賀山惠 大原 松田)

2.京都 2:17:27

3.兵庫 2:17:28

4.愛知5.鹿児島6.群馬7.埼玉8.熊本9.静岡10.大分18.岡山28.広島

(12:00 晴れ 9.0℃ 60% 南の風0.6M/S)

シネマノカンソウ「シャトーブリアンからの手紙」

画像


一度回り始めた歯車は誰も止められない。ナチ占領下のフランスで、抵抗運動家らにドイツ軍将校が暗殺される。ヒトラーは報復のため収容所のフランス人150人の銃殺を命令する。しかし、ドイツ軍や仏行政官は理不尽と思いながらも止められず、虐殺の手順が粛々と進められて行く。
秋の国会で日本の首相は「私は国民の皆様に選ばれた最高責任者です。私が憲法を変えるのです」と開き直った。背筋に寒いものが流れた。

「シャトーブリアンからの手紙」

監督:フォルカー・シュレンドルフ

出演:レオ=ポール・サルマン マルク・バルべ

2011 フランス ドイツ

☆☆☆★ 70点

シネマノカンソウ「オオカミは嘘をつく」

画像


孤立したかに見えるイスラエルという軍事大国。周辺との関係は常にピリピリしており、事あれば一発触発、暴力で完膚なきまでにやりそうだ。捕らえられた捕虜も何をされるかわからない恐怖が大きいだろう。あの忌わしいホロコーストの悲劇を乗り越えて来た歴史が周りをそう思わせる。ただ、犯罪の容疑者に暴力を使う正当性はない。拷問など明らかに行き過ぎだが、それほど人間は単純ではない。

最近暴露された、心理学者に巨額の報酬を払って工夫させたテロ容疑者に対するCIAの残虐は、人間の悪魔性を物語る。私情が入るとリンチになる。いずれにしても暴力はいけない。黙秘は権利だ。
イスラエルの新鋭監督コンビ、アハロン・ケシャレス&ナボット・パプシャドが手がけた映画の暴力は凄まじい。

「オオカミは嘘をつく」

(2013 イスラエル)

☆☆☆

監督:コンビ、アハロン・ケシャレス&ナボット・パプシャド

出演:リオル・アシュケナージ ツァヒ・グラッド ロテム・ケイナン ドブ・グリックマン


.青山学院大 箱根初優勝

91回箱根駅伝は青学大・山登りの小兵・神野大地の嬉しくて仕方がない様な快走が全て 復路 後続との差5分は 繋いだランナーが区間賞で引き離し 優勝間違いないという大方の予想を引っさげた駒大も真っ青な11分差まで広がり 青学が圧勝した

〈総合順位〉

1.青山学院大 10:49:27 初優勝


2.駒澤大 11:00:17


3.東洋大 11:01:22


4.明治大 5.早稲田大 6.東海大 7.城西大 8.中央学院大 9.山梨学院大 10.大東文化大


(以上シード)




トヨタ自動車が優勝 ニューイヤー駅伝

59回全日本実業団男子駅伝(ニューイヤー駅伝)

(群馬県庁発着 7区間 100km )

〈総合順位〉

1.トヨタ自動車 4:51:41 4年ぶり2度目の優勝

2.コニカミノルタ 4:53:20 3連覇ならず

3.日清食品グループ 4:55:00

4.ホンダ 4:55:36

5.中国電力 4:56:35

6.DeNA 4:56:43

7.富士通 4:57:33

8.NTN 4:57:34

9.トヨタ自動車九州 4:57:37

10.旭化成 4:58:23



1区を制したのは大迫傑 ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝(59回全日本実業団男子駅伝)

1区を制したのは 残り1キロからスパートしたオレゴン州を拠点とする日清食品グループの大迫傑でした。

1.大迫 傑(日清食品G) 34:47

2.梶原有高(プレス工業) 34:52

3.阿久津圭司(SUBARU) 34:52

1区(群馬県庁12.3km高崎市役所)

区間記録 34:16 マーティン・マサシ (スズキ)

鍋島莉奈 あっと驚く区間新 富士山女子駅伝

昨年から富士で開催されることになった全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝 12月23)

4区(9.4キロ )を走った、鹿屋体育大の鍋島莉奈が、ダイハツで爆走している前田彩里の区間記録を1分ほど(58秒)も短縮する29分59秒区の間新記録をマークしました。女子長距離界は楽しみが満載ですね。

<鍋島莉奈>

鹿屋体育大学3年 20歳
160cm 46kg
出身大学 山田高校(高知)出身
10000M 33分08秒00

川内優輝V2 防府読売マラソン

45回防府読売マラソン(12/21 山口県防府市陸上競技場発着 42.195㎞)は、33キロ過ぎの植松跨線橋でウィリー・キボルの前に出た川内優輝が独走して2度目の優勝。大きな故障もなくトップを走り続ける川内選手の存在感が増すばかりです。何度か給水に失敗しましたが、感動のフィニッシュでした。

川内優輝選手優勝おめでとう!

1.川内優輝(埼玉県庁) 2時間09分46秒(8回目のサブテン)

2.フィリップ・キプリモ(ウガンダ) 2時間13分24秒

3.ウィリー・キボル(ケニア) 2時間13分28秒

(スタート時晴れ 7℃ 57% 北北西の風3.1M)

ボストン・シカゴ金のジェプトゥーもドーピング

画像

全く参加選手を馬鹿にしたドーピングだ。

まだ処分が決まったわけではないが、

ボストンとシカゴマラソンを2連覇した

ケニアの女子選手・リタ・ジェプトゥー(33)が、

禁止薬物使用で2年間の資格停止になる公算が高まった。

ハンマー投げの室伏選手の例もあるように、

ドーピング失格の繰り上げ優勝があっても、

レース後の栄光と金メダルの表彰は

永遠に縁がない訳だから、

一緒に走った選手を馬鹿にした愚行なのだ。

頼むから薬物で優勝しないでくれ。

世羅が3年ぶり8回目の優勝 高校男子駅伝

65回高校男子駅伝(西京極陸上競技場発着42.195キロ)

3区でトップに立った世羅が、独走で3年ぶり8回目の優勝をしました。

1.世羅 2:02:39 3年ぶり8回目の優勝

(新迫 笠井 カマイシ 中島 山口 井上 吉田)

2.佐久長聖 2:04:36

3.埼玉栄 2:04:41

4.秋田工業 2:05:06

5.小林 2:05:34

6.市立船橋 2:05:35

7.学法石川 2:05:35

8.愛知 2:05:46

13.九州学院 19.西脇工業 26.大牟田 34.千原台