メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS PTSD狙撃兵 『アメリカン・スナイパー』 シネマノカンソウ

<<   作成日時 : 2015/02/26 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ジャン=ジャック・アノー監督の「スターリングラード」やニキータ・ミハルコフ監督の「遥かなる勝利へ」などでも狙撃手が克明に描かれているが、狙撃手同士の対決が一つのテーマような映画はおそらく初めてではないか。

荒廃した中東イラクで戦う緊迫した市街戦が、リアルな音響と視点で描かれると共に、戦争に翻弄される家族や帰還兵の苦しみを赤裸々にした秀作。

カウボーイから海軍に志願したのは「まともな生き方がしたい」ためと貧困。しごきと戦地の体験を通じて才能を開花させ、イラクに4回派遣されて160人以上殺した"凄腕スナイパー"は「国の為」「亡くなった同僚の敵討ち」「奴らが悪い」と自己弁護するが、復員後は次第に精神を蝕まれてゆく。

現時点で米帰還兵の1/4はPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみ、毎日22人が自殺していると聞く。(未遂は年間18000件)

911ツインタワー後、アフガン戦線の後方支援に派遣されたドイツ帰還兵の55人がPTSDで自殺している。
戦争物は娯楽としては面白い。しかし、この映画の底に流れているのは、カッコ良さではなく、戦争をさせられる兵士の苦しみと家族の悲劇だ。

『アメリカン・スナイパー』(2014年米)

監督: クリント・イーストウッド

出演:ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー ルーク・グライムス ジェイク・マクドーマン カイル・ガルナー

☆☆☆☆ 80点



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PTSD狙撃兵 『アメリカン・スナイパー』 シネマノカンソウ メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる