メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』したたかで反骨心旺盛な生き様  シネマノカンソウ

<<   作成日時 : 2017/03/11 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


1950年代、ハリウッド映画華やかな頃、マッカーシー旋風という名の「赤狩り」が行われ、政府職員・マスコミ等、誰彼なく当局に呼び出され尋問の末、無理やり『赤』というレッテルを貼らされて生業から追放されていった。移民排斥の現代にもつながる集団ヒステリーの時代だ。


特に学者やハリウッドで映画作りを営む有名人がやり玉に挙げられた暗く悲しい時代だっだ。

チャップリンなどは、嫌気がさして、いち早くアメリカを去ったが、当時、体制側だとやり玉に上がったのが、人気俳優のジョン・ウェインだった苦い思い出がある。


脚本家のトランボも下院非米活動委員会の協力を拒否し投獄されるが、釈放後は活動の場がなく、偽名を使って2流3流の脚本で食いつなぎ、やがて名作を残すまでになる。絶望から逃げず、したたかで反骨心が旺盛な彼の生き様は、極端に右傾化して行く時代の、生きるヒントになるかもしれない。

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

(2015年/アメリカ)

監督:ジェイ・ローチ

出演:

ブライアン・クランストン
ダイアン・レイン
ヘレン・ミレン

☆☆☆★  70点

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』したたかで反骨心旺盛な生き様  シネマノカンソウ メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる