世界陸上のトラックでは世界新記録は出ない

画像

A・キプロプ

世界陸上の男子1500M決勝にケニアのキプロプが登場した時、H・エルゲルージの世界記録3分26秒00を切ってくれるかと期待した方は少なくないと思います。キプロプの今季ベストが3分27秒72だからです。

ところが今大会の中長距離すべてと同じように、スローペースで始まってしまい、明らかに勝負・メダル狙いがミエミエになってしまいました。

期待された24才、長身・アバターのA・キプロプは絶対的な脚力を温存してゆうゆうと3連覇。

いいんです。強いものが勝てばいいんです。メダルを取って永く生きたい。ルディシャ(ケニア)のように最初から飛ばすより、安全な勝利を選ぶのも分かります。

でも夢がない。巨額な賞金も用意されているのに。

だから、伸び盛りをそのままぶっつける、生きのいい若者よ出てこい!




"世界陸上のトラックでは世界新記録は出ない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント