メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人生の特等席』

<<   作成日時 : 2017/07/05 16:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「ユーアー マイサンシャーイン マイオンリー サンシャイン ユー メイクミー ハッピー?」空が曇っても幸せにしてくれる・・懐かしい歌が流れてくる。

イーストウッドは、家では裸で飲んだくれのグータラ生活を送っているらしいが、実は人生の機微に触れるような(『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』がそうだった)こんな素晴らしい映画の構想を練っているのだろう。監督のロバート・ローレンツは彼の愛弟子である。

年老いた野球スカウトの契約もあと3ヶ月。パソコンを使ったデータより、現場主義を貫いて来たのに、最近目が見えにくくなって苛立ちが甚だしい。

そんな姿を見た親友が、疎遠になっている娘さんに、2・3日お父さんに付き合ってあげて欲しいと頼む。

勇退前の頑固な父親と、スキルアップした大事な時期の女性弁護士親子の、葛藤しながらも次第に打ち解けて行く姿にあたたかい安堵を覚える。

娘がずっと小さな頃、野球を見に、連れて行ってもらったり、お父さんの自論を聞かされていた下地があってのこと。パソコンのデータより自分の目を信じて来たお父さんの頑固な生き様に目覚めた娘の人となりを、エイミー・アダムスが好演している。


『人生の特等席』(2012アメリカ)

監督:ロバート・ローレンツ

出演:クリント・イーストウッド
エイミー・アダムス他

☆☆☆★ 70点


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『人生の特等席』 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる