戸邉直人 2M29を跳べず予選敗退

ドーハ世界陸上の男子走り高跳び

2m35の日本記録を持つ
戸邉直人選手は
2M29を跳べず予選敗退してしまった

醍醐直幸選手が2006年
2m33cmをマークして以来
ずっと破れなかった日本記録を
今年2月にドイツの
IAAFインドアミーティングで
2m35の日本新を記録して
優勝しただけに期待も大きかったが
経験不足は否めない

1M94の長身に恵まれた
跳躍の探求者でもある彼のことだから
ずっと応援して行きたい

余談だが
走り高跳びが好きになったのは
中学時代のクラス対抗陸上に
先生が
選手として出してくれたからだ
当時は 正面跳びだった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント