メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS シネマノカンソウ 『八日目の蝉』

<<   作成日時 : 2013/04/15 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いい加減な男の言動が女性を深く傷つけ、何代にも渡って人を苦しめるという、まるでシェークスピアの悲劇だ。

激しく前後する時空の展開が新鮮。

とかく白々しくなる日本映画を、幼児誘拐犯の永作博美が、ただ者でない雰囲気を醸して感動の作品になった。

フェリー乗り場の別れのシーンにはまいったね。

その後彼女が、どこで何をしているか分からないままなのが映画の余韻を強く残した。

角田光代さんの新聞連載は読んでいたが、台詞が蘇って来たようだ。いい映画はやはり良い。

第35回日本アカデミー最優秀作品賞、監督賞、最優秀主演女優賞(井上真央)最優秀助演女優賞(永作博美)など10冠

★★★☆

監督 成島 出

キャスト 井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子

2011年 松竹





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シネマノカンソウ 『八日目の蝉』 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる