メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇賀地強 シーズンベストの27分50秒79

<<   作成日時 : 2013/08/11 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界陸上男子10000M決勝はファラーを中心にしたラストの競り合いが迫力満点でしたね。

それは別にして日本勢、佐藤•大迫の世界陸上決戦が大きな関心事でしたが、30度を越すレジニキ競技場の暑さもあったでしょうが、佐藤は6000M付近で棄権し、大迫も終盤口があいてイマイチの感じでした。
そんな中、宇賀地強は積極的にトップにグループに食い下がって、シーズンベストの27分50秒79は見事でしたね。


<男子10000M決勝>

1.M・ファラー(英) 27'21"71 五輪に続きV

2.I・ジェイラン(エチオピア) 27'22"23

3.P・タヌイ(ケニア) 27'22"61

15.宇賀地強(日本) 27'50"79 SB

21.大迫傑(日本) 28'19"50

途中棄権 佐藤悠基




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇賀地強 シーズンベストの27分50秒79 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる