「引き受けたからには、競技に集中できないことはない」 ロンドン五輪村上主将

ロンドン五輪の結団式で、主将として決意を述べた村上幸史選手の言葉が良かった。「引き受けたからには、競技に集中できないことはない」 「煮えたぎるものがある」

色々あったが、主将が村上選手で良かったと、しみじみ思わせる頼もしい存在だった。

そして陸上の主将も決まった。
男子が短距離の高平慎士選手、女子は日本新記録をマークしたばかりのやり投げ海老原有希選手。まずは自分の競技に集中して、その後でいいから、応援団のヤジ将軍として盛り上げてほしい。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック