”起訴まで行って委員会” JOC竹田恆和会長贈賄疑惑 予審手続き

JOCの竹田恆和会長のオリンピック招致にからむ贈賄容疑で、フランス裁判所が予審手続きに入った。

当初からこの噂はあり、竹田氏はフランス検察に再三呼ばれて説明してきたようだが、関係者の口座に2億3千万円振り込んだことは認めている。

竹田個人がこんな巨額な金を持っているはずはなく、金の出所や目的がさらに厳しく追及されることになる。

一部では、東京を返上しロンドン五輪の可能性さえささやかれているが、起訴されることになれば東京五輪どころではなくなる。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック