足達一馬が優勝 男子走り幅跳び 高校総体

男子走り幅跳び決勝は、最終6回目の試技で逆転又逆転のデッドヒートになり、足達一馬(大阪桐蔭高3年) が空中で2段ロケットが発射されたような滞空時間の長い跳躍で優勝。遠藤泰司、野崎千皓共いいジャンプでした。いずれも自己ベストだろうね。

近畿高校総体陸上(7/31 和歌山市 紀三井寺公園陸上競技場)

〈男子走り幅跳び決勝〉

1、足達一馬(大阪 大阪桐蔭高3年) 7M74

2、遠藤泰司(大阪 大阪桐蔭高3年) 7M60

3、野崎千皓(京都 洛南高3年) 7M49

(高校記録 7M96 森永正樹)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック