『恋におちたシェイクスピア』

画像


ロンドン1593年
劇中劇とパロディーを絡ませたシェイクスピア異聞。

この手の時代物ドタバタコメディーは苦手で、どうしても話に乗れないアレルギーがありますが、せめてヒロインに魅力があったらと思はない訳にはいきません。

グウィネス・パルトローはこの映画で第71回アカデミー賞主演女優賞をもらったわけですが、何しろタイプじゃないから、映画に入り込むには致命的ですね。

ただ、目が点になったのは、シェイクスピアが芝居の脚本を書く様子です。手をインクで真っ黒にしながら、滲むでもなく、滑るでもないザラ紙に、 朴訥な羽根ペンを置いていく感触が 、鉄筆で謄写版の原稿を書いていくような、彫刻刀で版木に輪郭を刻んでゆくような、クリエーターの胸に迫る力仕事に魅入りました。

『恋におちたシェイクスピア』(1998米)

監督:ジョン・マッデン

出演:グウィネス・パルトロー ジョセフ・ファインズ ジュディ・デンチ ジェフリー・ラッシュ コリン・ファース

☆☆☆ 60点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック