一杯だけのゴ―ヤ生ジュース

曇りのち晴れ、23、8~33、3℃。

去年まで地植えしていたゴ―ヤを、一念発起、緑のカーテンに仕立て、最初の花が咲いたと思ったら早速一本実ったので、生ジュースにして飲んだらこれが美味。

ところが次の実がなかなか出来ない。咲く花はこごとく散ってしまうではないか。耳かきのタンポンで交配してやらなくちゃと腰を上げたら、聞いてみなくちゃ分からないものだね。ゴ―ヤの花はほとんど雄花なので散って当たり前、放っておいたらその内小さいパンダの赤ちゃんの様な雌花が付くので慌てることはない、と言われた。

何事も経験だね。下葉が黄色く変色するのは栄養不足だってね。

読んでいる本

『IN』 桐野夏生 集英社文庫
『日記』 五木寛之 岩波新書
『小説家という職業』 森博嗣 集英社新書






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック