北島康介のロケット推進・世界新で金メダル

北島康介が男子100メートル平泳ぎを
58秒91の世界新記録で制し、
日本2つ目の金メダルに輝いた。

予選で北島よりいい記録をマークしていたダークホース
ダーレオーエン(ノルウェー)に勝つには、
相手が固くなって実力を出せなかった時以外にはないだろう
と思われたが、そんなことはなかった。
相手、ダーレオーエンも堂々の59秒20。
それをはるかに凌ぐ金メダルだった。

北島の強さは水中のロケットのような推進力にある。
しなやかですばやいキックに押されたロケットが、
きれいなストリームラインを描いて水中を滑って行く。

ダーレオーエンが長大な腕の力でモリモリ進むのであれば、
北島の腕掻きは息継ぎのためだけのような錯覚さえ覚える、
十分に時間を掛けた水中ロケットのような気さえした。
機能的ということは美しいというが、
北島の水中のロケットは、体が十分に伸びて実に美しい。


男子200メートル自由形予選で奥村幸大が日本新記録。
男子100メートル背泳ぎ予選で宮下純一が日本新記録で
いずれも決勝へ進出した。

オリンピックは参加することに意義があるというが、
勝たなくては意味がない。
それには、先ず自分に勝つことだ。
オリンピックの大舞台で自己ベストを更新し日本記録をマーク。
そして決勝のレースに挑むなんて本当にすごい事だ。

そして、夜には
女子200メートル自由形予選で上田春佳が日本新記録で準決勝へ。

  おおきに ↓






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック