藤原孝輝 が8M12の高校新記録 インターハイ走り幅跳び

森長正樹の日本記録を橋岡優輝と城山正太郎が27年ぶりに更新したわずか2週間前、沖縄で行わた南部九州高校総体の男子走り幅跳びで、

藤原孝輝(京都 洛南2年)が8M12(風速+1.7m)の高校新記録を樹立した。従来の記録は同じく森長正樹の7m96。

ハードルにもエントリーしている助走の早い長身選手だ。

いくら条件がいいといっても実力がなければ出せない記録に違いないし、考えられない記録の波が一斉に押し寄せた夏になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント