助川仁美 自己ベストで2位 日本選手権やり投げ

助川仁美(オークワ) が日本選手権女子やり投げ決勝で、海老原にあと60センチに迫る58.51Mの自己ベストで2位に入りました。海老原に肉迫する選手として面白い存在です。

3位の大学生、斉藤真里菜も楽しみですね。

第99回 日本陸上選手権(6/26 デンカビッグスワンスタジアム 新潟)

女子やり投げ決勝

1.海老原有希(スズキ浜松AC) 59.11M (PB63.80m)

2.助川仁美(オークワ) 58.51M (PB)

3.斉藤真里菜(国士館大) 57.73M

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック