朝青龍の居ない大相撲なんか見たくない

腰の疲労骨折なのにサッカーに興じていた疑惑で
謝罪した朝青龍に対して協会の処分が決まった。

●秋場所・九州場所 2場所出場停止
●減俸 30%(4ヶ月)
●九州場所千秋楽まで謹慎処分

来年の初場所まで、大相撲に出場しないわけで、
気迫を前面に出す強い横綱が見られなくなり、
相撲自体に興味が薄れてしまった。
もう大相撲ファンは止めようと思う。

朝青龍が居なければ日本人横綱が出来る可能性が
少しはあるかもしれないけど、
だからといって弱い集団の相撲なんて見たくはない。

最後まで勝負を捨てず、
ガムシャラでヤンチャナな横綱の居ない大相撲なんて見たくはない。

いったい、サッカーに誘った方の認識はどうだったのか。
プロのスポーツマンなら頼まれれば、多少の無理を承知で参加するだろう。
そっちの責任を明らかにしなければ、
朝青龍排斥のための個人攻撃にしか映らない。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本相撲協会の朝青龍処分はおかしい

    Excerpt: 日本相撲協会は、朝青龍に処分を下したようだが、モンゴル政府とモンゴル国民に対する対応、それと「左ひじじん帯損傷と腰の疲労骨折などで全治6週間」とする診断書を無視することが問題にならないだろうか? Weblog: 1喝たぬき racked: 2007-08-02 13:40