ビギナースイマーの独り言 1

調子に乗ってクロールをやっていると、
なにやら無意識に蛇行しているのに気付いた。
下のタイルを見ていると右へ右へと行こうとするのだ。
自分のあやふやな生き方に似ている。

別に右傾向と言うわけではない。
護憲政党を支持して来たが政権党で震災に会い、
万景峰号が話題になる頃から冷めて来た。
今や郵政民営化大合唱の片棒を担いではばからない。

同年輩の男性が
「コースロープに脚が当たって痛いからどうにかならんか」
と監視員に文句を言っていたが、
なるほど右側通行のマナーを守り
“クラシックかえる泳ぎ”では脚が当たる。
楽しんで泳いでおられるのに気の毒だ。
泳法を変えろとは言えない。
が、その話ではない。

右に流れコースロープに腕が当たろうとするので、
右腕で修正しながら泳いでいるのだ。
なぜこうなるかと自問してみるに、
左腕はキャッチ・プル・プッシュ・プルアウト・リカバリーと
ほぼ正常だと思うが、
右腕は真下に掻いてからプッシュしているからだと気付いた。
だから左腕掻きで若干右に行き、
右腕は息継ぎをしようと口を水面に上げる為
下方に掻いているだけなのだ。
これは息継ぎが下手と言うことだよね。

ストリームラインを意識しても
腕掻きが左右アンバランスではいけません。
S字とは云わずともC字プルでいいから、
左右同じように掻かなくてはと反省するばかり。

→クリック blogランキング アリガトウ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年10月12日 20:37
すごい自己分析なんですけど・・。
でも、mokkuさんがいかに真摯なスイマーであるか
これではっきりとわかりました!脱帽です。

息子は短距離ランナーでした。22の夏まで。
100なら10秒ちょい、200なら21秒弱。
応援にいったところで、二度ほどくしゃみしてしまえば見逃す時間。なのに、その動きを脳内シュミレーションさせ、徹底的に体に覚えさせていました。

さて、右へ流れるのは・・左右の腕力の強さとは
関係ないものなのですか?
mokku
2005年10月13日 04:56
お早うございます♪
10秒台ならトップクラス?
末續や朝原とも走っていたのかな。
そうだとすると相手が目立ちすぎなので
二世アスリートを見る機会はなかったのか。
すごい遺伝子!親は八頭身(フルイ!)
mokkuも、も少し足が長かったら
クラス対抗リレー以上のメジャー大会に
出たかったんだけど・・・

末續慎吾君の事をずっと見て来たと
言っていたのがうなずけました。

どう抗っても右へ流れるのは
やはり保守的だからでしょうね<苦
腕力の差ではなく体のゆがみ・曲がり
の影響が大きいそうですから
ひねくれ物はなかなか真直ぐに
行けそうにありません。 


body&soulⅣ
2005年10月13日 07:48
我が家で名をYahoo検索し、30件近くヒットするのは
息子だけです・・。末續慎吾さんは、良き先輩。まぁ、息子の個人情報になりますので、このあたりでご勘弁を。先輩、後輩の活躍を喜びながらも、自分なりのアスリート生活には満足の区切りをつけました。
ちなみに・・・息子は泳げません!(爆
mokku
2005年10月14日 16:27
素晴らしいアスリートだったのでしょう。
それだけで十分です。
”スパイクを履いてトラックを走る”
夢見たいな事です。
body&soulⅣ
2005年10月15日 08:59
mokkuさん、ありがとう。
一人暮らしをはじめた時、最後まで履いていたスパイクを少ない引越し荷物の中に入れてました。トラックの色も形状も大きさも変わったけれど、元気に走り続けています。スプリンターとしては、いきなり長距離で大変ですけどね!

この記事へのトラックバック