ひたすらプルです

北京五輪前後から、
最新の競泳クロールがストレート・アームとI字ストロークだと聞かされて、
これを取り入れないことは無かろうと、
自分なりに、真っ直ぐ掻く泳法で泳いでいたら、
力を入れるわりには進まないようになってしまいました。

一掻きで底のタイル目がスーッと後ろに流れて行く
爽快感が無くなってしまったのです。
おそらく体がフラットになっていて、プルが深くなり、
下半身が折れ曲がっているからでしょう。

基本は体が浮いていて、腕の入水で進むイメージが大切なはずです。

これではいけないと元の泳ぎに戻そうとしても、
一旦変えてしまった動きはなかなかいうことを聞きません。

それで、キャッチアップクロールと体の中心寄りを掻くように、
ブイを挟んでプルに集中しています。ひたすらプルです。
これだとよく進みます。
この感じを体にしみ込ませなくてはなりません。

ウォーク 3キロ 筋トレ 水泳500M


  おおきに ↓






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック