ワンジル(ケニア)が高速マラソンを制す

北京五輪男子マラソンは
アフリカ勢が5キロを14分台で引っ張る
夏のオリンピックでは珍しいハイスピードレースになりました。

30キロ過ぎの北京大学構内の狭いジグザグコースでは
先頭の報道車がのんびり行くもんだから、
先導車がトップ争いのスピードに対応出来ず、
レースを邪魔してしまうハプニングがありましたが、
あれで1~2秒損したのかな。

35キロでスパートした日本育ちのワンジルが
『きつくても我慢して』ケニアに初金メダルをもたらしました。

期待していた尾方剛選手は
「予測出来たいい位置を取れなかった。
先頭が見えないと勝負にならない」
が全てでしたね。

男子マラソンは野球よりメダルが遠い感じがします。
お疲れ様でした。

1、S・ワンジル(ケニア) 2時間06分32秒
2、J・ガリブ(モロッコ)  2時間07分16秒
3、T・ケベデ(エチオピア)2時間10分00秒
13、尾方剛 76、佐藤敦之 欠場、大崎悟史

(25キロ時のスタジアム 晴れ 気温27、6℃ 湿度50%)

おおきに ↓





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 佐藤敦之 会津のウラ側

    Excerpt: マラソン佐藤選手気力の完走読売新聞24日に行われた北京五輪・男子マラソンで、会津... Weblog: 芸能ウラ社会 racked: 2008-08-25 16:01