柴田亜衣・400M自由形でニッコリ! 

アテネ五輪では
女子自由形(800M)で仰天の優勝をカッサラッタ亜衣ちゃん。

4月の日本選手権では、
泳ぎがギクシャクして全く生彩を欠き、見るに忍びない状態だったが、

住み着いたらなかなか出て行かない『腰痛』という居候は
いなくなったのだろうかと心配していてが、

案外早く追い出しに成功したらしく、
19日のパンパシフィック選手権では豪快に勝って笑顔を見せてくれた。 

2年ぶりの国際大会。

女子400M自由形を金メダルでアピール、
トレードマークの笑顔で復活宣言したようだ。
居候を追い出したのは春先という。

1日に約1万7000メートル泳ぐ過酷な練習を積んでの

優勝、おめでとう!



①柴田亜衣(チームアリーナ) 4分07秒61
②ホフ(米国)           4分97秒98
③山田沙知子(コナミ東日本) 4分08秒42


?しかしなんだねえ、水泳の選手が、それも自由形の選手が、
しかも若い女性が腰痛に見舞われるなんて信じられない。

やはり体のバランスが崩れて「ピリッ!」と来るのだろうか。
ぜひ亜衣ちゃんに聞いてみたい。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事

12月のアジア大会不参加

アテネ五輪金メダリストの柴田亜衣は20日、12月のアジア大会(ドーハ)
に参加しない考えを表明した。
柴田は「冬場に泳ぎ込んで、(来春の)世界選手権に備えたい」と話した。
田中孝夫コーチにも不参加の意向を伝えている』
                         (06/08/22 讀賣 吉見光次)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

腰の調子がまだ本物ではないという事でしょうか。
本人にしか分からないことだが、
ここは言葉どうり素直に受け止めて来春に期待しよう。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック