『ハーブ&ドロシー 』 彼もアーチストだった


驚嘆すべきは 財力も保管スペースもない素人のサラリーマンが これほど膨大な量のコレクションを続けた事実だ
 
郵便局で仕分けをしていたハーブと その妻で元司書のドロシーは元々絵が好きでアーティストとして絵も描いていた それらの絵は カンバスから剥がし 折り畳んで段ボールに保存していたことも明かされる

「いい絵だね」
 
月給で買う慎ましさ 収集のコンセプトは「ミニマル・アート」一点も売らず ナショナルギャラリーへ寄贈した謝礼金でも 又買い続けたとか
 
モンパルナスのスーチン・フジタの時代だけじゃなく  ポロック等の現代アートの時代になっても「ゲージュツカたち」は 夜な夜なたむろし 深夜まで酔っ払っていたんだね  
 
こんな貴重な映像を作品にした監督が 日本の女性クリエーターなのも嬉しい

『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』(2008年 アメリカ)

監督:佐々木芽生

☆☆☆★  70点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック